ハンク・ジョンソン ノマド:サーティンマグナス

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2013/12/17 11:12:33

ハンク・ジョンソンは何を見つけ、そして彼の身に何が起きたのだろうか?

土曜にイングレス・レポートのライブストリームで初公開された映像を入手することができた。ハンク・ジョンソンの状況は依然不明である。このカリスマ的でユニークな尊敬すべきXM研究者の安否は、私と同様にすべてのエンライテンド、レジスタンス、インベスティゲイター達が案じていることだろう。

冒頭の質問への単純な答えは明らかだ。彼は13マグナスの本拠地、あるいは聖域に類するものを発見した。しかしさらなる疑問が生じる。これは何を意味するのか?そしてこれはどこなのか?本日の議論では、ハンクに何が起きたのかについて、できるだけ「最悪の結果」を考えていただきたい。ハンク・ジョンソンはエンライテンドおよびレジスタンスの陣営思想にとってどのような意味があるのだろうか?そして、彼なくして今後我々が歩む道はどうなるのだろうか?我々はまた、最良の結果についても考える必要がある。ハンクが無事に戻ってくるならば、その冒険が彼にもたらした知識とは何であろうか?我々はどのようにそれを役立てることができるだろうか?

パスコードは意義深き洞察、推測、参照により我々の議論を豊かにする者たちへ。

エックス


ハンク・ジョンソン ノマド:13マグナス

ハンク:
古代エジプト人たちは、墓所の壁に書き記した。旧約聖書にも言及され、4世紀アテネの学術機関でも暗喩的に表れている。またローマ帝国の邸宅でも...

サーティン・マグナス。それは内外から影響を受け、何世代にもわたり歴史の流れを根底から変えてきた。その全ては闇に包まれている。それは今日この日まで、サーティン・マグナスのメンバーによって慎重に守られてきた秘密。なぜ?彼らが生命だけでなく、死をも克服したと信じているからなのだろうか?

ハンク・ジョンソンが、ノマドをお送りする。

(オープニング)

(1分36秒より)
ハンク:
サーティン・マグナスの神話は古代エジプトのファラオの時代にまで遡る。そしてその起源だと考えられる、オシリスの物語へ。分かたれ、再び集まり、そして復活する、生命の力の物語へと。

シューベルト:
実際に復活するのを古代エジプト人が目の当たりにし、数千年かけてそれを再現しようとしていたのだとすれば?

ハンク:
古代の神話、あるいは現代の現実?

シューベルト:
サーティン・マグナスは古代のアルゴリズム知識を授けられたセンシティブたちだ。正確なシェイパー・グリフや必要なポータル、復活を実現するのに要するXMの量を意のままに導き出す、アルゴリズムを。

ハンク:
それほど恐ろしくも強力な、真実を決して暴かれてはならない秘密とは。しかし今日のところは、ここまでだ。

***

ハンク:
ハンク・ジョンソンがノマドをお送りする。撮影クルーの安全のために別行動をしているが、無線はつながっている。慎重になりすぎているのかもしれないが、杞憂だとも言えない。時が経てばわかることだ。

***

ハンク:
おそらく私は、サーティン・マグナスのサンクト・サンクトゥルム、聖地中の聖地のすぐ近くに来ている。

私の調査が正しければ、すぐ近くにポータルが...サーティン・マグナス・ポータルがある。そこにはきっと遺体が、あるいは複数あるだろう。それは目覚めの時を知る者が現れるのを待つ、センシティブ達のものだ。これは...

ノマド・ワン:
(無線の声)
ハンク、こちらはノマド・ワン。信号が乱れている...

ハンク:
...前の古代エジプトのね。これがそうだ。私は境界を越えている。

***

ハンク:
ノマド・ワン、ノマド・ワン、こちらハンク。応答せよ。

ノマド・ワン:
了解、ハンク。一時音声が途切れた。現在は良好。

ハンク:
よし。侵入を開始する。

この場所にはエキゾチック・マターが満ち溢れているのが感じられる。低く共鳴するパルスがある。これは...今までに感じたことがない。先へ進もう。

推測が正しければ、サーティン・マグナスのチャンバーはすぐそこ...

(大きな音がする)

誰か、何かに気づかれている...

ノマド・ワン:
ノマド・ワンよりハンクへ。ハンク、応答せよ。応答せよ。

(大きな石が擦れる音、直後に映像が乱れる)

ハンク、逃げろ!

Niantic Project
2013/12/17 11:12:33

What did +Hank Johnson find and what has happened to him?

I was able to obtain the video first released via the #IngressReport livestream on Saturday. Hank Johnson's status remains unknown. I'm sure I share the concern of all Investigators, Enlightened or Resistance, for the safety of this charismatic, unique and well-respected XM Researcher.

The simple answer to the above question is obvious, a #13MAGNUS stronghold or sanctum of some kind, the harder question is: What does that mean? And where is it? In our discussion today of what might have happened to Hank, I would also encourage us to think of the consequences of 'the worst possible outcome.' What does Hank Johnson mean to the Enlightened and Resistance ideologies and Factions, and what would our path forward be without him? We should also consider the best possible outcome. If Hank returns to us unharmed, what knowledge might his adventure have bestowed on him, and how might we use it?

A passcode to those who enrich our conversation with meaningful speculation, insight and references.

x


Hank Johnson's NOMAD: #13MAGNUS

HANK:
The Ancient Egyptians wrote of it on their tomb walls. It's referenced in the Old Testament and obliquely mentioned in the Academies of 4th Century Athens. And it's been found in the villas of Imperial Rome...

Thirteen Magnus. It's influenced and affected and fundamentally changed the course of human history for ages, all the while remaining in the shadows. It's a secret vigilantly protected by the members of Thirteen Magnus to this very day. Why? Is it because they felt they have not only conquered life, but also death?

I'm Hank Johnson, and this is Nomad.

***

HANK:
The mythology of Thirteen Magnus dates back to the days of the pharaohs of ancient Egypt. And to the story of Osiris, which I believe is its origin. The story of a life force that can be divided, reassembled, and resurrected.

SCHUBERT:
What if the ancient Egyptians witnessed an actual resurrection and then spent thousands of years trying to recreate it?

HANK:
Ancient myth or modern reality?

SCHUBERT:
Thirteen Magnus are sensitives entrusted with the knowledge of an ancient algorithm. An algorithm that enables them, at will, to calculate the correct shaper glyphs, the necessary Portal, and the amount of Exotic Matter required to enable resurrection.

HANK:
A secret so powerful and terrifying, that the truth of it must remain buried. But no more. Not today.

***

HANK:
I'm Hank Johnson. This is Nomad. I'm separating from my crew for their safety but will be in touch by radio. Maybe I'm being a little overly cautious. Then again, maybe not. Only time will tell.

***

HANK:
I believe that I am very near the location of the sanctus sanctorum, the holiest of holies of Thirteen Magnus.

If my research is correct, then I am very near the Portal... the Thirteen Magnus Portal. In it, I expect to discover a body, or even multiple bodies, of sensitives who have been waiting who knows how long for someone to come along and awaken them.
This is...

NOMAD ONE:
(filtered through radio)
Hank, this is Nomad One. Your feed is breaking...

Hank:
...ago in ancient Egypt. This is it. I'm crossing the threshold.

***

HANK:
Nomad One, Nomad One, this is Hank. Come in.

NOMAD ONE:
We copy you, Hank. Lost you for a second. Signal looks strong now.

HANK:
Affirmative. I'm beginning my ingress.

This place is rich with Exotic Matter. I can feel it. There's a low, resonant pulse. Unlike... unlike anything I've ever felt before. I'm pushing forward.

If I'm right, the Thirteen Magnus chamber should be just up ahead...

Someone or something knows I'm here...

NOMAD ONE:
Nomad One to Hank. Hank, come in. Do you copy?

Hank, get out of there!

前へ

望まれるもの

次へ

サーティンマグナス・アノマリー:ジャービスの復活(映像)