ありふれたイメージ

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2013/09/01 15:10:21

ユーリ・アラリック・ナガッサ博士とスタイン・ライトマン博士の会話を記録した、ヒューロン・トランスグローバルの漏洩文書だ。

少し前にポータルから現れた信号は「自己破壊コード」だと広く考えられているグリフのパターンを含んでいた、というのが現在の説である。それが文明に対して拡散されると自己破壊を引き起こし、最終的に他の文明に取って代わることになる。馬鹿げた話だが、ハンク・ジョンソンのような立場からは、カホキアのような突然に未だ解明されていない終焉を迎えた文明と関連づけて考えられている。

私自身もそう考えている。おなじみのクラークの第三法則だ。殊に木曜日に見たクルーの動画以来、私はグリフの力が個人に影響しうることに疑念はない。そして文明とは、個人の集合ではなかろうか?

このところのキャリー・キャンベルはトラブルに巻き込まれ、仕事に深く没頭している(いた?)が、彼女は明らかに「何か」を探している。彼女はハンク・ジョンソンとの会話の中で、自身の任務の重大さに気づいていた。私がシカゴで会った際には、彼女はかろうじて、いくらかの...正気を保っていた。世界の重圧をその肩に負いながら。

これらはすべて大きな疑問へと繋がる:キャリーはどこにいるのか、彼女は無事なのか?彼女はアンサー・コードを見つけることができたのか?できていたとして、我々はいかにしてそれを知ることができるのか。彼女がもし...既に帰らぬのであれば。その答えは知る由もないが、諸君の考えを聞かせてほしい。いつものように、パスコードは我々の議論に意義深き貢献をする者たちへ。

ヒューロン・トランスグローバル

電子情報傍受報告
FILE ID:EEMEMMKKEMKEMIKCKIMEECEKEQMM

出典:非公表
監視対象:公開ネットワーク調査
現状:ナガッサ博士、ユーリ・アラリック(元ナイアンティック研究者)
ライトマン博士、スタイン(元ナイアンティック研究者)
情報形態:通話傍受

##記録開始

ナガッサ: アナズクテックが妙な動きをしている。怯えている。燃える月の話をしている。

ライトマン: うむ、ありふれたイメージだね。まやかしの悪の勝利だ。

ナガッサ: 彼らは怯えている。地上と地の底とでそれは起きていると。

ライトマン: カホキアと周辺の地下都市のことを言っているように聞こえるが。

ナガッサ: 彼らは終末を見ている...

ライトマン: 彼らは自分たちを滅ぼすグリフを見ている。彼らは自己破壊コードを阻止するグリフを持たない。

ナガッサ: では誰が?

ライトマン: 唯一、それを阻止できた文明を知るのみだ。

ナガッサ: ソロモン、シバか?

ライトマン: ハンクが何か知っているだろう。

ナガッサ: キャリーがそれを解明するかも知れない。

ライトマン: 文明の行末はキャリー・キャンベルにかかっている。

ナガッサ: 楽観的とは言い難いね。

##記録終了

ヒューロン
トランスグローバル・インダストリー

pac-IB-09-item-Familiar.png

Niantic Project
2013/09/01 15:10:21

A leaked Hulong Transglobal document captured this conversation between Drs. +Yuri Alaric Nagassa and +Stein Lightman.

The current theory is that the Signal that emerged from the Portals some time ago contained what is widely believed to be a 'Self-Destruct code,' a pattern of Glyphs that, when disseminated through a civilization, causes it to begin to destroy itself and eventually be replaced by another civilization. It's a crazy theory, but one that people like +Hank Johnson think led to the sudden and not fully understood demise of civilizations like Cahokia.

Myself, I believe it. It's Clarke's Third Law all over again. Especially after seeing the video of +Klue S. on Thursday, I have no doubt of the power the Glyphs can exert upon an individual, and what's a civilization but a collection of individuals?

+Carrie Campbell has (had?) in recent days been troubled, deeply immersed in her work, but clearly in search of 'something.' A conversation between her and +Hank Johnson revealed that she was aware of the magnitude of her work. When we spoke in Chicago, she was at times barely lucid... fragmented and carrying the weight of the world on her shoulders.

It all leads to the big question: Where is Carrie, and is she OK? Did she succeed in finding the answer code? Even if she did, how will we find it if she's... no longer among us. I don't know the answer, but I welcome your theories. A passcode, as always, for thoughtful contribution to our discussion.


Hulong
Electronic Intelligence Intercept Report
FILE ID:EEMEMMKKEMKEMIKCKIMEECEKEQMM

Source:Withheld
Surveillance Target: Open Network Survey
Present: Dr. Nagassa, Yuri Alaric (Former Niantic Researcher)
Dr. Lightman, Stein (Former Niantic Researcher)
E-Int Form:Telephone Call Intercept

##BEGIN TRANSCRIPT

NAGASSA: The Anazktec are acting very strange. Scared. They are talking about the burning moon.

LIGHTMAN: Yeah. Familiar imagery. The triumph of evil through deception.

NAGASSA: They're scared. They say this happened in the plain and under the earth.

LIGHTMAN: Sounds like they're talking about Cahokia and the underground city near there.

NAGASSA: They're seeing the end....

LIGHTMAN: They are seeing the glyphs that killed them. They don't have the glyphs to stop the self-destruct code.

NAGASSA: Who would?

LIGHTMAN: We only know of one civilization that stopped it..

NAGASSA: Solomon and Sheba?

LIGHTMAN: So Hank would have the info.

NAGASSA: But Carrie would have to decode it.

LIGHTMAN: So the fate of civilization rests on Carrie Campbell.

NAGASSA: Not a comforting thought.

##END TRANSCRIPT

HULONG
TRANSGLOBAL INDUSTRIES, Corp.

前へ

マインド・アイ

次へ

タシット・ナレッジ