ナイアンティック計画の始動(2)

nianticglowsナイアンティック計画
2013/12/25 17:16:07
これはナイアンティック計画の開始にあたって行われたデヴラ・ボグダノヴィッチによるオープニングスピーチの2編目だ。

昨日は誰と誰とに交友があるかを議論したわけだが、本日はその議題をとりわけ科学者に対する企業の思惑に広げてみたい。オリバー・リントン=ウルフは本当にジャービスに従うのだろうか?それとも忠誠を装っているに過ぎないのだろうか?巨大企業はその発展に誰を頼ろうとするだろうか?かつてヒューロン・トランスグローバル社はエンライテンド・エージェントを支援すべく研究開発を行っていたが、その約束をどのように達成するのだろうか?ナイアンティック計画の元研究員以外で誰がそのような専門知識を持ち合わせているのだろうか?あるいは誰もいないのであれば誰を取り込もうとするだろうか?

価値ある洞察や推察、参考文献の提示に貢献してくれた人々へのパスワードがあるよ。

エックス

ナイアンティック計画の始動(2)
デヴラ:
既に多くの方がリントン=ウルフ博士自身からご説明を受けているかと思いますが、改めてご紹介いたします。オリバー・リントン=ウルフ博士はエジンバラ大学及びマンチェスター大学の双方で博士号を取得されている研究者であり科学技術者でもあります。彼の担う責務は私たちの発見を応用転換すること、すなわちエックスエム・エネルギーからメカニズムを生み出すことにあります。幸いなことに、リントン=ウルフ博士とはまさしく不可能を可能としてくれる人物なのです。

今この部屋には、科学者以外にも「センシティブ」若しくはエックスエム・エネルギーの同調者と分類された方々が数多くおられます。物議を醸すと言われる方もいるでしょうが、とりわけ有名な人物がローランド・ジャービス氏です。彫刻家にして成功を収めた若手前衛芸術家でもあるジャービス氏は世界屈指の人気を誇る創作家です。世界各国の主要都市で様々なパブリックアートを手掛けた実績もあります。その作品は私の1年分の収入を上回る額で日々取引されていますね。クラシックカーやスーパーモデルの収集家でもあり、ナイアンティック計画は彼の貢献によって潤沢な資金を獲得できることでしょう。

私たちの多くが初めて未知の世界に挑むことになりますが、次にご紹介するナイアンティック計画メンバーにとってはそうではありません。ハンク・ジョンソン氏は探検家であり、確か冒険家を自称されていたかと思います。最近では古代メキシコの失われし部族に関する発見を行っていますし、過去10年間で歴史的に重要な発見を幾つも担ってこられました。社会や文化が抗争に及ぼす影響を研究するために現代のホットスポットへと赴いており、多くのマイレージマイルもお持ちですね。コロンビアの麻薬取引を調査していたときには人民解放軍(ELN)に拘束され間一髪で逃れたといった経験もあります。

ちなみに、ジョンソン氏とクレーゼ博士は共同研究されたこともあります。エックスエム・エネルギーの放射と世界各地の文化、歴史、芸術に深い関わりのある場所との相関が発見されたのは、このお二人の協力関係あってのものです。

次にご紹介するのは、量子神学者を自称されるスタイン・ライトマン氏です。私の理解する範囲では、これは科学と宗教の分野融合であり、実に魅力的な概念と言えるでしょう。ライトマン氏にはその哲学を映像で説明いただいており、私たちの全員で時間を割いてその研究へ取り組むことを提案いたします。これは通常であれば99ドルを寄進した入信者だけが利用できるものだそうです。ライトマン氏へ感謝いたしましょう。

ミスティ・ハンナさんはハンドマジックの第一人者とされる人物です。ラスベガスやアトランティックシティ、ニューヨークで日々出演している奇術師であり、ロサンゼルスのマジックキャッスルでは最高のメンタリストとして仲間うちでも名前が挙がっています。アーサー・C・クラークの有名な言葉にあるとおり、「十分に発達した技術は魔法と見分けがつかない」ということです。この点で、ハンナさんの洞察力はナイアンティック計画で取り組む科学の先にある「魔法」を理解するうえで大いに役立つ貴重な資質となるでしょう。

Niantic Project
2013/12/25 17:16:07(Google+)
Here is the second piece of +Devra Bogdanovich's opening statement at the initiation of the Niantic Project.

Yesterday, we discussed who would align with whom at a personal level. Today I want to expand that conversation to the Corporate interests, particularly with regards to scientists. With Oliver Lynton-Wolfe either genuinely behind Jarvis, or feigning allegiance, who will the corporations turn to to further their development? +Hulong Transglobal had previously made a commitment to research technology that would assist Enlightened Agents. How will they make good on this promise? Who outside the Niantic alumni might have that expertise, and if that answer is no-one, who will they attempt to acquire?

A passcode to those who enrich our conversation with meaningful speculation, insights and references.

x

File ID: p7cq28to4u6pn4z6fg2dq5oq7

#IngressXMas

NianticProject
2013/12/25(SoundCloud)
Welcome to Niantic - Part 2
Here is the second piece of Devra Bogdanovich's opening statement at the initiation of the Niantic Project.

OxxXXOOooOOxOxOOoXXxOxOoXxOOXoXOX
oOXxXoOOxOOXxXXxOOOOoxoXXxXXoXxxO
xOOoOOXOXOXoxOoxXOOOOOxOoOxOoXooo
XOoOOOxxOxOoooOOoxXxXOoOoOoOooOOx
oooooxoxOxOOOOxoOoooXooxoooxoooxooXo
OoxoOoOxOOOoox

Transcript
DEVRA:
I know that many of you have already been briefed by Dr. Lynton-Wolfe, but for those that haven't, Dr. Oliver Lynton-Wolfe is a researcher and engineer with multiple Ph.Ds from both Edinburgh and Manchester. He has been tasked with turning our discoveries into something useful - that is, creating mechanisms from XM energy. Fortunately, Dr. Lynton-Wolfe is just the man to make the impossible possible.

Beyond the pure scientists in the room, we have a number of individuals with us that have been classified as "sensitives," or people who are in tune with XM energy. Probably our most famous, and some would say controversial, is Roland Jarvis.

Artist, sculptor and enfant terrible, Mr. Jarvis is one of the most sought-after creatives in the world. His commissions include a variety of public art installations for major cities around the globe. Roland's art routinely sells for more than I make in a year. A collector of classic cars and supermodels, I know Niantic will be enriched by his contributions.

For most of us, bravely heading into the unknown is a new experience, but not so for our next Niantic team member. Hank Johnson is an explorer - I think he calls himself an adventurer - who has been responsible for some of the most historically significant finds of the past decade, including the latest discoveries regarding the lost tribes of ancient Mexico. However, Mr. Johnson also earns his frequent flyer miles going to current hot-spots to study the effects of social and cultural pressures on human conflict. He's had a few close calls in that regard, including being held hostage briefly by the ELN when he was investigating the narcotics trade of Columbia.

Mr. Johnson and Dr. Kureze have worked together in the past. It was this association which led to them discovering a correlation between radiating XM energy and a number of cultural, historic and artistically significant locations around the world.

Our next member of the team is Stein Lightman, a self-described quantum theologian. Which as I understand it, is a merging of science and religion, itself a fascinating concept.

Mr. Lightman has submitted a series of videos that fully explain his philosophy, and I suggest we all take a moment to study them. These are normally only available to his followers for a ninety-nine dollar donation... so thank you, Mr. Lightman.

Misty Hannah is recognized as the foremost authority in sleight of hand magic. An illusionist who routinely performs in Las Vegas, Atlantic City and New York, she is consistently cited as one of the best mentalists by her peers at the Magic Castle in Los Angeles. As Arthur C. Clarke once famously pointed out: "Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic."

In this regard, Ms. Hannah's insights will be invaluable in helping all of us understand the "magic" behind the science of Niantic.

 

前へ

ナイアンティック計画の始動(1)

次へ

ナイアンティック計画の始動(3)