シカゴのキャリー・キャンベル

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2013/09/03 17:58:35

私はシカゴにおいてオペレーション・カサンドラの期間、アノマリーにおけるエージェントやインベスティゲイターらの活動を収めるためカメラマンを伴っていた。

街を去る前にキャリーに連絡を試み、彼女に束の間会うことができた。彼女ははっきりと会話ができないほど混乱しており、何か心の中に見たもののせいで突然のパニックに襲われていた。

シカゴから戻り、我々は収集した資料を確認した。大部分は問題がなかった。数日前に私が共有したキャリーの画像はいくらか破損しており、グリフのようなものがフレームに写り込んでいた。動画はひどく歪み、その一部は損失していた。

数日にわたるメモリーカードとの格闘の末、わが友人により復旧されたのが、本日諸君が目にしているものである。万一のことがあった場合、これは存命中のキャリー・キャンベルをとらえた最後の瞬間となるかも知れない。

彼女は「サウンド・グリフ」という何ものかについて再三言及し、それは耳にすることで人間を「変える」と言っている。私には彼女が言っている意味がはっきりとはわからなかった。それはポータルから出現したカサンドラ・シグナルのことであるのか、あるいは全く別のなにかであるのか。視覚的なグリフが人間の言語回路を介さずに直接精神に働きかける事が可能なのであれば、聴覚的なグリフもまた同様の事が可能であると考えられる。

昨日、私はグリフが持つ価値、そしてそれがなぜ脅威となりうるのかについて問いかけた。本日尋ねたいことは、それらはいかにして我々の歴史の中に存在してきたのかということだ。例を挙げるなら、ミネソタのオペレーション・ミノタウロが発生したサイト付近で発見された、バイキングのルーン石碑である。その真偽はなお議論されているところであるが、ルーン文字と既知のグリフとの類似点は顕著である。同じことはヒエログリフについても言える。我々のシェイパー・グリフに関する知識は限られているが、我々の日常的な記号・言語システムの中に姿を変えて存在するそれらは、歴史上あるいは現代のどこに見出すことができるだろうか?そして、それは何を意味するのか?

いつものように、パスコードは我々の議論に意義深き貢献をする者たちへ。

キャリー・キャンベル、シカゴ

P.A.:
彼女が落ち合おうと指定した橋に来ている。彼女が連絡をとろうとしてきたのは3回目だ。彼女はひどく怯えていた、だから今回ここに彼女が現れるかどうかはわからない。

キャリー:
こんにちは。

P.A.:
大丈夫?

キャリー:
ええ。

P.A.:
ほんとに?

キャリー:
大丈夫。大丈夫。

P.A.:
大丈夫?

キャリー:
グリフを集めないように伝えなくちゃならないの。それから...警告して...ポータルから今度はサウンド・グリフが現れる。もし誰かがサウンド・グリフを全て聞いてしまったら、変化は始まってしまうでしょう。そうしたら...もう...自分自身ではいられなくなる。

P.A.:
いつそんなことが?

キャリー:
今よ。

P.A.:
なぜ君はそれを?

キャリー:
ただわかるの。だからお願い...あなたの助けが必要なのよ。

Niantic Project
2013/09/03 17:58:35

I had a camera person with me in Chicago during Operation #Cassandra, there to document the activities of Agents and Investigators on the ground during the Anomaly.

Just before I left the city, I tried to make contact with Carrie. We met, briefly. She was troubled, not communicating clearly and left suddenly in a panic brought on by something she saw in her mind alone.

When we returned from Chicago, we attempted to view the material we had gathered, and for the most part they were fine. The images of Carrie that I shared with you a few days ago had minor damage, what appeared to be Glyphs erupting into the frame. The video was much more severely distorted, and a portion of it was lost.

After days working with the memory card, my friend was able to recover what you see here today. If the worst has happened, these may be the final moments anyone saw Carrie Campbell alive.

She repeatedly mentions something called a 'Sound Glyph,' and that hearing it makes people 'change.' I don't have full clarity on what she meant, it could mean the Cassandra Signal that emerged from the Portal, or it could be something else entirely. It does make sense that if a Visual Glyph can bypass our linguistic circuits and interact with the mind directly, an Auditory Glyph would be able to do the same.

I asked yesterday about the value the Glyphs might have, and why they may represent a threat. Today I am interested in how they may have been a part of our history across time. A Viking Runestone, for example, was discovered near the site of Operation #Minotaur in Minnesota. Although its authenticity is debated, the similarity between the runes and certain known Glyphs is remarkable. The same could be said for Hieroglyphs. Although our knowledge of the Shaper Glyphs is limited, where in history and modern times can we find them mutated and present in our everyday systems of signs and language? And what does this mean?

A passcode, as always, to those who contribute meaningfully in our discussion.


CARRRIE CAMPBELL,Chicago

P.A.:
This is the bridge she wants to meet us at. This is the third time she's tried to make contact. She's been pretty skittish. So, I don't know if she's actually going to show up this time.

CARRIE:
Hello.

P.A.:
Are you all right?

CARRIE:
Yeah.

P.A.:
You sure?

CARRIE:
Yeah. Yeah.

P.A.:
Are you okay?

CARRIE:
You need to tell people not to put the glyphs together. And you need tell people... warn them about... There's a new sound glyph that's coming through the Portals. If somebody listens to the entire sound glyph, they may already begin to change. They, um... aren't... They're not gonna be themselves.

P.A.:
When is this happening?

CARRIE:
Now.

P.A.:
How do you know this?

CARRIE:
I just know. And I need you to, um... I need a really big favor from you.

前へ

ありふれたイメージ

次へ

脅威