フラクチュエーション

nianticglowsナイアンティック計画
2013/12/28 10:21:16
本日入手したヴィスル・テクノロジー社内報告書は、現場のエージェント諸君から耳にした報告を裏付けるものだ。ポータルネットワークはなんらかの不安定なアノマリー状態に陥っており、ポータル・ハックによるレゾネーターとバースターの出力が著しく増加している。

報告書によれば、ヴィスル社は他の企業にこの増加の原因があるとも考えていないが、それが必ずしも企業の関与がないことを意味はしない。

三大企業間の開発競争が激化するにつれて、出元の定かでない「検証」や新たなエキゾチックマター技術が日常的になっていくのだろう。これまでの知見を踏まえて今後を予測するとすれば、各企業は特定のエキゾチックマター構造体とその技術へ開発を集中させ、専門化していくのだろうか?

価値ある洞察や推察、参考文献の提示に貢献してくれた人々へのパスワードがあるよ。

エックス

フラクチュエーション
ヴィスル・テクノロジー社

社内報告書

緊急事項
宛先:イリヤ・ペフツォフ
送信元:エックスエム監視予測班
件名:ポータル出力の変動

過去24時間でポータル・ネットワーク出力に大幅な変動が生じ、エージェントの現地報告によればバースター及びレゾネーターの形成が最大で2倍に増加しているとのことです。

監視報告は全て得ていますが、ポータル出力の変動原因は特定に至っていません。このアノマリーは監視下にある活性状態のポータル全てで同時に発生したようです。

ヒューロン・トランスグローバル社及びIQテック・リサーチ社に潜入させてある人員を動員させましたが、今回の変動が未知の技術検証で引き起こされたことを示す痕跡はない模様です。むしろ報告によれば、他企業もアノマリーの原因究明に研究施設の人員を動員していることがうかがえます。

我々の研究員もこのアノマリーがいつ急減するか特定できていませんが、いま現在で最も有力な予測ではポータルネットワークの出力増加は現セプティサイクル期間内は継続するはずであるとのことです。

来年に向けてエックスエム構造体を備蓄させるため、この期間内に我々の保有エージェントを動員させることが最善と思われます。

文書番号:3T67-4RMQ-3AAQ-SQNH

fluctuations.png

Niantic Project
2013/12/28 10:21:16(Google+)
fluctuations
A report leaked from within
+Visur Technology earlier today confirms reports that I've been hearing from Agents in the field: The Portal Network is experiencing some kind of destabilizing anomaly and Resonator and XMP construct outputs from Portal Hacks have been notably increased.

According to the report, Visur doesn't believe either of the other Corporations are responsible for the uptick, but that doesn't mean they might not be at the center of this.

As competition between the three XM Corporations intensifies, I expect untraceable 'tests' and new forms of Exotic Matter technologies will become more common. Based on what we've seen before, and your predictions for the future, do you believe that each Corporation will specialize, focusing their research on particular kinds of Exotic Matter constructs and techniques?

A passcode to those who enrich our conversation with meaningful speculation, insights and references.

x

Transcript
VISUR TECHNOLOGY

Internal Memorandum

URGENT
ATTENTION: PEVTSOV, ILYA
FROM: XM MONITORING AND PREDICTION
SUBJECT: PORTAL OUTPUT FLUCTUATION

At some point within the last 24 hours, the Portal Network began to experience significant volatality in output, anecdotal reports from Agents in the field report formation of XMP and Resonator constructs increasing up to twofold.

All Monitoring Post reports have been received, but we have been unable to identify the source of the Portal output fluctuation, the anomaly appears to have begun simultaneously at all Portal we actively monitor.

We have mobilized resources embedded at both Hulong Transglobal and IQTech Research, but there does not appear to be any evidence indicating that this fluctuation was caused by the testing of unknown technologies by them. In fact, the reports indicate that they themselves seem to be mobilizing lab resources to uncover the origin of the anomaly.

Our researchers are unable to confirm when the anomaly will collapse, but their current most viable prediction is that the increased output from the Portal Network should remain in effect through the current septicycle.

It would be in our best interests to mobilize all reserve Agents during this window in order to enrich XM construct reserves for the coming year's operations.

FILE ID: 3T67-4RMQ-3AAQ-SQNH

 

前へ

イングレスレポート特別編(1)

次へ

シェイパー