公開書簡

nianticglowsナイアンティック計画
2013/07/15 06:53:26
本日のことだ、おそらくはヴィスル・テクノロジー社に対するイメージ戦略なのだろうが、デヴラ・ボグダノヴィッチが公開書簡を出した。

説得力ある声明ではあるが、結局のところは言葉では真実味がない。人間性や価値観は行動を以て示すしかないのだ。ヴィスルがエキゾチックマターをどのように人類のため活用するかはまだ分かるものではない。

ロンドン・エンライテンドとはグリフの高解像度スキャンデータの提供に合意を得た。受け取り次第、諸君にも開示しよう。オペレーション・ヴォイニッチで現地に何が起きたかはっきりとした情報が得られたわけではないが、噂によると(a)「ハンドオフが発生し、キャリー・キャンベルがハンブルク・エンライテンドの構成員とパッケージの交換を行った可能性がある。」(b)「ハンブルク・エンライテンドはロンドン・エンライテンドとこのパッケージの運搬と調査に関して調整を図った可能性がある。」とのことだ。

今のところのこの件で様々な噂が回っているわけだが、状況の変化に応じた投稿を引き続き注視していくとしよう。

本日の問い掛けといこうか。

三大企業のイメージ戦略を取り上げたわけだが、ヒューロン・トランスグローバル社は善悪いずれであろうか。また、デヴラの主張がヴィスルにとって本当の狙いなのだと諸君は信じるかね?

本日の議論で説得力ある意見を述べた諸君には私が個人的に確保してあるパスコードを提供しよう。

公開書簡
ヴィスル・テクノロジー社

デヴラ・ボグダノヴィッチからの公開書簡

エキゾチックマターとは現実のものです。常に存在し続け、いつまでもそうあり続けることでしょう。私はそれを誰よりも早くに気づいていました。だからこそ私はナイアンティック計画における主任研究員に選ばれたのです。

ナイアンティック計画で次元間交信を研究し、私は人類と他の存在との間に交わされるプロセスとその内容にのみ関心があることを自覚しました。その結果引き起こされることには何ら関心がなかったのです。

私はエックスエムとエックスエム信号で暗号化された交信の発見に携われたことを誇りに思っていましたが、やがてその後援者に失望の念を抱くこととなりました。国家情報局とナイアンティック計画はアメリカ合衆国における軍産複合体の駒に過ぎないことが明らかとなったのです。エックスエムに秘められた可能性に科学的探究なんて求めてはいなかったということです。私たちの検出したエックスエム信号を送り込んだ「シェイパー」とも呼ばれる未知の知性体の危険性や価値を探究しようとはしていなかったのです。

国家情報局やIQテック、ヒューロンといった民間企業がエックスエムを兵器転用しようと考えていることは明白でしょう。エキゾチックマターの意義や真の可能性を理解しようとする以前に、彼等は戦争の準備を進めているのです。彼等は科学を目的とはしておらず、地政学的優位性や政治的支配、さらに抑圧することさえ厭わぬことを目指しているのです。私はその一端を担うことに耐えることができませんでした。

ヴィスルとイリヤ・ペフツォフ氏は戦争を望んではいません。エックスエムが人類に危険をもたらす可能性があることは事実ですが、いまだ断定することはできません。ヴィスルでは有益性を模索しつつ、その疑問にお答えする所存です。

エックスエムを安全に活用できるのであれば、ヴィスルはエックスエムを用いて人類最大の課題を解消する科学的革新を推進させていきたいと考えています。世界では8人に1人が慢性的な栄養失調に苦しんでいます。カロリー摂取量を増大させるには新たな遺伝子組み換え作物が必要となっています。それと同じ規模の人々が汚染されていない水を活用できぬまま毎年数千万もの人々が水に起因した感染症で命を落としています。最先端の浄水技術で克服することができるでしょう。私たちの誰もが化石燃料問題と二酸化炭素水準の上昇、地球温暖化に気づいています。効率的で大規模な環境に配慮されたエネルギーが切実に求められているのです。

ヴィスルではエックスエムを活用し、このような課題に取り組んでいきたいと考えており、私はその取り組みに参画できたことを誇りに思っています。エキゾチックマターの可能性を探究するため是非ともご支援ください。

デヴラ・ボグダノヴィッチ
2013年07月12日

DevraLetter.png

Niantic Project
2013/07/15 06:53:26(Google+)
Today, +Devra Bogdanovich shared this letter openly, probably as an attempt to soften +Visur Technology's public image. It's a compelling statement, but ultimately, words are hollow and actions define your character and values. It remains to be seen how Visur will attempt to use their knowledge of Exotic Matter for the good of Humanity.

I have received confirmation from the London Enlightened that they will provide high-resolution scans of The Glyphs and will share them as I receive them. I have yet to receive solid intel on what went down on the ground at Operation #Voynich , but backchatter rumors indicate that a) A handoff occurred, +Carrie Campbell may have exchanged a package with a member of the Hamburg Enlightened. b) The Hamburg Enlightened may be coordinating movement and study of this package with the London Enlightened.

Much is in the wind on this topic for now, but I will remain vigilant in keeping you posted as things develop.

My question for the day:

Since we are on the topic of corporations attempting to soften their public image, is +Hulong Transglobal good or evil, and do you believe what Devra claims as Visur's true agenda?

I will share a passcode from my private stash to all who contribute compelling thoughts to our conversation today.

More:
The Shaper Glyphs Package: http://goo.gl/oTy9q
Operation #Voynich : http://goo.gl/XV6LQ

+Felicia Hajra-Lee's novel, The Niantic Project: Ingress, is available on Google Play ( https://play.google.com/store/books/details?id=BKE4MsCPlX8C ) and in the Amazon e-book store ( http://www.amazon.com/The-Niantic-Project-Ingress-ebook/dp/B00CTSZQ9Q ). #nianticprojectingress

Devra Bogdanovich
An open letter to the Exotic Matter community.

P.A. Chapeau
2013/07/14(nianticproject)
Open Letter

Transcript
VISUR TECHNOLOGY

An Open Letter from Dr. Devra Bogdanovich

Exotic Matter is a reality. It always has been and it always will be. I have known this longer than just about anyone else. That is why I was selected to lead the Niantic Project.

During my time with the Niantic Project, I realized that while I had been studying extra-dimensional communication, I had only been interested in the process and the content of the exchange between humanity and others. I had not thought about the consequences.

And while I was proud to be part of the seminal discovery of XM and possible encoded communication within the XM signal, over time I became disillusioned with our sponsors. It became clear to me that the NIA and the Niantic Project were merely the tool of the us industrial military complex. They were not seeking a true scientific understanding of the potential of XM. They did not seek a true understanding of the risks or benefits of what some have deemed the 'Shapers'- the unknown and possibly intelligent force behind the XM signals we have detected.

It is also clear that the NIA and companies like IQTech and Hulong want to weaponize XM. They are preparing for war even before we understand what Exotic Matter means or what it's true potential might be. Science is not their goal. Geopolitical advantage, political control, and perhaps even coercion are their goal. I could not be part of that.

VISUR TECHNOLOGY

Visur and Ilya Pevtsov do not want war. While it's true that XM may pose risks to humans, we don't know that yet. At Visur, we are committed to answering that question while we investigate potential opportunities.

If XM can be safely harnessed, Visur wants to use XM to drive scientific breakthroughs that will solve humanity's greatest challenges: one in eight people in the world suffer from chronic undernourishment-- we need new super crops to enhance caloric yield. Nearly the same number lack access to clean water and tens of millions die every year from waterborne disease. Advanced water purification technologies are the answer. We all know the problems of fossil fuels and the rise in CO2 levels and global warming. Efficient large scale green energy sources are desperately needed.

Visur wants to use XM to tackle these problems and I am proud to be part of that effort. Join us in supporting research into the true potential of Exotic Matter.

Dr. Devra Bogdanovich
July 12th, 2013

 

前へ

グロトクロノロジー

次へ

オンティック