イングレスレポート:カサンドラ・ファイナル

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2013/08/30 03:51:15

今週のイングレス・レポートで、スザンナ・モイヤーはニューヨークからオペレーション・カサンドラの最後の瞬間を報告している。


カサンドラ・ファイナル イングレス・レポート EP23

(5分26秒より)

スザンナ:
こうしてオペレーション・カサンドラは終局を迎えたのですが、これにはどんな意味があったのでしょうか?エンライテンドが制した都市は、エンライテンドやシェイパーからどのような影響を受けるのでしょうか?

私がそれに答えることはできませんが、重要人物、ナイアンティック計画の中心人物であった、ハンク・ジョンソンとデヴラ・ボグダノヴィッチのお二人に話を伺うことができました。

**

ハンク:
エキゾチック・マターは、万人に異なった影響を与えると僕は考えている。多くの人はそこからポジティブな影響を受ける。またそれは一部の人の精神を弱め、危険で深刻なダメージを受ける可能性もある。

スザンナ:
XMが研究員らによって解放されたあの夜、あなたはローランド・ジャービスとともに逃亡し、複数の情報筋によれば彼が射殺される直前に別れていますね。

彼は...ポータルから再び姿を現したように思われます。つまり、ローランド・ジャービスとは一体何者なのでしょうか?

デヴラ:
ええ、スザンナ。私はローランド・ジャービスをよく知っています。彼は華麗で、魅力的で、クリエイティブな人物でした。でもその人物は死んだのです。
今現れているのが何なのか、私には上手く説明できません。彼はまるで、XMのスクリーンに映し出されたかのようです。本当のローランドは、そのどこかに一部存在するのかも知れない。しかし私がポータルについて見てきたこと、人々をそそのかし、形作ろうとしたことを思えば...あれは人間ではありません。

スザンナ:
では今の彼は何だと?

ハンク:
悪そのもの。ローランド・ジャービスは悪そのものだ。だがそれは、すべてのXMが悪いものだという意味ではない。

スザンナ:
グリフについて聞かせてください。私の番組は2度にわたりハッキングされました。これらのグリフは、人間の精神にとって危険なものでしょうか?視聴者は警戒するべきでしょうか?

ハンク:
グリフそのものは善でも悪でもない。それは人類とのコミュニケーションの具現であり、何千年もの間続いてきた、我々の種の間でなされた対話であり、我々に多くをもたらすものでもある。

スザンナ:
グリフは言葉なのですか?

ハンク:
言葉以上のものだ。それは...それは我々の精神に対するプログラミング言語のようなものだ。

デヴラ:
プログラムは悪にもなり得るわ。私はグリフが何をなし得るか見てきました。それは...人々に対して...自己破壊コードになり得る。

スザンナ:
ハンク、グリフは危険なものなのですか?

ハンク:
グリフはあらゆる文明を築いた。そして...そうだね、あらゆる文明を滅ぼしもした。

スザンナ:
出現しているグリフは...一種の文明に対する自己破壊コードであると?それはつまり、私達が口にしただけで、現代文明を破滅へ追いやるかも知れないと?

ハンク:
すべてのXMが悪だというわけではないよ。すべてのグリフが悪というわけでもない。研究を進めれば、それらが伝えようとしている事は理解できるだろう。グリフは知識を秘めている。それは我々をより良い未来へ導くことができる。

デヴラ:
聞いて、私はナイアンティック計画を招集しました。XMの重要性は認識しています。でも...私はその結果をこの目で見たのです。このパンドラの匣を封じることができるのかどうかはわかりませんが、やってみなければ──

{我が名はローランド・ジャービス}

{カサンドラのビジョンは明らかである}

{レジスタンスの時代は終わりを告げた}

{そしてエンライテンドの時代が始まる}

{光を受け入れよ!}

Niantic Project
2013/08/30 03:51:15

On the #IngressReport this week, Susanna Moyer reports on final moments of Operation #Cassandra from New York.


#Cassandra - The Finale
INGRESS REPORT - EP23

SUSANNA:
Now that the events of Operation Cassandra are over, what does it all mean? What influence will the Enlightened and the Shapers bring to the cities they've claimed?

I don't have all the answers, but I did sit down with two of the most important people at the center of the Niantic Project, Hank Johnson and Devra Bogdonavich.

**

HANK:
I believe that Exotic Matter affects everyone differently. It can have positive effects on many individuals. It can also weaken the minds of some, and bring out dangerous and deep-rooted flaws.

SUSANNA:
On the night XM was unleashed on lab members, you escaped with Roland Jarvis and, based on multiple public accounts, parted company with him shortly before he was shot.

It seem he can... just reappear at Portals. I mean, who or what is Roland Jarvis?

DEVRA:
Yeah, Susanna. I knew Roland Jarvis well. He was a brilliant, charming, creative man. But that man is dead.
What lives on, I cannot fully explain. He seems to have been mirrored in the XM fabric. There may be parts of the real Roland in there somewhere. But the thing that I have seen in Portals, the thing that attempted to seduce you, to shape you... that is no man.

SUSANNA:
What is he now?

HANK:
Pure evil. Roland Jarvis is pure evil. But that doesn't mean all XM is bad.

SUSANNA:
I'd like to discuss glyphs. My show has been hacked twice now. Are these glyphs dangerous to our minds? Should my audience be afraid?

HANK:
Glyphs are neither good nor evil. They are the embodiment of a communication with mankind, a dialogue that's been going on for thousands of years, a dialogue between our species, and one that has an awful lot to teach us.

SUSANNA:
So glyphs are words?

HANK:
Glyphs are more than words. They're like a... they're like a programming language for our minds.

DEVRA:
And programs can be bad. I've seen what glyphs can do. They can be... self-destruct codes... for people.

SUSANNA:
Hank, are glyphs dangerous?

HANK:
Glyphs have created entire civilizations, and, yes... Glyphs have also destroyed entire civilizations.

SUSANNA:
You're saying that the glyphs that are out there... have some sort of self-destruct code for a civilization? That they could, even as we speak, be driving the modern world to extinction?

HANK:
Not all XM is bad. Not all glyphs are bad. If we work hard, then we can understand what they're communicating to us. Glyphs, the knowledge they contain, they can lead us to a better future.

DEVRA:
Look, I organized the Niantic Project. I appreciate the significance of XM. But... I've witnessed the results. I don't know if we can close this Pandora's box, but we have to try--

{my name is roland jarvis}

{Cassandra's vision is clear}

{the Age of Resistance has ended}

{and the Era of Enlightenment has begun}

{Embrace the light!}

前へ

カサンドラ:エンライテンド勝利

次へ

グリフ・シーケンス