敗北か、潜伏か

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2013/12/23

オリバー・リントン=ウルフは敗北したのか、さもなくば彼は長く潜伏し欺こうというのだろうか?

12月14日、サンフランシスコでの最終イベントの後、エンライテンドの指導者たるローランド・ジャービスが「現出」し、リントン=ウルフ博士は、その近くで行われたクロスファクションのイングレス・エージェントの会合で「ジャービスへの償い」の演説( http://goo.gl/KlYskWhttp://goo.gl/KGL621 )を行った。

自らがかつて「シェイパーの操り人形」とさえ呼んでさえいた人物に対し、突如として主張を翻したリントン=ウルフ博士は、周囲に多くの驚きを与え、その真意を尋ねた者も一人では無かったようだ。出所不明の機密文書が私の所に届いたのは本日のこと。踏み込めば、この文書は #13MAGNUS イベントでの出来事を明らかにしリントン=ウルフの心理状態に光を当てるものであった。

この文書を書いたのは何者なのか? 詳らかではないが、何人かの名を挙げられよう。諸君はこの分析に同意するか、それとも別の考えがあるだろうか? そして最後に、この文書はサンフランシスコに現れたジャービスの姿に、ある疑念を問いかけている......。その疑念は正当だろうか? あなたの考えをシェアできるだろうか?

パスコードは我々の議論に意義深き貢献をする者たちへ。

エックス

OLW-Analysis1.pngOLW-Analysis2.pngOLW-Analysis3.pngOLW-Analysis4.png

1 

TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS

TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS
FILE ID JYA8C7K56TXL - WAHN2D
RD83-P64-QX2-OEM-RY


オリバー・リントン=ウルフ博士に関する
心理的評価と脅威分析

報告書作成
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX


オーウェン殿。このファイルは、XMアノマリーシリーズ「13マグナス」における不測の事態に即し、XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX両博士により再度取り上げられ、それらの脅威・機会分析が更新されました。これら更新されたセクションは便宜上、文頭に置いてあります

13マグナスにおける心理的影響

(写真キャプション)オリバー・リントン=ウルフ博士、サンフランシスコ、2013年12月14日

2013年10月12日、タイのバンコクで、オリバー・リントン=ウルフ博士はヒューロン・トランスグローバル社のカオティックマター貯蔵施設を不安定化し、ジャービスのXM体を破壊しようとした。

この企ては失敗した、その原因として最も可能性の高いのが、直近のアノマリーをエンライテンドが制御下に収めたことであり、結果的にジャービスXM体は13個のシャードに分割された。

リントン・ウルフ博士は自身の目的に徹しており、3ヶ月の間、彼の策略的・技術的意志は全て、シャードの破壊に傾けられ、最後にはカオティックマターの備蓄が残るとみられる第二次世界大戦中のXM研究施設を暴き出すに至った。

TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS

2 

TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS

(写真キャプション)ローランド・ジャービスとされる人物。サンフランシスコ、2013年12月14日

彼の企てはすべての面で失敗に終わった。 2013年12月14日、カリフォルニア州サンフランシスコで、ローランド・ジャービスを支持するエージェントたちが、世界中に散らばった一連のカオティックマター「シャード」をサンフランシスコの「キューピッド・スパン」へ移送したのである。証拠となるものはほとんど残っていないが、彼らエージェントたちはジャービスのXM体が、人間の姿をとって再び現世に現れたと考えている。NIAはこの人物の声紋や人相が適合するとしているが、直接的なDNA分析はまだ行われていない。

再現出の後、ローランド・ジャービスとみられる人物とリントン=ウルフは、大勢の群衆の前に共に現れ、ジャービスの手稿を共に読み上げた。目撃者らは、リントン=ウルフ博士は、自らエンライテンドの指導者であると認めた人物に「服従」あるいは「従順な」態度にみえたと報告している。

オリバー・リントン=ウルフ博士がこのように態度を急変させた理由を説明する、最も考えられる仮説は、以下の通りである。

  1. オリバー・リントン・ウルフは何らかの形でジャービスあるいはXMの影響を受け(「シェイプド」)たことが原因で心理学的人格の変化が起こり、ローランド・ジャービスに対する明らかな服従となって表現された。
  2. サンフランシスコでの破滅的な敗北により、リントン・ウルフ博士は深刻な心神耗弱状態に陥り、その後、彼はジャービスを救済者と見なした。リントン・ウルフ博士は、エンライテンドに対して行った彼自身の行いは、既に許された罪であると考えている可能性がある。
  3. 上記のどちらも真実ではない可能性:オリバー・リントン・ウルフ博士は服従と心神耗弱を訴えることで、エンライテンドの指導体制に浸透しようとしている。こうすることで、ジャービスのリソースを共同利用したり、彼に「シェイパー・リソース」へのパイプラインを提供する。

TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS

3 

TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS

(写真キャプション)ジャービスによる手稿の読み上げ。サンフランシスコ、2013年12月14日

本報告書の時点では、証拠不十分により、上記の仮説のいずれも支持・破棄ができない状態にある。


生い立ちと心理学的分析

オリバー・リントン=ウルフ博士は36歳の男性物理学者で、量子力学、量子暗号学、プランクスケール工学を修める。

彼はブリストル大学で新任訓練を受け、続いてエール大学でXXXXXXXXXXの指導を受け、終身雇用資格(テニュア)を手にした後、間もなくMI-6の募集に応じ、SASと協働する機密プロジェクトに従事した。

その後、彼は元NIAの現場担当であるエゼキエル・カルビン博士により、ナイアンティック計画のプロジェクトリーダー候補の一人として採用された。この地位は、後にデヴラ・ボグダノヴィッチ博士に与えられた。ナイアンティック計画開始時に実施された心理学的プロファイリングでは、リントン=ウルフ博士からは苦渋や怒りの感情があったとは記録されておらず、このため彼に研究室のXMエンジニアリング資源への無制限アクセス権が与えられ、この環境での成功を収めた。

ビクター・クレーゼ博士の全地球エキゾチックマター・パターンとマイクロワームホール形成に関する研究を受け、オリバー・リントン博士は、後に「イングレス・ポータブル XM スキャナー・テクノロジー」として知られるようになるプロトタイプ・デバイスを開発した。このデバイスは、レゾネーター、エキゾチックマター・パルス兵器、パワーキューブといったリントン=ウルフ博士により開発されたXMオブジェクトの使用によって、エキゾチック・マター・ポータルと相互に影響を与え合う手段を提供することになる。

特記すべき事項として、これらの量子オブジェクト工学の功績の大部分はリントン=ウルフ博士に帰せられるものであるが、彼自身がこれらの構造のパターンはエキゾチックマター・ポータルから発せられたオーダード・データ内に存在すると注記しており、

TOP SECRET // SI-R0097 // NOFORN// ICARUS

4 

TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS

それは生物学的遺伝がDNAのヌクレオチド鎖にコード化されるのと良く似ているという。彼の研究は、無から作成されるというよりは、これらの構成要素が我々の次元で潜在的可能性を解放することに焦点を合わせたものである。

スイス・ジュネーヴにおけるナイアンティック計画の終局の後、オリバー・リントン=ウルフ博士はまず、合衆国に基盤を置く国防総省認可シンクタンク、IQTech(エゼキエル・カルビンが牽引する)に職を得た。そこで彼はADAリファクター(ヒューロン・トランスグローバルのジャービス・ウィルス兵器のリバース・エンジニア版)、そしてポータル補強装置ヒートシンクを開発した。

「オペレーション・カサンドラ」と呼ばれる出来事の間に、リントン=ウルフ博士はジャービスXM体からの連絡を受け、彼への協力に同意したと伝えられている。その後の日々、特にエンライテンドによる糾弾の後に記された文書から、リントン・ウルフ博士の精神状態は悪化の一途を辿っているとみられる。リントン・ウルフ博士は、ある種の懲罰を恐れているかのようだった。

カサンドラの終息後、リントン・ウルフ博士は、自身がジャーヴィス存在によって「攻撃された」と主張している。これを裏付ける証拠は存在しない。そしてXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX博士はその攻撃が現実に起こったことなのか、ナルシスティックな妄想に起因した幻覚であるのか、判断できないとしている。

脅威の予測

リントン=ウルフ博士は今日においても、依然として先駆的なエキゾチックマター技術者のままである。かつて彼は、他国の利権に興味を持つことはあっても、愛国心や国家への忠誠といった高尚な思想を持ったことはなく、彼の最大の関心事と価値感は、ただ己の知識を追求することであると考えられる。

このことは、彼を予測不能かつ制御不能とする。XMの武器化に関する彼の専門知識と、あらゆる国家もしくは思想集団に対し帰属意識が欠如しているがゆえに、彼は諸外国の諜報・企業からの高価値「引き抜き」対象となっている。

提案事項

  • リントン・ウルフ博士の現在の精神状態が不安定であるため、我々は可及的速やかなX X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X XX X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X Xを提案する。
  • X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X XX X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X
  • X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X

TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS

Niantic Project
2013/12/23

Is Oliver Lynton-Wolfe defeated, or is he playing the long con?

Following the climactic events of December 14th and the 'manifestation' of Roland Jarvis in San Francisco, the Enlightened leader and Dr. Lynton-Wolfe were spotted reading together from the 'Jarvis Redemption' speech (http://goo.gl/KlYskW & http://goo.gl/KGL621) at a Cross-Faction Ingress Agent meetup taking place nearby.

Dr. Lynton-Wolfe's sudden reversal of opinion towards a man he had previously referred to as a 'Shaper puppet' took many by surprise, and it seems we are not alone in asking what that means. A classified document of unknown origin came into my possession today. Among other things, the document sheds light on Lynton-Wolfe's psychological state, particularly in light of the events of #13MAGNUS.

Who wrote this document? Unknown, but I can begin to list the suspects. Which of the possible analyses do you agree with, or do you have an alternate theory? And finally, the document treats the appearance of Jarvis in San Francisco with some suspicion... Do you think that suspicion is justified? Do you share it?

A passcode to those who enrich our conversation with meaningful insights, speculation and references.

x

1 

TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS

TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS
FILE ID JYA8C7K56TXL - WAHN2D
RD83-P64-QX2-OEM-RY


Dr. Oliver Lynton-Wolfe
PSYCHOANALYTIC EVALUATION AND THREAT ANALYSIS


REPORT PREPARED BY
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX


Mr Owen. Due to the unforeseen events of the '13MAGNUS' series of Exotic Matter Anomalies, this file has been revisited by Drs. X X X X X X X X X X and X X X X X X and their Threat/Opportunity analyses have been brought up to date. These updated sections have been placed at the head of the document, for your convenience.

PSYCHOLOGICAL IMPACT OF 13MAGNUS

[photo caption]Dr. Lynton-Wolfe, San Francisco, December 14 2013


On October 12, 2013 in Bangkok, Thailand, Dr. Oliver Lynton-Wolfe destabilized a storage facility containing Hulong Transglobal's reserve of Chaotic Matter in an attempt to, according to him, destroy the Jarvis XM entity.

The attempt failed, most likely due to Enlightened control of a nearby Anomaly, and the Jarvis Entity fragmented into 13 Shards.

Dr. Lynton-Wolfe remained committed to his goal, and over the course of three months leveraged all his political and technological will to attempt to destroy the Shards, ultimately uncovering a WWII XM research site believed to contain reserves of Chaotic Matter.


TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS


2 

TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS

[photo caption]Individual claiming to be Roland Jarvis, San Francisco, December 14 2013

His attempts met failure on all fronts. On December 14, 2013 in San Francisco, CA, agents supporting Roland Jarvis transported a series of Chaotic Matter 'shards' from locations around the world to the Cupid's Span portal in San Francisco. Although evidence remains scant, these Agents believe that their actions caused the Jarvis XM entity to re-emerge in human form. While the NIA has matched the voice and face-print of this individual to file, a direct DNA match has not yet been performed.

Following the reappearance, the individual claiming to be Roland Jarvis and Dr. Lynton-Wolfe were seen together in the presence of a large crowd, reading together from a manuscript credited to Jarvis. Witnesses report seeing Dr. Lynton-Wolfe adopting a 'submissive' or 'obedient' posture towards the self-appointed Enlightened leader.

Our current most-viable hypotheses to explain this sudden and immediate change in posture by Dr. Oliver Lynton-Wolfe are as follows:

  1. Dr. Oliver Lynton-Wolfe was influenced ('Shaped') by Jarvis or XM in some way, leading to a change in his psychological profile, specifically causing his apparent deference to Roland Jarvis.
  2. The catastrophic defeat in San Francisco caused Dr. Lynton-Wolfe to suffer a severe psychotic break, following which he latched onto Jarvis as a savior figure. Dr. Lynton-Wolfe may believe that his acts against the Enlightened were a transgression for which he has now been forgiven.
  3. Neither of the above is true: Dr. Oliver Lynton-Wolfe is feigning submission and psychosis and intends to infiltrate the Enlightened leadership structure. This would allow him to co-opt Jarvis' resources and would supply him with a pipeline to 'Shaper Resources.'

TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS


3 

TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS

[photo caption]Reading from manuscript credited to Jarvis, San Francisco, December 14 2013

At the time of this report, a lack of evidence prevents us from being able to either support or discard any of the above hypotheses.

HISTORY AND PSYCHOLOGICAL ANALYSIS

Dr. Oliver Lynton-Wolfe is a 36 year old male physicist with a background in Quantum Mechanics, Quantum Cryptography and Planck Scale Engineering.

He received initial training at the University of Bristol, followed by a tenure at Yale University where he was mentored by X X X X X X X X X briefly, after which he was immediately recruited by MI-6 and worked on classified projects there in cooperation with the SAS.

Following this, he was recruited by Dr. Ezekiel Calvin, former NIA Field Operative, as a potential Project Leader for the Niantic Project. This position was later given to Dr. Devra Bogdanovich. The Psychological profiling conducted at the onset of the Niantic Project did not make note of any underlying bitterness or anger about this from Dr. Lynton-Wolfe, who was given unrestricted access to the lab's XM engineering resources and thrived in this environment.

Following Dr. Victor Kureze's work on Global Exotic Matter patterns and Micro-Wormhole formation, Dr. Oliver Lynton developed a prototype device that later became known as the Ingress Portable XM Scanner Technology. This device provides a means of interacting with Exotic Matter Portals using XM objects developed by Dr. Lynton-Wolfe including Resonators, Exotic Matter Pulse weapons, and Power Cubes.

It is important to note that, while credit for the engineering of these quantum objects is ascribed largely to Dr. Lynton-Wolfe, he himself has noted that the patterns for these constructs exist within the Ordered Data emanating from

TOP SECRET // SI-R0097 // NOFORN// ICARUS


4 

TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS

the Exotic Matter Portals, much as biological traits are encoded in the nucleotide chains of DNA. His work was focused on unlocking the potential for these constructs in our dimension, rather than creating them from scratch.

Following the dissolution of the Niantic Project facility in Geneva, Switzerland, Dr. Oliver Lynton-Wolfe worked first at IQTech, a US-based and DOD-sanctioned think tank (run by Dr. Ezekiel Calvin) where he developed the ADA Refactor (a reverse-engineered version of Hulong Transglobal's Jarvis Virus weapon), and the Heat Sink Portal Modification.

During the events of what has been referred to as 'Operation Cassandra,' Dr. Lynton-Wolfe was allegedly contacted by the Jarvis entity and agreed to cooperate with him. In the days that followed, recorded transcripts depict a continual decline in Dr. Lynton-Wolfe's mental state, particularly after the defeat of the Enlightened faction. Dr. Lynton-Wolfe seemed to fear some sort of retribution.

In the aftermath of Cassandra, Dr. Lynton-Wolfe maintains that he was 'attacked' by the Jarvis Entity. No evidence exists to corroborate this, and Dr. X X X X X X X X X X and X X X X X X disagree as to whether the attack was real or a hallucination caused by a narcissistic delusion.

THREAT PREDICTIONS

Dr. Lynton-Wolfe remains the leading Exotic Matter technologist alive today. He has previously engaged with foreign power interests, does not hold patriotic or nationalistic ideals in high regard, and is believed to place the pursuit of knowledge alone as his highest priority and value.
This makes him both unpredictable and uncontrollable. Due to his expertise in XM weaponization and lack of loyalty to any specific nation or ideological group, he is a prime target for recruitment by foreign intelligence or commercial interests.

RECOMMENDATIONS

  • Due to the uncertain nature of Dr. Lynton-Wolfe's current mental state, we recommend immediate X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X
  • X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X
  • X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X X

TOP SECRET // SI-R 0097 // NOFORN// ICARUS

(※:本項目は栗田樹と後日明の協業により翻訳した)

前へ

トランスレーション

次へ

イングレスレポート特別編(1)