旅の始まり

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2013/10/24 06:20:55

ハンクの旅の始まりは、別の側面から明らかになった。

その頃から隠された奇妙な世界に精通していたエゼキエル・カルビンと、将来に待ち受ける信じられない数々の発見や冒険について知る由もない学生であったハンク・ジョンソンとの書簡を、かつて我々は手に入れた。

本日の文書は、その時の様子を別の側面から明らかにしている。ある特定分野の、おそらくは無名の情報機関において、カルビンはとある秘密結社について深く掘り下げるため、ハンクを探索に活用しようと考えていた。それは時代と共に幾多の他の秘密結社に寄生虫のように入り込み、融合して形を変え、その秘密を守ってきた。その名はもちろん、13マグナス。

エージェントそしてインベスティゲイターとしての我々全員にとって13マグナスが何を意味するのかを理解するため、今ここでこの文書は我々の探求にいかに役立つであろうか?イルミナティのような守秘を誓約とする集団の、そのひとつ上に存在せねばならないという彼らの秘密は、いかに堅固に守られてきたのであろうか?そしてなぜ今、この時代に、この古代の運動に繋がれた車輪は回り始めたのか?

パスコードは意義深き洞察、記憶、推測により我々の議論を豊かにする者たちへ。

エックス

*オペレーション #13MAGNUS *

2013年10月26日
シアトル、ワシントン州(エノク・ダルビー) - http://goo.gl/XAhYl1
キエフ、ウクライナ - http://goo.gl/yxQczs

2013年11月2日
アトランタ、ジョージア州 - http://goo.gl/ma2nf6
マドリード、スペイン - http://goo.gl/uPhmLV
ムンバイ、インド - http://goo.gl/10fXb4

2013年11月16日
ダラス、テキサス州 - http://goo.gl/q6C14V
ウィーン、オーストリア - http://goo.gl/MxrFpb

2013年12月7日
フェニックス、アリゾナ州 - http://goo.gl/NVfESN
ローマ、イタリア - http://goo.gl/OEVdWE

2013年12月14日
サンフランシスコ、カリフォルニア州 - http://goo.gl/Xw9tfD
ブエノスアイレス、アルゼンチン - http://goo.gl/vRBu4j

sntaevwrvvovefji
sgitshgwethoietx
TS/MIGHTY
n(0)
n(1)
n(3)
最高機密経路取扱

社内連絡
キー:LHFZXHRS&^$&#

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
FROM:ジーク・カルビン

xxxxxxxxxxxxx

これは公式の資金請求を記すものですが、手短に私の計画について申し述べさせていただきます。世界中の国際的並びに地域的民兵組織において「秘密結社に関する脅威と機会」の追跡が軽視されていることは承知の上ですが、この会話の主旨として申し上げる13マグナスという集団については私が大いに関心を寄せるものです。

短期間のうちにHUMINTの情報源は複数の秘密結社に内在する、13マグナスと呼ばれる秘密結社についての情報をもたらしました。その直後に、情報提供者は死亡しました。公式には事故とされていましたが、私にとっては疑わしい状況下での死亡でした。彼による報告は当初ありえないとして黙殺されましたが、その後の彼の死亡によって私は彼が残した資料を詳しく調べてみることとなったのです。

情報源は、イシス・カルト、さまざまなローマやギリシャの(エレウシウス派)分派、シャルルマーニュおよびそのルネッサンス(イルミナティ集団、バチカンから出奔したものに習合)、審問官に対立する組織、錬金術師協会、そして(これは資金的なテコ入れによるものと思われるが)米国フリーメーソン組織さえも、13マグナスに関連付けていました。

この奇妙な組織は歴史の中でいくつもの異なる名称や外見の下、分裂や改変を繰り返してきたようなのです。

これについてなされた深刻な学術的研究は存在しておりません。これには何か、国家安全保障に関わる理由があるのでしょうか、あるいは単なる学術的な間隙なのでしょうか?件の情報源によれば、13マグナスはおそらくエジプトの神オシリスの宗教由来とみられる、バー(魂)とカー(精神)を引き出す古代の埋葬法、ミイラ化および呪術に関する知識を保つため編み出された儀式を行っていました。

その情報源が正確であり、その組織が何千年もの間情報を守り、時間をかけて分割と改変を繰り返し、その姿を他の秘密結社(に潜り込んだ、また別の秘密結社?)の中に隠してきたとするなら、それは技術的観点からさらに研究する価値があるだろうと思われます。

また、その実現に手頃な方策も考えています。ヘンリー(ハンク)・ジョンソンという大学院生はこの分野に関心を持っており、優秀な若手として私の同僚より名を挙げられています。高額な予算も、大掛かりなプロジェクトもなく──ひと夏の1日あたり、わずかばかりの給付金と、いくらかの飛行機代。わずか8千ばかりで、すべてが実現します。

何がしかの成果は得られるでしょう。また率直に申し上げて、これら秘密結社に関して事実とフィクションとを分けて考えることは、必ずや価値あるものとなりましょう。

ジーク

1234513421324689235613241356245611345134524561246812346123462456

Secrets.png

Niantic Project
2013/10/24 06:20:55

The beginning of Hank's journey revealed, from the other side.

Previously we came into possession of letters between Ezekiel Calvin, who even then was well versed in the world of the hidden and the strange, and +Hank Johnson, a student unaware of the series of incredible discoveries and adventures that awaited him in the future.

Today's document reveals the other side of that moment. Within a classified, probably unnamed and unnameable Intelligence Agency, Calvin was attempting to leverage Hank in a quest to dig deeper into a particular secret society. One that attached itself like a parasite onto many other secret societies across time, dissolving and reforming, protecting its secrets. Its name, of course, was #13MAGNUS .

How does this document help us in our own quest, here and today, to understand what #13MAGNUS means to all of us as Agents and Investigators? How fiercely protected must their secrets have been that they needed to exist one layer above other societies sworn to secrecy, like the Illuminati? And why now, in this day and age, have the wheels attached to this ancient movement begun to spin?

A passcode to those who enrich our conversation with insights, memories and speculation.

x

*OPERATION #13MAGNUS *

OCTOBER 26, 2013
Seattle, WA (featuring Enoch Dalby) - http://goo.gl/XAhYl1
Kiev, Ukraine - http://goo.gl/yxQczs

NOVEMBER 2, 2013
Atlanta, GA - http://goo.gl/ma2nf6
Madrid, Spain - http://goo.gl/uPhmLV
Mumbai, India - http://goo.gl/10fXb4

NOVEMBER 16, 2013
Dallas, TX - http://goo.gl/q6C14V
Vienna, Austria - http://goo.gl/MxrFpb

DECEMBER 7, 2013
Phoenix, AZ - http://goo.gl/NVfESN
Rome, Italy - http://goo.gl/OEVdWE

DECEMBER 14, 2013
San Francisco, CA - http://goo.gl/Xw9tfD
Buenos Aires, Argentina - http://goo.gl/vRBu4j


sntaevwrvvovefji

sgitshgwethoietx
TS/MIGHTY
n(0)
n(1)
n(3)
HANDLE VIA TOP SECRET CHANNELS
Internal Memorandum
KEY:LHFZXHRS&^$&#

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
FROM: ZEKE CALVIN

xxxxxxxxxxxxx

I'll fill out an official funding request, but let me give you my plan in short strokes. I know that our 'threats and opportunities in Secret Societies' hunt has been short circuited in mundane national and regional militia groups, but I am extremely intrigued by a group that we'll know as 13MAGNUS for the purposes of this conversation.

In short strokes, a Humint source provided information about a secret society within multiple secret societies named 13 MAGNUS. That source died shortly thereafter under circumstances I consider suspicious, although it has been officially deemed an accident. His report was ignored as implausible at the time, but his consequent death led me to examine his material more closely.

The source associated 13MAGNUS with the Isis Cult, various Roman, Greek (of the Eleusinian variety) sects, Charlemagne and the Renaissance (mixed in with Illuminati groups, Vatican Spin-offs), Inquisitorial adversary groups, Alchemist Societies, and even (and this might pry some grant money) United States Masonic organizations.

It seems to be this strange society which splintered and reformed throughout the course of history under numerous different names and guises.

No serious academic research has been done on this topic. Is there some reason for this involving national security, or is this just an Academic lacunae? According to the source, 13 MAGNUS conducted rituals designed to preserve ancient knowledge of embalming, mummification and incantations that invoked the Ba and Ka spirits, possibly indicating origination as a cult of the Egyptian god Osiris.

If the source's intelligence is accurate, and the society has been protecting information on the order of millenia, splintering and reforming across time and hiding itself within other secret societies (a secret society nested in other secret societies?) it seems plausible there may be value to further study from a T/O point of view.

If it is, I think I have an affordable solution. A graduate student named Henry (Hank) Johnson was mentioned by a colleague of mine as a sharp young fellow who has shown interest in this area. It would not be an expensive or a high exposure project-- a small stipend, a few plane flights, and per diem for the summer. Something as small as 8k would get you all the way on this.

Could turn up something. And frankly, it could prove valuable in separating fact from fiction with regard to these secret societies.

Zeke

1234513421324689235613241356245611345134524561246812346123462456

前へ

キャリー・キャンベルを悼んで

次へ

トマス・グレーニアスへの手紙