エノクの解任

エノクの解任

極秘情報扱

n(0)
n(2)

国家情報局調査員
解任に係る報告

エノク・ダルビー
報告番号:WR681239-L

「注釈:本文書は提案された解任後に監視対象よりもたらされる脅威を評価検討したものとなる。この評価は監視対象の専門性、アクセスレベル及び計画の性質にもとづいて行われたほか、経済的圧力や社会性や専門性に関連した監視対象の危険性も考慮している。その危険性を完全に読み取ることは不可能なことであり、脅威度の評価に係る正確性を保証するものではない。 XXXXXXX 著」

概要
解放したとしてもエノク・ダルビーが国家情報局の脅威となることはまず有り得ないが、彼の楽曲や楽器は機密対象となり得る暗号やデータを収蔵できるまでは押収すべきである。

楽器及び録音設備の保管のため我々へ引き渡すことにダルビー氏は同意している。

彼には新たな楽器を提供せよ。

能力
エノク・ダルビーは作曲家にして音楽家でもあり、彼本来の在り様は対立勢力が関心を向けるようなものとは程遠く、彼に関しては国家安全保障における脅威は低いと考えている。

成果物
エノク・ダルビーの楽曲は「チャネリング・ミュージック」と呼ばれており、彼自身はそれが XXXXXXX と交信したものであり、「啓示の夜」もナイアンティック計画関係者もその影響を受けていると主張している。このような帯域外通信が行われたことを裏付けるような文書は研究室に残されていない。XXXXXXX の実在は確認できておらず、今後の課題となり得るものの、彼とやりとりのある一般市民からも有用な情報は得られないだろう。我々の力を以てすればこうした脅威は対処できるものと思われる。

この課題に対してマーティン・シューベルトのみが反論しており、音楽はエックスエムと同じくオーダーデータであると言及している。シューベルトは音楽が XXXXXXX の影響力を拡散させる媒介である可能性があると推察しているが、この仮説には裏付けとなるデータはなく、ダルビー氏の拘留延期を正当化できるものではない。

留意すべき点があるとすれば、ダルビー氏の楽曲データで奇妙な改変の見られる録音に暗号化されたメッセージがあることを分析担当者が見つけ出している。この点を訊ねたところ、ダルビー氏はそういった行いを否定している。こうした改変にどのような性質があるか特定することは困難である。こうしたトラックを検査した際、暗号化されたセグメントは音声圧縮段階でスキップされることもあり、必ずしも再生されてはいなかったことを指し示している。同一の音声ファイルを別の機会に再生すると、標準にはない別のブロックが存在したようである。特定のトラックでは人の声が周波数帯域ごとに分断されたうえで1分32秒時点に逆順で挿入されていた。これについては参照文書をご覧いただきたい。その声紋は研究員のローランド・ジャービスのものと一致したが、そういったことは本質的に無価値である。なぜなら、その後の検査の過程でその改変は完全に失われてしまったのである。(YV164751-K)

ダルビー氏は僅かばかりのプログラミング技能しか持たない音楽家であり、こうした現象を主導した可能性は低い。

総括
ダルビー氏に不安要素はある。彼の楽曲が XXXXXXX の影響を受けていると裏付ける確固たる証拠はないものの、彼の主張を完全に無視することもできない。だが、彼の声明は信用に値しない。ダルビー氏とキャリー・キャンベル博士とは恋愛関係にあり、クレーゼ調査の容疑から外されるのであれば、二人をともに解放することを推奨する。また、キャンベル博士に割り当てられている諜報チームにダルビー氏もまわし、一般的なインターネット諜報と携帯電話の通信傍受で対応することを推奨する。

HAZDATA 分析担当者
キャサリーン・ウィルキンス(心理学博士)

補遺

ビクター・クレーゼの死亡について

容疑解除
エノク・ダルビー(音楽家 / 作曲家)

報告番号 CPN-Z-78430
報告番号 WR681239-L 補足

概要
ダルビー氏及び他の容疑者に事情聴取を行い、事件現場の再現及び法医学的観点から検討を行ったところ、音楽家エノク・ダルビーがビクター・クレーゼ博士の死亡に関わる事故または事件に何らかの関与があったことを明らかにしようとした。

dalby.png

P.A. Chapeau
2013/06/07(nianticproject)
Dalby Offboarding

Transcript
HANDLE VIA TOP SECRET CHANNELS

n(0)
n(2)

NIA INVESTIGATOR
OFFBOARDING RELEASE REPORT

Enoch DALBY
Report No. WR681239-L

[Note: This document is an assessment of the threat posed by the subject after the proposed offboarding. This assessment is based on the subject's area of expertise, access level, and the nature of the project. Personal risk due to financial pressure and/or social or professional relationships are also taken into account. No risk assessment is foolroof, and the firm makes no guarantees as to the accuracy of the threat estimate.]

by XXXXXXX

Top Line
If released, Enoch DALBY is unlikely to pose a threat to the NIA. However, his MUSIC and INSTRUMENTS should be impounded until they can storage of classified or unkown code or data.

Mr. Dalby obliged our request to transfer, his instruments and digital recording equipment to us for safekeeping.

BUY HIM NEW INSTRUMENTS -KD

Capabilities
Enoch Dalby is a COMPOSER, MUSICIAN, and self-styled is far sfield of the kinda of things that hoatile interests might be searching for, we consider him a LOW THREAT to national security.

Work Product
Enoch DALBY'S work product has been what he calls "channeled music." He claims XXXXXXX have been communicating to or through him and that "Epiphany Night" and other Niantic Project compositions show their influence. No documented lab evidence supports the possibility of such out-of-band communications. As we do not acknowledge the existance of XXXXXXX this may present some PR challenges. However, there will be no evidence available to the general public that he is speaking more

TS / NIANTIC / ORCON / NOFORN / CITHARA
HANDLE VIA TOP SECRET CHANNELS

NIA INVESTIGATOR
OFFBOARDING RELEASE REPORT

than metaphorically. Given our press assets, this threat is manageable.

The sole dissenting voice in this matter is MARTIN SCHUBERT, who commented that music, like XM, is ordered data. SCHUBERT speculated that music might be a medium through which XXXXXXX "influence" could spread. However, this theory lacks any supporting data and is too insubstantial to justify the further detention of Mr. DALBY.

The one caveat is that analysts did discover ENCODED MESSAGES, including some bizarrely altered voice recordings. inside some of Mr. DALBY'S digital music files. When questioned, Mr. DALBY denied placing them there. The exact nature of these alterations is troubling. During the initial examination of the tracks, the encoded segments were sometimes skipped during the audio decompression step, meaning that they did not play at all times. The same recording files seemed to contain different blocks of non-standard data when played at different times. On one track, a human voice was split into furequency bands and inserted in reverse sequence at 00:01:32 (see ref doc). The vocal patterns matched those of another lab member, Roland JARVIS, but were nonsensical in nature. During a subsequent examination of the source material, the alterations were missing entirely. (YV164751-K)

As a musician with limited programming skills, it is unlikely that Mr. DALBY is responsible for this phenomenon.

In Closing
Mr. DALBY is potentially unstable. Though there is no hard evidence to back his claim that his work is XXXXXXX influenced, we cannot fully discount this claim. We can, however, discredit any public statements he may make. As Mr. DALBY and Dr. Carrie CAMPBELL are romantically involved, we advise that they be released together, assuming they have been cleared by the KUREZE investigators. We recommend a standard Internet and cell phone SIGINT package, with the physical surveillance team assigned to Dr. CAMPBELL also convering Mr. DALBY.

Prepared by:
HAZDATA ANALYST, Dr. Kathleen Wilkins, Psychologist

TS / NIANTIC / ORCON / NOFORN / CITHARA
HANDLE VIA TOP SECRET CHANNELS

NIA INVESTIGATOR
OFFBOARDING RELEASE REPORT

8-P652DIUAQV7ER-5

n(0)
n(2)

ADDENDUN

NIA INVESTIGATION REPORT

SUBJECT Death of Dr. Victor Kureze

SUSPECT STATUS CLEARANCE
Enoch Dalby.
Musician/Composer

REPORT NO. CPN-Z-78430
SUPPLEMENT TO REPORT NO. WR681239-L

TOP LINE
After interviewing Mr. Dalby and the other suspects and reviewing incident-scene reconstruction and forensic evaluation, we are prepared to clear the musician known as Enoch Dalby of any involvement in the accidental or intentional death of Dr. Victor Kureze.

 

前へ

シジジー

次へ

第11回イングレスレポート(映像)