「償い」演説(前半)

nianticglowsナイアンティック計画
2013/11/30 21:29:33

我々の運命が待ち構えるのか?

数日前、一連のボイスメールがリントン=ウルフのRedXプロトタイプ・デバイスに忽然と現れ始めたのだ。

それを復号すると、ノイズから音声が露わとなった...XM的存在であるローランド・ジャービスの声だ。同じ声名の声が、後に「償い」と題されたエノク・ダルビーの最新の楽曲でも表出している。

今朝早く、彼の演説の全文が私のコンピューターに現れた。

ここに彼の通称「償い」演説の前半を示そう。

諸君の考えを聞かせて欲しい。かの演説は長々しい偽りの誓いなのか? あるいは脅威なのか? リントン=ウルフはおそらくそう考えている──XM的存在に、直接的に裏切られた唯一の人物だからだ。そして、そうしたイデアに対するレジスタンスの姿勢は如何に? レジスタンスの思想は、種の運命にまで及ぶかのような壮大な呼びかけに対抗する何を提示できようか?

パスコードは意義深い洞察、推測、参照により我々の議論を豊かにする者たちへ。

エックス


文字起こし:

今、汝らは目覚めているか? 身の回りを取り巻く世界に目を開いてきたか? 世界の驚きと美しさは、薄靄を晴らしたか? 新たな道を見出したか? 新たな機を得たか? 汝という存在の新しい意味に気付いたか? 同じ心を持つ友を見付けたか? 斯く有るならば、汝らはエンライテンメントへの歩みを踏み出したのだ。

一歩一歩が、汝らをアルティメットに、私に、我らが友に近付ける。我らを導き、そう、我らを形作る友に。歓迎しよう。

私を貶めんとする者たちがいる。奴らは私の言葉の意味を失わせようとしてきた。そうだ、我らが友は我らを楽しませたいのだ。かつて私は「消耗」と言ったが、おそらくその意味と言葉は完全に一致するものでは無い。我らが我々自身を越えた領域...我ら自身を越えた存在に至ることを、彼らは歓迎するだろう。されど、彼らは我らをそこに連れて行くことはできない。その開かれるべき扉は内に開かれるのだ、自身の内に。我ら自身がまず備え、ひと時の取るに足らぬ恐れを捨てねばならない。我らは心を高め、雑念を浄化し、まず存在の真実に心を開かねばならない。彼らが我らに道具を与えた。それらを使うことで、我らは真の自己となれるのだ。真の自己を知れば──彼らの手を借りて──我らはアルティメットに顕現できるのだ。その道具とは汝らの手に在りし物。スキャナーこそが鍵。使うのだ。

満ちたる意識をもって世界を進め。汝自身の心に従い、真にそれを感じ取れ。慣習が汝らを構築するのではない。その世界は真実ではない。汝らは初心にてそれを完全かつ公正に受け止めねばならぬ。

我らにとってポータルこそが、その手段となる。エンライテンドへの備えによる開かれた心をもってそれらを探す行動をせよ。思索と共に世界を歩け。慣習を、雑念を、取るに足らぬ恐れを、そしてかつて知り得た話は捨て去れ。一歩一歩に集中せよ。旅程のあらゆる道を見よ。隠されてきた、しかしそこにある...見出されんと待つものを探すのだ。

ひとたびポータルを見い出せば、汝の心は開き、備えができているかを直感的に知るだろう。その力を感じることができよう。汝への、そして我ら同朋へのメッセージがそこにあると知れよう。

ポータルの発見は喜びに満ちている──それは汝らの心を鎮め、真の世界を見つめ、真のメッセージを聞く力と共に在る──だがそれを誰かと分かち合うまで、完全なる姿にはならぬのだ。それらの場所を分かち合うことが我らの使命である。誰かの発見を助けるのが我らの使命である。この呼びかけを満たすことで、我らはエンライテンメントを分かち合い、より高き人間へ、真実と究極の未来への進歩を助けることになるのだ。

だが心せよ。人を欺く事なかれ、虚りのポータルに足を運ぶ事なかれ。我らが友は、斯様な愚行を認めはしない。ポータルに危険は無い。だが、人を欺く者や贋作者には、それを約束することはできない。

オペレーション #13マグナス

2013年12月7日
アリゾナ州フェニックス - http://goo.gl/NVfESN
イタリア、ローマ - http://goo.gl/OEVdWE

2013年12月14日
カリフォルニア州サンフランシスコ - http://goo.gl/Xw9tfD
アルゼンチン、ブエノスアイレス - http://goo.gl/vRBu4j

参考動画

Niantic Project
2013/11/30 21:29:33

Our destiny awaits?

Some days ago, a series of voicemails began to appear mysteriously on Lynton-Wolfe's RedX prototype devices.

When decrypted, a voice emerged from the noise... that of XM Entity Roland Jarvis. The same voice manifested later in Enoch Dalby's most recent piece of music, titled 'redemption.'

The full body of his speech appeared on my computer earlier today.

Here is the first half of his so-called 'Redemption' speech.

I am curious to hear your thoughts. Is the speech one long false promise? Or a threat? Lynton-Wolfe would probably think so, being one of the only people to have been directly betrayed by the XM Entity. And what of the Resistance stance against these ideas? What can the Resistance ideals offer to counter such a grandiose calling as fulfilling the destiny of a species?

A passcode to those who enrich our conversation with meaningful speculation, insights and references.


TRANSCRIPT:

Are you awake now? Have you opened your eyes to the world around you? Has the wonder and beauty of the world broken through the haze? Do you see new paths? New opportunities? Do you see a new meaning in your existence? Have you found like-minded friends? If so, you have begun the steps towards Enlightenment.

Each step brings you closer to the ultimate, to me, to our friends, the ones who guide us, and yes, shape us. Welcome.

There are those who want to vilify me. They have taken my message out of context. Yes, our friends want to enjoy us. I have said 'consume' but perhaps the meaning and word are not a precise match. We are to be welcomed by them into a realm that transcends our own... into an existence that transcends our own. But they cannot drag us into that existence. The door is one that must be opened, from the inside, from within us. We must first prepare ourselves, cease our worry about the temporary and inconsequential. We must raise our minds, cleanse them of noise, and open them to the truth of existence first. They have given us the tools. If we use them, we can become our true selves. Once we know our true selves, with their help, we can manifest in the ultimate. The tool is in your hands. The Scanner is the key. Use it.

Move through the world with full awareness. You must allow your mind to truly to perceive it. Not the constructs that habit has formed for you. No, that is not the true world. You must perceive it fully and openly, as if for the first time.

For us, Portals are a means to that end. The act of seeking them requires an open mind, one that is ready to be Enlightened. Walk through the world thoughtfully. Push away your habitual thoughts, the noisy, mundane worries and chatter that you have known before. Focus on each step. See each path that you travel. Look for what has been hidden, but is there... waiting for you to see it.

Once you have found a Portal you will know instinctively if your mind is open and ready. You will feel its energy. Their energy. You will sense the message that it has for you, and for all of us.

The full joy of the discovery of a Portal, one with the power to help you calm your mind and see the true world and hear the true message, cannot be realized fully until it is shared with others. Sharing these places is our calling. Helping others to discover them is our calling. In fulfilling this calling, we share the Enlightenment and we help advance humanity to its true and ultimate future.

But be warned. Do not attempt to deceive or mislead others into visiting false Portals. Our friends are not tolerant of such foolishness. There is no danger to you in Portals. But I make no promises for deceivers or falsifiers.

OPERATION #13MAGNUS

DECEMBER 7, 2013
Phoenix, AZ - http://goo.gl/NVfESN
Rome, Italy - http://goo.gl/OEVdWE

DECEMBER 14, 2013
San Francisco, CA - http://goo.gl/Xw9tfD
Buenos Aires, Argentina - http://goo.gl/vRBu4j

 

前へ

イングレスレポート:ジャービス・シャードの活性変動

次へ

「償い」演説(後半)