オブジェクト

nianticglowsナイアンティック計画
2013/06/12 07:11(Facebook)
このリークされた国家情報局のメモは、競合するXM技術企業であるIQテック、ヴィスル、ヒューロン・トランスグローバルから出現したポータルモッドに光を当てていますが、我々が追跡していた何人かの人物の最新情報も提供してくれています。

デブラ・ボグダノビッチ博士はもちろん、ロシアの億万長者実業家イリヤ・ペフトソフ氏が率いるヴィズール社の傘下に入っている。その関係がどのようにして生まれたのかをよりよく理解するためにフェリシアの小説を読んでみてください。

オリバー・リントン=ウルフ博士は、デヴラの昔の宿敵であり、ジュネーブのナイアンティック施設で最初の真のエックスエム技術の先駆者であったが、現在はナイアンティック計画の元リーダーであるエゼキエル・カルヴィン博士が経営する米国の民間請負業者IQテックの下で運営されている。

中国の巨大企業であるヒューロン・トランスグローバルのエックスエム研究所の背後にいる科学的才能が誰なのかはまだ分かっていないが、ハンク・ジョンソンを追いかけてコンゴに進出した(詳細はトーマス・グレニアスの『アラインメント:イングレス』を参照)ことで、彼らはダークエックスエム研究の早期リードを保証されていた。

最後の情報は、疑われているが確認されていない、残忍で冷たく危険な元ナイアンティック治安部隊のトップ、ジェイ・フィリップスが国家情報局のトップとしてユエン・ニィの地位を引き継いだということだ。最後に目撃されたのは、リークと混乱を一掃するためにナイアンティックでの自由な裁量を委任されている影の情報機関のトップとして策を弄する姿だ。

参考資料:

ヴィスルの企業概要
IQテックの企業概要
ヒューロン・トランスグローバルの企業概要
アラインメント:イングレス
フィリップスへの委任メモ

フェリシア・ハジラ・リーの小説、『イングレス:ザ・ナイアンティック・プロジェクト』はグーグルプレイアマゾンの電子書籍ストアで購入できる。

オブジェクト
523232585854
3038394433343233
n(2)
n(3)
n(7)

機密事項 / ナイアンティック / CLEPSYDRA
機密情報扱

内部記録文書
キー: RKL/Y2-72594

宛先:ジェイ・フィリップス
件名:民間企業におけるエックスエム技術開発
添付:イングレス・スキャナーの新規オブジェクト報告

ご指示のとおり、イングレス・スキャナーで新たに配備の確認されたオブジェクトの出処とその概要を添付しております。

ご承知のとおり、ナイアンティック計画は正式に閉鎖されたことでエキゾチックマター・オブジェクトの形成技術は三企業に分かたれました。ヒューロン・トランスグローバル社、ヴィスル社及びIQテック社です。

ヒューロンはコンゴでの発見成果によってダーク・エックスエム技術で優位になっています。ヴィスルはナイアンティック計画のシャドウチームとして機能しているボグダノヴィッチ博士率いるチームを擁することで、極めて急速な技術進歩をみせており、リントン=ウルフ博士はいま現在IQテックで技術開発を進めています。現時点で我々に残されているのはCERN施設のデータベースとシューベルト博士、ナガッサ博士、ライトマン博士にとどまると言わざるをえません。

経験上、高い防御性能を示すものはヴィスルが、高い攻撃性を示す技術はヒューロンが出処となっているようです。また、IQテックは双方で技術進歩していることが得られた情報より示唆されています。

新たな情報が得られ次第報告しますが、ジュネーブにおけるナイアンティック計画研究施設の再稼働をご検討ください。「未決事項は取り除く」ことを信条とされていることは存じていますが、我々も今後に目を向けるべきに思われます。
国家情報局報告書
イングレス・スキャナーの新規オブジェクト報告

ヒューロン

「ヒューロン・フォースアンプ」
解説:フォースアンプはポータルに対する攻撃の威力を高めると報告されている。
「ヒューロン・ターレット」
解説:ターレットはポータル攻撃の頻度を高めるものと想定される。

情報:ヒューロンは同分野に本格参入してきており、ハンク・ジョンソンはテキサスにおける調査が彼等に監視されていたものと考えている。ヒューロンはエックスエムの兵器化を推し進める可能性が極めて高く、この分野における成功する見込みの高い危険な存在と判断せざるを得ない。

IQテック

「ヒートシンク」
解説:初期の検証でヒートシンクによるポータルハックの冷却時間短縮が示唆されている。

情報:これはリントン=ウルフがIQテック移籍後初めて生成したものである。情報提供によれば、彼はこれが万全のものとは確信し切れていないようだが、カルビンはIQテックの将来性を確立させることを優先してリスクを負う判断をしたようである。

ヴィスル

「マルチハック」
解説:マルチハックは同一ポータルをハックした際にバーンアウトするまでの回数を増加させるポータル・モディフィケーションのようである。

情報:デヴラはマルチハックMODで意図していなかった結果に追加調査を求めたが、その有用性も理解していた。結果としてヴィスルの開発技術を示すため黙認している。

「リンク・アンプリファイア」
解説:リンク・アンプリファイアは検証の結果、現行技術で可能とされるより長距離のリンクを形成可能とするもののようである。これは地理的に離れた距離で接続する必要性の高いロシア圏において極めて重要なものと考えられている。デヴラはCERNでこの技術について検討していた。

Objects.jpg

Niantic Project
2013/06/12 07:11(Facebook)
This leaked NIA memo sheds light on the Portal Mods emerging from the competing XM tech corporations, IQTech, Visur and Hulong Transglobal, but it also provides us with an update on some people we've been keeping track of.

Dr. Devra Bogdanovich, of course, is now working with Visur, headed by the Russian billionaire businessman Ilya Pevtsov. Read Felicia's novel for a better understanding of how that relationship came to be.

Dr. Oliver Lynton-Wolfe, Devra's old nemesis and the first true XM tech pioneer at the Niantic Facility in Geneva, is now operating under IQTech, the private US-based contractor run by Dr. Ezekiel Calvin, former lead of the Niantic Project.

We still don't know who exactly the scientific talent behind the Chinese mega-corporation Hulong Transglobal's XM labs are, but their foray into the Congo chasing Hank Johnson (read Alignment:Ingress by Thomas Greanias for those details) assured them an early lead in Dark XM research.

The final piece of info, suspected but never confirmed, is that the brutal, cold, dangerous former head of Niantic Security, Jay Phillips, has taken over Yuen Ni's position as head of the NIA. Last seen being given carte-blanche to clean up the leaks and chaos surround Niantic, it seems he has maneuvered that opportunity to the top of the shadowy intelligence agency.

References:

Visur Company Profile: http://www.nianticproject.com/?id=sc701d
IQTech Company Profile: http://www.nianticproject.com/?id=sc410a
Hulong Transglobal Company Profile: http://www.nianticproject.com/?id=sc603a
Alignment: Ingress: http://www.nianticproject.com/?id=sc601d
Phillips Carte Blanche Memo: http://www.nianticproject.com/?id=sc501f

Felicia Hajra-Lee's novel, The Niantic Project: Ingress, is available on Google Play ( https://play.google.com/store/books/details?id=BKE4MsCPlX8C ) and in the Amazon e-book store ( https://www.amazon.com/The-Niantic-Project-Ingress-ebook/dp/B00CTSZQ9Q ).

P.A. Chapeau
2013/06/11(nianticproject)
Objects

Transcript
523232585854
3038394433343233
n(2)
n(3)
n(7)

TS / NIANTIC / CLEPSYDRA

HANDLE VIA TOP SECRET CHANNELS

Internal Memorandum
KEY: RKL/Y2-72594

ATTENTION:
PHILLIPS, JAY

SUBJECT:
Corporate XM Tech Developments

ATTACHMENT:
New Ingress Scanner Objects Report

Per your request, I've attached a summary of the newly deployed Ingress Scanner objects and their points of origin.

As you know, we have isolated three distributors capable of fashioning Exotic Matter objects now that Niantic Project has been officially shuttered: Hulong Transglobal, Visur, and IQTech.

Hulong has an edge in Dark XM technology, thanks to their findings in the Congo. Visur, with Dr. Bogdanovich's team (functioning as a Niantic Project Shadow Team) is progressing very quickly, and Dr. Lynton-Wolfe is now producing technology for IQTech. As this point, I should mention that we possess the capability to manufacture many objects with the database in the CERN facility and the remaining scientists, Drs. Schubert, Nagassa, and Lightman.

Our general rule-of-thumb is that the more defensive items seem to come from Visur and the more aggressive technology, from Hulong. Intel suggests that IQTech is developing in both directions.

I will reporting as more is known. Please consider the possibility of rebooting the Niantic Project Facility in Geneva. I understand that your charter is to "clean up loose ends," but we should keep an eye to the future.

HANDLE VIA TOP SECRET CHANNELS

NIA INTEL REPORT
New Ingress Scanner Objects

HULONG

"Hulong Force Amp"
DESCRIPTION: The Force Amp is reported to increase the power of Portal attacks.

"Hulong Turret"
DESCRIPTION: The Turret is believed to increase the frequency of Portal attacks.

INTEL: Hulong is entering this field in a big way. Hank Johnson believes they are surveilling his research in Texas. We should consider Hulong an extremely credible and dangerous player in this field, as they are the most likely to pursue the weaponization of XM.

IQTECH

"Heat Sink"
DESCRIPTION: Initial testing suggests the Heat Sink reduces the cooldown period between Portal hacks.

INTEL: This is Lynton-Wolfe's first new creation since joining IQTech. Sources report that he is not convinced that it is ready. However, Calvin decided to take the risk because he wants to establish IQTech's capabilities.

VISUR

"Multi-hack"
DESCRIPTION: The Multi-hack is a Portal modification that seems to increase the number of times an agent can hack the same Portal before it burns out.

INTEL: Devra wanted to perform further studies to fully explore any unintended consequences of the Multi-hack mod but understood the need for it. She acquiesced in order to prove the Visur pipeline.

"Link-Amplifier"
DESCRIPTION: The Link Amplifier has been tested and seems to allow for links longer than possible with the current-gen tech. This is considered to be of great importance in Russia, where where the need to span great geographic distances is pronounced. Devra had discussed this while at CERN.

fnsopnsiqppeh
shniapmpafhie

 

前へ

マントラ

次へ

マルチバース