ナイアンティック計画の始動(1)

nianticglowsナイアンティック計画
2013/12/24 14:38:53
ナイアンティック計画の開始にあたり、人生と世界の変革をもたらす責務を負う卓越した人物たちが初めて一室へと集った。そこで初めて出逢う者たちもいれば、友人や仲間の姿もあった。十年来の秘密を共有する者たちもいた。

デヴラ・ボグダノヴィッチは部屋の奥へと歩み出て口火を切り、その計画へ集まった誰もを歓迎した。彼等の使命はようやく動き出そうとしていたのだ。

昨年からの調査を振り返ってみると、起こってきた多くは計画の終焉によって生じたものごとだったことが分かるね。研究者や知見ある人物が機会を生かそうとした分散と混乱によるものだ。

彼等は未知なるものを求めて門戸を開き、やがて地上のあらゆる脅威と機会を跨ぐ紛争の媒体に関する専門家となったわけだ。

したがって、本日問い掛けたいことは、安定性と今後のことについてだ。巨大企業や国家情報局、そして研究者たちは、ナイアンティック計画が終了するや勝ち残りをかけ、新秩序を確立させようと行動に出た。ジャービスは復活を果たし、クルーとエイダは統合されたことで、その新たな時代は幕をあけようとしている。そこにどのような新たな同盟関係が築かれるだろうか?過去の苛立ちを許し、その差異に和解するだろうか?エックスエムの時代が2年目を迎え、権力を掌握することになるのは誰だろうか?

価値ある洞察や推察、参考文献の提示に貢献してくれた人々へのパスワードがあるよ。

エックス

ナイアンティック計画の始動(1)
デヴラ:
皆さん、お越しいただきありがとうございます。

施設を散策する機会があったとしても、CERNの外観には然程見るべきところは多くないことでしょう。しかし、その内部に隠されているものには目を見張ること間違いありません。それは多岐にわたる分野から集まった私たちを説明づけるものと思います。

さて、本日の夕方近くには個人面談が予定されていますが、少しお時間をいただいてナイアンティック計画チームの皆さんを紹介したいと思います。ここにいる方々は皆さんの生涯において掛け替えのないものとなることでしょう。

私との面識がない方々のために、まず私はデヴラ・ボグダノヴィッチと申します。ナイアンティック計画を指揮する役目を負っています。私はスタンフォード大学で量子理論分野を研究しています。要するに、量子と呼ばれる離散的エネルギー単位の研究を行っているのです。量子の面白いところは、個々の粒子の位置と運動量の双方を同時に知ることは不可能であるということにあるでしょうね。したがって、挫折感に心を乱すようなことを私は心配していません。そもそもカルビン博士にこの計画を指揮する役目として採用していただけたのも、そのためかもしれませんね。

彼、エゼキエル・カルビン博士の名に触れましたからご紹介しましょう。誰もがジークと呼んでいますが、彼自身は「博士」と呼ばれる方を好んでいるようです。この計画の発起人で、私たち全員がここへ集まることとなったのも彼のおかげです。カルビン博士は連邦政府傘下のスリーレター機関で研究責任者の職にあります。私たちを集めてエキゾチックマターの更なる研究と解明するため、ナイアンティック計画を創設されました。どうぞ彼にはお手柔らかにお願いします。私たちの雇い主ですからね。もとは皆さんの税金ですが。

ちなみに、最大の功労者であり、国家情報局で本部長を務めるユエン・ニィとは、まだほとんどの方がお逢いしたことがないでしょう。ここへ来れなかったことを彼女も大変残念がっていましたが、カルビン博士が私たちの進捗を伝えてくれることでしょう。

続いて量子力学の第一人者であり、ひも理論を支持する研究者でもあるカーネギーメロン大学のビクター・クレーゼ博士をご紹介します。クレーゼ博士は、これまで知られることのなく定量化されてこなかったエキゾチックマターのエネルギーパターンを初めて異常検出した人物でもあります。ナイアンティック計画でその変革に期待しているそうです。

ユーリ・アラリック・ナガッサ博士は世界的に著名な天体物理学者であり天文学者でもあります。数年ほど前のディスカバリー・サイエンスチャンネルで放映されたシリーズで彼のことをご存知の方もいることでしょう。ナガッサ博士はメルボルン大学からお越しいただきました。彼はロシア語が堪能ですが、今この部屋には他にも数名おられますね。ユーリ博士の観測したエックスエム・スパイラルをきっかけに私たち全員の旅路が始まったと言ってよいでしょう。この場にいることを彼に感謝する思いがあるでしょうし、もしかしたら非難したい思いもあるかもしれませんね。

まだまだ知識人の顔ぶれが続きます、マーティン・シューベルト博士です。シューベルト博士は物理学で博士号をお持ちです。日焼けした肌からお分かりのとおり、彼は野外活動に熱心です。ロッククライミングをしていないときは、量子物理学における世界的第一人者ですよ。おっと、宇宙随一と言うべきだったでしょうか?コロンビア大学でサバティカルを取得していることで、ナイアンティック計画へご参加いただけました。お迎えすることができ、本当に光栄です。

Niantic Project
2013/12/24 14:38:53(Google+)
At the onset of the Niantic Project, a room full of brilliant individuals assembled for the first time to embark on a mission that would change their lives and the world. Some of them were strangers, others friends and peers. Some had decades old secrets tying them together.

+Devra Bogdanovich stood at the head of the room and broke the ice, welcoming all of them to the Project. Their mission was about to begin.

Looking back on the last year of our investigation, it occurred to me that what we witnessed was largely fallout from the dissolution of the Project: A storm of fragmentation and confusion as the researchers and those in the know grasped for opportunities.

They walked in the door as explorers and emerged as experts in a medium of conflict that spans the planet, and all the threats and opportunities therein.

My question for today, therefore, is about stability and the path forward. The Corporations, the NIA and the researchers shuttled rapidly from possibility to possibility in the immediate aftermath of the Niantic shutdown, testing their pathways and attempting to establish a new order. With the return of Jarvis and the unification of Klue and ADA, it seems to me that a new era is about to begin. What new alliances will form? Who will forgive past grievances and whose differences are irreconcilable? Who will be the centers of power as the XM Era enters its second year?

A passcode to those who enrich our conversation with meaningful speculation, insights and references.

x

NianticProject
2013/12/24(SoundCloud)
Welcome to Niantic - Part 1
At the onset of the Niantic Project, a room full of brilliant individuals assembled for the first time to embark on a mission that would change their lives and the world. Some of them were strangers, others friends and peers. Some had decades old secrets tying them together.

Devra Bogdanovich stood at the head of the room and broke the ice, welcoming all of them to the Project. Their mission was about to begin.

SowtEvifRuOfZnIETSnEVEsCWUOWtBREa
KaaAbBCBaabcABbCABcBBbAACbBABCa
AbCaBcbaCbCaAbCbbcaAacbAaAaCbbAaa
CBbBbaCbAbbBrEakbJaHBhAEAeCBCFa
HbJcCbEaBbhAaaIBDccAACbAecbBjaHbh
AEAEafAiCbAebIaeCbAEBDbhBrEaKcs
YAPlBfZnPxjApqAskvzlfJySbyjQtaWdxVl
OHqtHlBrEaKorFhmRvqOogQrDbVqi
vsFyHPTHVkqVgrNyugUUCTlNoutJwJZQ
lRxhHyYFBdzVZSGbYbkD

Transcript
DEVRA:
Let me start by thanking you all for coming.

If you've had a chance to walk around the facility, you've no doubt seen that CERN is not much to look at from the outside. But hidden within, there are amazing wonders. I think that might also describe our eclectic and diverse group.

Now, there will be a full personnel briefing later this afternoon, but I wanted to take a moment to introduce the individuals that comprise the Niantic Project team. They are about to become the most important people in your life.

For those of you who I haven't met personally, I'm Dr. Devra Bogdanovich. I've been tasked to lead Niantic.

I am a theoretical quantum researcher from Stanford University, which is to say that I study discrete individual units of energy called quanta. An interesting fact about quanta is that it is physically impossible to know both the location and the momentum of an individual particle at the same time.

So what might frustrate a less scattered mind is something I'm quite comfortable with, which may be the reason I was recruited by Dr. Calvin to head this project in the first place.

Since I just mentioned him, Dr. Ezekiel Calvin... everyone calls him Zeke, though I think he prefers "doctor"... is our host and reason we are all here. Dr. Calvin is the research director of a three-letter agency of the federal government. He saw the potential benefit of bringing us all together and formed the Niantic Project to further research and understanding of exotic matter. Be nice to him, he's paying our bills. With your tax dollars.

By the way, most of you haven't yet met Yuen Ni, who is our ultimate benefactor and Director of Operations for the NIA. She regrets that she couldn't be with us this morning. Dr. Calvin will be keeping her apprised of our progress.

Next, one of the leading researchers and creative minds in quantum mechanics and a main proponent of String Theory, Dr. Victor Kureze comes to us from Carnegie Mellon. Dr. Kureze first detected anomalies in exotic matter energy patterns that were previously unknown, and as of yet, undefined. He's hoping to change that with Niantic.

Dr. Yuri Alaric Nagassa is a world-renowned astrophysicist and astronomer. Some of you may recognize him from the series he did on Discovery Science Channel a few years back. Dr. Nagassa is from the University of Melbourne. He speaks fluent Russian, as do some others in this room. Yuri's observation of XM spirals started all of us on this journey... so you have him to thank, or blame, for us being here.

Continuing our cavalcade of eggheads... is Dr. Martin Schubert. Dr. Schubert has a Ph.D in physics. As you can all probably guess from the tan, he's an avid outdoorsman. When he's not climbing rocks, Dr. Schubert is one of the foremost authorities on quantum physics in the world. Or should I say the universe? He's on sabbatical from Columbia University so that he could be part of Niantic, and we are indeed grateful to have him.

 

前へ

敗北か、潜伏か

次へ

ナイアンティック計画の始動(2)