キャリーの解任

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2013/06/06 07:59:10

ナイアンティック計画の閉鎖以来、NIAからの情報漏洩は非常に稀になっていた。元ディレクターのニィは(「ナイアンティック・プロジェクト:イングレス」で明らかにされた通り)別の場所に新たな脅威と機会を見出して去り、国家情報局の舵取りを彼女に代わって行っているのは、調査コミュニティがよく知る人物であるという噂がある。

この漏洩文書はキャリー・キャンベルの解任インタビューおよびHAZDATAによるスイスの施設占拠以降の分析に光を当てる。

フェリシア・ハジラ=リーの小説「The Niantic Project:Ingress」は、Google Play( https://play.google.com/store/books/details?id=BKE4MsCPlX8C )とAmazon e-bookストア( http://www.amazon.com/The-Niantic-Project-Ingress-ebook/dp/B00CTSZQ9Q )にて。

????????SGAAL
4514-3043-3230172
NIA INVE?????
解任解放報告
--------------------------
キャリー・ベス・キャンベル博士

レポートNo. WR879052-8


[注意:この文書は解任が提示された後に被験者によって述べられた脅威に対する評価である。本評価は被験者の専門分野、アクセスレベル、そしてプロジェクトの性質に基づくものである。経済的な圧力あるいは、社会的または職業的関係による個人的なリスクのいずれも考慮に含まれる。絶対に確実なリスク評価とは言えず、脅威推定の正確性については保証されていない。]

トップライン

キャリー・キャンベルの解放に伴うリスクは低い。彼女が知り得た範囲は限られており、外部組織にとってさほど有用ではない。また彼女がプロジェクトで知り得たものを外部に漏らすことは考えにくい。

キャンベル博士は記号学の専門家であり、構文論、意味論、語用論を含めた記号やシンボル及び言語の機能についての哲学的・科学的な研究を行っている。これはソフト的な人文科学的性質のものであり、ハード的な性質の科学に比して脅威の低い知識である。

研究成果物

彼女の主要な研究成果は様々な活語、死語、そして未知の言語から収集したシンボルや形、図形、文章の一部である。この「記号学的イングレス・ポータル」という文書は、科学的論文というよりはアートプロジェクトと呼ぶにふさわしいものである。キャンベル博士がそれが意味するものを正確に説明することは叶わなかったが、彼女にはそれが大きな価値を持つものである事がわかっていると主張した。彼女の研究は他の研究者らにとって何ら意義を見いだせるものではなかった。スタイン・ライトマンだけはそれを「有望」と評したが、それでも「決定的ではない」。潜在的な敵対者がこの成果物に大きな価値を見出すとは考えにくい。


TS/NIANTIC/ORCON/NOFORN/LAASGALL
最高機密扱

4514-3043-3230172
n?
n?
NIA研究者
解任解放報告
----------------------------
同様の意見

おそらくキャンベル博士はプロジェクトの過酷さや、あるいはXMへの被曝による疲労からストレスを顕していたのだと他の研究者たちは考えているが、XM被爆によるネガティブな影響の再現性は証明されていないとする公式な立場に我々は同意する。

終わりに

キャンベル博士が国家安全保障にとっての脅威となることも、またケン・オーウェンによる解放の勧告に同意する事も、我々にそれを信じうる理由はない。彼女はPTSDのカウンセリングを受けるべきである。また3ヶ月間常時の物理的監視及びインターネットと携帯電話に対する標準シギントの適用を推奨する。

設定者:
HAZDATAアナリスト キャスリーン・ウィルキンス博士、心理学者
(サイン)
------------------------
付記
NIA調査報告

対象:ビクター・クレーゼ博士の死亡
レポートNo. NLR-Y-26087
容疑の状態整理
キャリー・ベス・キャンベル博士
補足レポートNo. WR879052-S

トップライン
キャンベル博士と他容疑者らへの事情聴取および事件現場の検証と法的評価を鑑み、ビクター・クレーゼ博士の事故あるいは故意による死亡に対するキャリー・ベス・キャンベルの関与を明確にする必要があると考えている。
11.04.3474815

carrieoffboarding1.pngcarrieoffboarding2.png

Niantic Project
2013/06/06 07:59:10

Since the Niantic shutdown, NIA leaks have been few and far between. Former director Ni left and found new opportunities, and threats, elsewhere (as revealed in The Niantic Project: Ingress), and there are rumors that a person the investigative community is familiar with has taken the NIA's helm in her stead.

This leaked document sheds light on Carrie Campbell's off-boarding interview and analysis following HAZDATA's takeover of the Swiss facility.

+Felicia Hajra-Lee's novel, The Niantic Project: Ingress, is available on Google Play ( https://play.google.com/store/books/details?id=BKE4MsCPlX8C ) and in the Amazon e-book store ( http://www.amazon.com/The-Niantic-Project-Ingress-ebook/dp/B00CTSZQ9Q ).


????SGAAL

4514-3043-3230172
NIA INVE?????
OFFBOARDING RELEASE REPORT
--------------------------
Carrie Beth CAMPBELL, Ph.D.

Report No. WR879052-8

[ Note. This document is an assessment of the threat posed by the subject after the proposed offboarding. This assessment is based on the subject's area of expertise, access level, and the nature of the project. Personal risk due to financial pressure and/or social or professional relationships are also taken into account. No risk assessment is foolproof, and the firm makes no guarantees as to the accuracy of the threat estimate. ]

Top Line

There is LOW RISK associated with releasing Carrie CAMPBELL. Her scope of knowledge is limited, making her of little value to other groups, and she is unlikely to compromise vital project knowledge.

Dr. CAMPBELL is an expert in SEMIOTICS, the philosophical/scientific study of signs and symbols and their function in languages, comprised of syntactics, semantics, and pragmatics. This is a LOW THREAT knowledge of a soft humanities nature, rather than a hard sciences nature.

Work Product

Her primary work product is a collection of symbols, shapes, drawings, and partial sentences in a variety of living, dead, and unknown languages. This document, called "Symbolistic Ingression Portals," bears more of a resemblance to an art project than a scientific treatise. Dr. CAMPBELL was unable to explain exactly what it meant but maintained that she knew it to be of great value. Her research did not seem to have any significance to any of the other investigators, save Stein LIGHTMAN, who called it "promising" but, as of yet, "inconclusive." It is unlikely that potential hostile interests would find much value in this work product.


TS/NIANTIC/ORCON/NOFORN/LAASGALL
HANDLE VIA TOP SECRET CHANNELS

4514-3043-3230172
n?
n?
NIA INVESTIGATOR
OFFBOARDING RELEASE REPORT
----------------------------

Peer Opinions

Other researchers thought that perhaps Dr. CAMPBELL was showing stress fatigue from the rigors of the project and possibly exposure to XM, though we acknowledge the official position that there has been no proven, reproducible negative effect of exposure to XM.

In Closing

We have no reason to believe that Dr. CAMPBELL represents a threat to national security and concur with Ken OWEN'S recommendations to release her. She should be channeled to PTSD counseling. We also recommend three months of 24 x 7 physical surveillance and a standard SIGINT package on Internet and cell phone.

Prepared by:
HAZDATA ANALYST, Dr. Kathleen Wilkins, Psychologist

(sign)
------------------------
ADDENDUM

NIA INVESTIGATION REPORT
SUBJECT Death of Dr. Victor Kureze

REPORT NO. NLR-Y-26087

SUSPECT STATUS CLEARANCE
Carrie Beth Campbell, PhD

SUPPLEMENT WR879052-S
TO REPORT NO.

TOP LINE
After interviewing Dr. Campbell and the other suspects and reviewing incident-scene reconstruction and forensic evaluation, we are prepared to clear Carrie Beth Campbell of any involvement in the accidental or intentional death of Dr. Victor Kureze.

11.04.347481

前へ

テクノロジカル・エスカレーション

次へ

シジジー