サーティン・マグナス

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2013/09/28 09:23:41

これは昨日のイングレス・レポートによって明らかにされた文書だ。公開する前に他の情報源による裏付けをしたかったのだ。そしてスザンナの助力により漕ぎつけたというわけだ。

何人もの調査員、特にアンソニー・カスタンザ、オーウェン・ジョンストン、ジャレド・ウェンズ、ソニー・リーらエージェント達(さらにジョナサン・ローマー、ダニエル・ボードウィン、ストリー・レッドショウ他多数のエージェントによる支援)は、この文書のデータおよび昨日イングレス・レポートに現れた情報ストリームの解析に成功し、実際的な仮説を提案してくれた。

日付と場所:これはごく近い将来に訪れる潜在的なアノマリーのリストである。

これを携え、私は検証のため信頼できる情報源に接触した。仮説は裏付けられた。

これは我々の調査コミュニティの働きを元に、より上位の情報源により検証されたXMアノマリーの出現リストである。

2013年10月12日
ロスアンゼルス、カリフォルニア州 - サンノゼ、カリフォルニア州 - バンコク、タイ

2013年10月26日
シアトル、ワシントン州(エノク・ダルビー) - キエフ、ウクライナ

2013年11月2日
アトランタ、ジョージア州 - マドリード、スペイン - ムンバイ、インド

2013年11月16日
ダラス、テキサス州 - ウィーン、オーストリア

2013年12月7日
フェニックス、アリゾナ州 - ローマ、イタリア

2013年12月14日
サンフランシスコ、カリフォルニア州 - ブエノスアイレス、アルゼンチン

また私の情報源によれば、データはこれらがXMアノマリーのプライマリーサイトであることを示しているが、さらなる分析によって二次的な場所が現れる可能性をも示唆していた。

13マグナス:「オペレーション・13マグナスは、マインドハッキングの影響を監視することを使命とする。これはもちろんそのアイデアが人類に悪影響を及ぼしたり脅かすことのないよう、最高レベルのセキュリティをもって実施される」その際には、私はその範囲や経緯を見届けるため、諸君のもとに立ち会う。13マグナスとは何か、あるいは何に関連するのかについての考察があれば、あらゆる議論の提示を歓迎する。

いつものように、パスコードは我々の議論に意義深き貢献をする者たちへ。

カルヴィン、

本来これは共有すべきではありませんが、カサンドラで起きた出来事を鑑みてお知らせしておくべきだと思いました。私にはもはや誰がチーム内部のために動いているのかわかりません。ここはどこもかしこも緑のXMフィールドに覆われています。しかしラングレーは何やら興味深いものに直面しているようです。

レスリー

----
PNZEBRA RPPINSTRIPE
to: AltZebra 調査チームリーダー
From: 調査チーム

下記をご参照ください。我々は衛星からのXMフローデータを予測エンジンにかけていました。データからは有効なパターン予測を得られているようです。校正を行うといくつかの日付が得られます。我々はXMフローの大きな上昇にさらされています。

奇妙なことに、我々がマッチングしたソースパターンはアクセスができなくなっています。「13MAGNUS」という機密コードあるいはプロジェクトに心当たりは?データを見るには、適切な権限を持つ人物を探す必要があります。ラングレーのヒュミント情報源、おそらくは米国市民でしょう。テープから推測するに、ファイルはリトアニア山岳部を示すストレージにありオフライン状態です。20年前のプロジェクトを現在のXM読み取りと関連付けることに意味はありません。検出AIが軌道を外れたのか、あるいは参照すべき興味深い文書があるのでしょうか。

罫線-------------------------------------
XMアクティビティのシミュレーションおよび分析
TSC-DALTON
予測CI: 00.951
実行日時: 57:49:13 23.9.12
パターン一致: ADA 2.15

>sim --i 393120 --o 525599 --gf *
: データセット: {393120-525599}&[GLOBAL]
: 処理中...
: 失敗 - OOB エラー at 408960
: 失敗 - OOB エラー at 429120
: 失敗 - OOB エラー at 439200
: 失敗 - OOB エラー at 459360
: 失敗 - OOB エラー at 489600
: 失敗 - OOB エラー at 501120
: シミュレーションエラー - オムニボアは重大な問題を検出
: エラーコード= アクセス不能('13MAGNUS'); エラーコード= アクセス不能('13MAGNUS'); エラーコード= アクセス不能('13MAGNUS');
......
エラーコード= アクセス不能('13MAGNUS');

pac-IB-10-item-13MAGNUS.png

Niantic Project
2013/09/28 09:23:41

Here is the document that was revealed by the #IngressReport yesterday. I wanted it to be verified by a few additional sources before releasing it, and thanks to Susanna's help, that has now happened.

A number of Investigators, in particular Agents +Anthony Castanza, +Owen Johnston, +Jaredo Wens and +Sonny Lee (with the assistance of many other agents, including +Jonathan Roemer, +Daniel Beaudoin and +Storey Redshaw) were able to analyze the data from this document as well as an information stream injected into yesterday's Ingress Report and propose a working hypothesis:

Dates and Locations: A list of potential anomalies that might be coming in the very near future.

Armed with this theory, I approached a number of trusted sources for verification. The hypothesis was correct.

Here is a list of Emergent XM Anomalies based on the work of our Investigative community and verified by highly-placed Intelligence sources:

OCTOBER 12, 2013
Los Angeles, CA - San Jose, CA - Bangkok, Thailand

OCTOBER 26, 2013
Seattle, WA - Kiev, Ukraine

NOVEMBER 2, 2013
Atlanta, GA - Madrid, Spain - Mumbai, India

NOVEMBER 16, 2013
Dallas, TX - Vienna, Austria

DECEMBER 7, 2013
Phoenix, AZ - Rome, Italy

DECEMBER 14, 2013
San Francisco, CA - Buenos Aires, Argentina

My sources also indicated that while the data suggests that these sites represent Primary manifestations of an XM anomaly, secondary locations may emerge as the data is analyzed more deeply.

#13MAGNUS: "The mission of 13MAGNUS is to monitor the effects of mindhacking Obviously, this will be done with the highest of security to make sure that the ideas do not contaminate or threaten humanity..." I'm where you are when it comes to understanding what the scope or history of this is. If you have speculation as to what #13MAGNUS is or might be connected to, I welcome all ideas to the discussion.

A passcode, as always, to those who contribute meaningfully to our discussion.


Calvin,

I shouldn't be sharing this but given everything that happened with CASSANDRA you should be aware of this. I no longer know who's playing for out team internally. There are green XM fields everywhere here. But it looks like Langley may be sitting on something interesting.

Leslie

----
PNZEBRA RPPINSTRIPE
to: AltZebra Research Team Leads
From: Research Team

Please see below. We have been running the satellite XM flow data through our prediction engine. We seem to be getting a valid pattern prediction out of the data. Once we calibrate we'll have some dates. We are in for a major uptick in XM flow.

The odd thing is the source pattern we are matching is not accessible. Anyone aware of '13MAGNUS' classification or project name? Need to find someone with the right ticket to get a look at that data. May be a Langley HUMINT source, probably US citizen. The file is offline at the Pinnacles LT storage location, I'm guessing on tape. It makes no sense that a 20 year old project would be correlated to current XM readings. Either the detection AI is off the rails or there is a very interesting document out there we should take a look at.

Tearline---------------------------------------
XM Activity Simulation and Analysis
TSC-DALTON
Prediction CI: 00.951
Runtime: 57:49:13 23.9.12
Pattern Matcher: ADA 2.15

>sim --i 393120 --o 525599 --gf *
: Data set: {393120-525599}&[GLOBAL]
: processing...
: FAILURE - OOB ERROR at 408960
: FAILURE - OOB ERROR at 429120
: FAILURE - OOB ERROR at 439200
: FAILURE - OOB ERROR at 459360
: FAILURE - OOB ERROR at 489600
: FAILURE - OOB ERROR at 501120
: SIMULATION ERROR - OMNIVORE ENCOUNTERED A CATASTROPHIC FAILURE
: ERROR CODE= MISSINGACCESS('13MAGNUS'); ERROR CODE= MISSINGACCESS('13MAGNUS'); ERROR CODE= MISSINGACCESS('13MAGNUS');
......
ERROR CODE= MISSINGACCESS('13MAGNUS');

前へ

明確な答え

次へ

また会う時まで