二重盲検の提案

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2013/07/22 11:51:13

ナイアンティック計画の間にキャリー・キャンベルによって提示された研究提案書の下書き、その1枚を入手できた。ここからわかることは、キャリーがナイアンティックでこの仕事を成し遂げることはできなかったこと、そして我々が未だその結果を知りえない、彼女の最近のハンブルグでの活動へと繋がる多くの下地が既にあったことだ。

殊に昨日のジャーナル・ページへの大きな反響の後では、このワクワクする未知の領域を引き続き探求することを私は楽しみにしている。刮目せよ。我々は何か大きな、おそらく歴史上人類が経験してきたものよりも大きなものへの最前線にいる。この重要な瞬間に、諸君らと共に立ち会えるのは光栄なことである。

提供者からは本日新たなページが送られてきた。キャリーからのコメントは未だ...私はすぐにこれを調査して、諸君に共有するつもりだ。

本日の私からの質問は、この文書で使用されている言葉の一部に焦点を当てている...(いつものように、パスコードは意義深き貢献をする者たちへ)。

この文書は部分的に塗りつぶされているが、キャリーはこれらのグリフが現代で発生したものではなく、むしろ人類の歴史上の遺産ではないかと明言している。諸君はどう考える?それが如何にして行われたにせよ、XMが今日だけでなく我々の進化の過程にわたって文明に影響を及ぼしてきたなどと考えられるだろうか?

さらに:
ジャーナル・ページ#1:http://goo.gl/U8ojW
ダブル・ブラインド:https://ingress.lycaeum.net/2013/07/20130703-095128-pac.html
ダイヤルトーン:http://goo.gl/U7Gz42

フェリシア・ハジラ=リーの小説「The Niantic Project:Ingress」は、Google Play( https://play.google.com/store/books/details?id=BKE4MsCPlX8C )とAmazon e-bookストア( http://www.amazon.com/The-Niantic-Project-Ingress-ebook/dp/B00CTSZQ9Q )にて。
#NianticProjectIngress

最高機密/YOZERCH-EFTVUSG/VAPIORI
NP/IRLFFUE-FPUT
(下書き)
ナイアンティック

最高機密
---------
人体に対するシェイパー・シンボルの影響に関する二重盲検の提案

研究者:キャリー・キャンベル博士

研究所 : CERN内ナイアンティック計画
研究タイプ : 観察
研究設計 : 割当:無作為
遮蔽:二重盲検
所要時間見積:見込み

提案内容:
いわゆる「シェイパー」は、プロジェクトによって検出された変調XMの規則的なデータの送信、(検閲)など、(検閲)ですが、それは必ずしも人間にとって、ユニバーサル・ランゲージだと考えうるものによるとは限らないと考えています。

この言語は私の主な研究テーマである視覚的シンボルを介して理解が可能であり、これはエノク・ダルビーの研究テーマである聴覚信号、スタイン・ライトマンの人格アーキタイプも同様です。ダルビー、ライトマン両氏には彼らの成果を提示することを申し伝えますが、我々3名が同様の刺激応答現象をそれぞれに発見していること、また我々の研究は相互に補完し合うものだと考えられるというだけで充分でありましょう。

さらに、人類の起源より(検閲)であったと私は考えています。グリフは、ここでその理由について詳しくは述べませんが、予測される特定の思考や行動の引き金となる「ロック解除」としての特徴が見られ、私の研究の焦点となっています。これらのグリフは、人類の歴史を通して特定の視覚的パターンとして発見される可能性があります。これらのアンロックは人類の文明において、またそのパターンの記述を通して自然に進化していったものなのか、あるいは長期間のXM被曝による何らかの形で「植え付けられた」ものであるのか、それについてはこの研究の範疇外となります。ですがこれはハンク・ジョンソンが既に広範囲の現地調査を行っているとみられる領域です。

この研究のために、(検閲)監視中に私が着目したグリフパターンのセットに対する曝露テストを提案します。
---------------------------
最高機密/シュレッダー処分のみ

study.png

Niantic Project
2013/07/22 11:51:13

I was able to uncover this discarded top-sheet draft of a research proposal +Carrie Campbell prepared while at the #NianticProject . My understanding is that while she was unable to complete this work while at Niantic, she laid much of the framework that led to her recent work in Hamburg, the results of which we have not yet been able to gain access to.

Especially after the powerful reaction to yesterday's journal page, I am looking forward to continuing to explore this unfamiliar and exciting new territory. Mark my words, we are at the cusp of something big, perhaps something bigger than humanity has experienced in many generations. It's a privilege being here at this pivotal moment with you all.

The server sent me another page today, still no word from Carrie... I'm examining it right now, and will share it with you all shortly.

My question for today focuses in on some of the language used in today's document... (as usual, a passcode for those who contribute thoughtfully).

Although the document is partially redacted, Carrie posits that somehow these Glyphs may not be a modern occurrence, but rather an artifact of Humanity's history. What is your take on this? Do you believe that XM may have affected civilization not only today, but across our evolution, and in what way might that have occurred?

More:
Journal Page #1: http://goo.gl/U8ojW
Double Blind: http://goo.gl/mrhgW
Dialtone: http://goo.gl/U7Gz42

+Felicia Hajra-Lee's novel, The Niantic Project: Ingress, is available on Google Play ( https://play.google.com/store/books/details?id=BKE4MsCPlX8C ) and in the Amazon e-book store ( http://www.amazon.com/The-Niantic-Project-Ingress-ebook/dp/B00CTSZQ9Q ). #NianticProjectIngress


TS/YOZERCH-EFTVUSG/VAPIORI
NP/IRLFFUE-FPUT

DRAFT

NIANTIC
TOP SECRET
---------

Proposal for Double-Blind Trial of the Effects of Shaper Symbols on Humans

INVESTIGATOR: Carrie Campbell, Ph.D.

STUDY LOCATION: Niantic Project CERN
STUDY TYPE: Observational
STUDY DESIGN: Allocation: Randomized
Masking: Double-Blind
Time Perspective: Prospective

PROPOSAL:
It is my hypothesis that the so-colled "Shapers," [REDACTED] XM modulated order data transmissions detected by the Project, [REDACTED] such as, but not necessarily limited to, human beings, through what we can think of as a "universal language."

This language seems to be accessible via visual symbols (the primary focus of my research), as well as certain auditory signals (see work by Enoch Dalby) and personality archetypes (see work by Stein Lightman). I will leave Mr. Dalby and Mr. Lightman to present their own findings, but suffice it to say that the three of us have independently detected similar stimulus-response phenomena and believe our work is mutually reinforcing.

Further, it is my hypothesis that [REDACTED] , since the beginning of humankind. The glyphs that have, for reasons that I will not detail here, become the focus of my study, appear to focus as "unlocks," triggering certain predictable thoughts and behaviors. These glyphs can be found throughout human history in certain visual patterns. Whether these unlocks evolved naturally in human civilizations and writing patterns or whether they were perhaps in some way "planted" by long periods of XM exposure, is beyond the scope of this study. However, this is an area where Hank Johnson has apparently already been doing extensive field research.

For the study, I propose to expose test subjects to a set of the glyph patterns which have come to my attention while monitoring [REDACTED]
---------------------------
TOP SECRET/SECURE SHREDDERS ONLY

前へ

クロスプレインズのグリフ

次へ

可能性