ディー・グロッケ

nianticglowsナイアンティック計画

2013/12/04 16:13:13

スザンナ・モイヤーは、何故オリバー・リントン=ウルフをブエノスアイレスへ逃がすのだろうか?

本日ヒューロン・トランスグローバルより入手された記録では、この物議を醸す話題に光が当てられている。

リントン=ウルフは、おそらく、第二次世界大戦の時代に現在エキゾチック・マターとして知られているものを探索していたプロジェクトを何らかの形で活用しようと考えている。ジャービスのXM体から成るシャードを破壊せんがために。

このすべてに対するスザンナ・モイヤーが担う役割は日毎に大きくなっている。彼女の父親、未だ多くを知られてはいない人物も関与しているのではないだろうか。

ジャービス・エンティティを破壊する事により、スザンナ・モイヤーにどのような利益があるのだろうか?彼女の過去や父親に関して、我々は何を知っている?そしてこの奇妙な「ヴンダーヴァッフェ」計画と呼ばれるものについては?それは神話なのか、噂なのか、あるいは深く葬られた真実なのであろうか?

パスコードは意義深い洞察、推測、参照により我々の議論を豊かにする者たちへ。

エックス

オペレーション・13マグナス

2013年12月7日
フェニックス(アメリカ合衆国アリゾナ州) - http://goo.gl/NVfESN
ローマ(イタリア) - http://goo.gl/OEVdWE

2013年12月14日
サンフランシスコ(アメリカ合衆国カリフォルニア州) - http://goo.gl/Xw9tfD
ブエノスアイレス(アルゼンチン) - http://goo.gl/vRBu4j

ヒューロン・トランスグローバル
機密情報
ファイルID:ZWVY-ZDHC-ZXDTAHNUEXOZFTO

出典:非公開
監視対象:広域ネットワークスキャン
現状:モイヤー、スザンナ
リントン=ウルフ博士、オリバー
E-Int形態: 監視オーディオ // 電話

##記録開始

モイヤー: ブエノスアイレスに連れて行くわ...

リントン=ウルフ: スザンナ、それには感謝する。君は私の側につくべきだ。ここには素晴らしき人々がいる。

モイヤー: ジャービスに消えてもらいたいの。私が手を貸す理由はそれだけよ。でも何故、ブエノスアイレスへ?

リントン=ウルフ: ディー・グロッケを知っているか?

モイヤー: 少しだけね。ドイツの科学者達によって行われた実験、いわゆる「ヴンダーヴァッフェ」計画のことだと聞いているわ。その目的は「零点エネルギー」と呼ばれるものを探究することだった。でも裏付けはない。

リントン=ウルフ: そう言われてるね。

モイヤー: どういうこと?

リントン=ウルフ: ディー・グロッケが現代のXM研究時代を招いたと言う者もいるだろう。世界中に自然発生するポータルは特定された。研究はその成果を上げんとしているところだった、だがそれは...

モイヤー: ...終戦によって中断された。一部の報告には、60人の科学者たちが処刑され、ヴロツワフ近郊の集団墓地に埋葬された。その言葉の流出を防ぐために。

リントン=ウルフ: そのとおりだ、スザンナ・モイヤー。それを読んだ誰もがそれを信じるわけでもないだろう。そのディー・グロッケが、戦後何十年もの間継続されてきたとすればどうかね。

モイヤー: その研究はステーション211で継続されていたという主張もある。おそらく南極大陸にあると言われる秘密の基地ね。

リントン=ウルフ: スザンナ、君の父親ともっと話したまえ。君らには互いに補完できるものがあるのだ。ステーション211へ向かうはずだったがその途上にしてブエノスアイレスへと転換された潜水艦について、彼に聞いてみるといい。ほとんどの乗組員は、恐ろしく変わり果てた状態の遺体で発見された。生存者は陸上へと河岸を変えた。父上に「ドライセン・グロッセ」について聞いてみたまえ。

モイヤー: それがダークXMの輸送だったと?それがジャービスを殺す手段だというのね。

リントン=ウルフ: おあつらえ向きだ。あとはそこへシャードを運びさえすれば良い。

モイヤー: 成功を祈るわ。

リントン=ウルフ: 心配ない。何もかも私の手の内にある。それが終わったら、いましばらくご一緒願いたいのだが...

##記録終了

ヒューロン・トランスグローバル社

DieGlocke.png

Niantic Project
2013/12/04 16:13:13

Why did Susanna Moyer help Oliver Lynton-Wolfe escape to Buenos Aires?

Light is shed on this controversial subject in a transcript obtained from +Hulong Transglobal today.

Lynton-Wolfe, it seems, plans to somehow leverage what may have been a World War II era project exploring what is now known as Exotic Matter in his bid to destroy the Shards of the Jarvis XM Entity.

Susanna Moyer's role in all this grows thicker by the day. It seems now that her father, a figure about whom very little is known, may be involved as well.

Why does Susanna Moyer have a stake in the destruction of the Jarvis Entity? What do we know about her past and her father? And this strange, so called 'Wunderwaffe' project? Is it a myth, a rumor or a deeply buried truth?

A passcode to those who enrich our conversation with meaningful insight, references and speculation.

x

OPERATION #13MAGNUS

DECEMBER 7, 2013
Phoenix, AZ - http://goo.gl/NVfESN
Rome, Italy - http://goo.gl/OEVdWE

DECEMBER 14, 2013
San Francisco, CA - http://goo.gl/Xw9tfD
Buenos Aires, Argentina - http://goo.gl/vRBu4j


Hulong
Confidential
FILE ID: ZWVY-ZDHC-ZXDTAHNUEXOZFTO

Source: Withheld
Surveillance Target: Wide Network Scan
Present: Moyer, Susanna
Dr. Lynton-Wolfe, Oliver
E-Int Form: Surveillance Audio // Telephone

##BEGIN TRANSCRIPT

Moyer: I got you to Buenos Aires...

Lynton-Wolfe: And for that I thank you, Susanna. You ought to join me. Lovely people here.

Moyer: I want Jarvis gone. That's the only reason I'm helping. But why Buenos Aires?

Lynton-Wolfe: What do you know about Die Glocke?

Moyer: A little. It was allegedly an experiment carried out by German scientists, a so-called "Wunderwaffe" project. Its goal was to explore something called "Zero Point energy." Never been confirmed.

Lynton-Wolfe: Sound familiar?

Moyer: Your point?

Lynton-Wolfe: One could argue that Die Glocke led to the modern era of XM research... Naturally occurring Portals around the world were staked out. Work was just beginning to amplify their output but it was...

Moyer: ...cut short by the end of the war. Some reports say that 60 scientists were executed and buried in a mass grave near Breslau to prevent word of it getting out.

Lynton-Wolfe: Surely Susanna Moyer, of all people, doesn't believe everything she reads. What if I were to tell you that Die Glocke continued for decades after the war.

Moyer: Some people claim that research continued at Station 211, supposedly a secret base in Antarctica.

Lynton-Wolfe: You should talk to your father more often Susanna. You two have so much to catch up on. Ask him about a submarine, destined for Station 211, that didn't complete its voyage and instead diverted to Buenos Aires. Almost everyone aboard was found dead, scarred with horrible mutations. The survivors brought a payload onshore. Ask your father about 'Dreizehn Große'

Moyer: It was a shipment of Dark XM, right?. That's how you're going to kill Jarvis.

Lynton-Wolfe: It's in place. I just need to bring the Shards to it now.

Moyer: God help us.

Lynton-Wolfe: Don't worry. I've everything under control. And when it's over, I must insist that we spend some time together...

##END TRANSCRIPT

HULONG TRANSGLOBAL INDUSTRIES, CORP.

前へ

イングレスレポート:ジャービス・シャードの活性変動

次へ

ギフト