コントロール(3)

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2013/09/12 12:16:27

オペレーション・カサンドラ中のニューヨークで撮影された、デヴラ・ボグダノヴィッチとハンク・ジョンソンの最後の映像が届いた。何らか私の疑問に答えるものを期待していたのであるが、そこで語られていた事が意味する驚異的なものにただ圧倒されるばかりであった。

この新たな情報を的確に位置づけるためには、この東欧(ロシア?)のオペレーターが言っていることを理解する必要があると、依然私は確信している。
しかしそれを抜きにしても、もしもデヴラが言っていることが真実であれば、それはシェイパーやXM、ポータル、そしてイングレス・エージェントとしての我々自身の行動に対する理解を大幅に変えるものである。

いつものように、パスコードは我々の議論に意義深き貢献をする者たちへ。


デヴラとハンク・ニューヨークにて・パート3

デヴラ: 大量投与された被験者の一部は、ひどい結果になったわ。彼ら自身にとってひどいことに、そして中には...テストルームを脱走して、そして...

ハンク: ...他の誰かを害した。ホリスのようにね、わかるよ。反応は個体の何らかに依存する。

デヴラ: それだけじゃないの。XM信号も変わった、被験者によって。それが何であれ、信号を送っているのは「何か」じゃなくて「誰か」なのよ。それらのメッセージが私達に向けられたものなのか、まだ確信はできてない。

ハンク: 互いに会話していたかも知れない?

デヴラ: おそらく複数の存在がいるわ、ハンク。もしかしたら文明すらひとつではない。そのどれもがXMを用いてコミュニケートしているのかも。それはわからない。でもその一部は非常に、非常に危険なものよ。

ハンク: デヴラ聞いてくれ、大きな変化が起こらない限り、我々の世界は破滅への一途をたどる。XMはそれを変えられるかも知れない。我々を救うかも知れないんだ。

デヴラ: あるいは私達を滅ぼす。ハンク、私達はそれを止めなければならない。

Niantic Project
2013/09/12 12:16:27

The final piece of +Devra Bogdanovich and +Hank Johnson's New York meeting during Operation #Cassandra falls into place. I was hoping for answers, instead, I'm left overwhelmed by the staggering implications of what is said.

I continue to remain convinced that we must understand what the Eastern European (Russian?) Operator is saying if we are to frame this new information correctly, but even without that piece in place, if what Devra is saying is true, it changes our understanding of the Shapers, of XM and the Portals, and of our own actions as +Ingress Agents tremendously. I will leave it to you all to reach the conclusions I have arrived at in our discussion today on your own terms.

A passcode to those who thoughtfully contribute to our discussion, as always.


Devra / Hank
NYC
Part 3

Devra: Some of the high dose subjects did bad things. Bad things to themselves, and in one case... Someone escaped the test room, and, well...

Hank: ...they did bad things to someone else. Like Hollis, I know. The response is somehow based on the individual.

Devra: Not just that. The XM signal changed, too, based on the test subject. Whatever is out there, sending those signals, it's not an 'it,' it's a 'them.' I'm not even sure these messages are intended for us.

Hank: They could be talking to each other?

Devra: I think there may be multiple entities out there, Hank. Perhaps even multiple civilizations, all using XM to communicate. We don't know. But some of those messages are very, very dangerous.

Hank: Look Dev, our world is on a crash course for disaster unless something big changes. XM could be the thing that changes that. It could save us.

Devra: Or destroy us. Hank, we have to turn it off.

前へ

コントロール(2)

次へ

ほとんど