死亡した科学者

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2013/04/24 11:23:36

地元の新聞記事が、HAZDATAによるナイアンティック施設占拠とビクター・クレーゼ博士の死(あるいは殺人)に関する欠落を埋め始めた。

2013年4月23日

悲運の閉鎖を遂げたナイアンティック計画にて科学者の死亡確認

(写真説明)スイス、ジュネーブのCERNナイアンティック計画施設

 当局は先週土曜夜、CERNにあるナイアンティック計画の閉鎖後にビクター・クレーゼ博士の死亡を確認した。HAZDATAのカラン・グラフ法医学者は彼のチームと共に「非常に慎重に」検死および現場検証にあたっていると述べた。
 「状況は混乱していた...電源が一時的に切断され、外部との通信は断たれていた。これはある種の「繊細な」プロジェクトを閉鎖する際には標準的な作業手順であるが、施設内の状況によっては混乱を呈す場合がある。万が一事故が起これば、HAZDATAがすべての責任を負う。まだあらゆる可能性がある、という以上のことは申し上げられない」
 スイス警察よりコメントは得られず、政府高官は司法管轄問題に関する議論を拒否している。ある役人は非公式なコメントとして、こういった施設で起きるこの種の事件は大使館内の殺人事件と変わらないと語った。
 イェール大とプリンストン大で教授を務めたクレーゼ博士は近年、様々な政府および学術団体との「フリンジ(※)」実験に関し批判する立場の人物たちと関わっていた。
 「誰もが軽蔑しない仕事に面白みはない、というのが私の見解だ」とクレーゼ博士は過去に発言している。
 華麗なる教授は最近「イングレス・レポート」に出演し、エキゾチック・マター研究における倫理問題についてジョアンナ・ブラント博士と議論している。
 ブラント博士からコメントは得られなかった。一方ナイアンティック計画施設から退去した他の科学者たちの所在は不明だが、グラフ氏によれば彼らはプロジェクトを「降板」し、すぐに帰途についたことを確認しているという。一部には他にクレーゼ博士を殺害する重要な動機を持つ人物がいたのではないかと見られている。
 「ビクターは偏極的な男だった」とある同僚は語る。「誰もが彼を大好きになるか、嫌いになる」
 「彼がなした"発見"のいくつかは、おそらくユーリ・アラリック・ナガッサ博士あるいはマーティン・シューベルト博士のものだったと言われている。彼らが研究を共にしたことに驚いた」と他の科学者は語る。
 クレーゼ博士は超感覚的知覚を掘り下げたプロジェクト・ワイダ、およびワシントンD.C.からの理解を得た共同研究者エゼキエル・カルビン博士との同種のプロジェクトに参加した。
イヴ・エバリー、ジュネーブ

※訳注:フリンジ・サイエンス(境界科学)・Wikipedia

Niantic Projectscientistdead.jpg
2013/04/24 11:23:36

A local newspaper article begins to fill in the missing pieces of the HAZDATA takeover of the Niantic Facility, and the death (or murder) of Dr. Victor Kureze.


23 APRIL 2013

Scientist confirmed dead as ill-fated Niantic Project is shuttered

(caption)Niantic research facility at CERN in Geneva, Switzerland

Authorities have confirmed that Dr. Victor Kureze is dead, following the shutdown of the Niantic Project at CERN last Saturday night. HAZDATA Forensic Officer Karan Graff said that he and his team are "proceeding very carefully" on the autopsy and crime scene investigation.
"It was a confusing time... Power was temporarily shut down and communication with the outside was suspended. While this is standard operating procedure when closing down certain types of 'sensitive' operations, it is sometimes confusing for those still in the facilities. Accidents can happen, and HAZDATA will assume full responsibility. I cannot elaborate beyond saying that there are many possibilities."
Swiss police could not be reached for comment, and senior officials have declined to discuss issues of jurisdiction. Off the record, one official said that an incident like this, in a facility like this, is not unlike a murdder at an embassy.
Dr. Kureze, who had professorial posts at both Yale and Princeton, had, in recent years, involved himself in what some detractors referred to as "fringe" experiments with various government and academic groups.
"It is my opinion that if no one is contemptuous of your work, you are not doing anything interesting," Kureze was once quoted as saying.
The flamboyant professor was recently seen on "The Ingress Report" debating the ethics of Exotic Matter research with Dr. Jaonna Brandt.
Dr. Brandt was not available for comment. Meanwhile, the locations of the other scientists evacuated from the Niantic Project CERN facility are unknown, but Mr. Graff comfirmed that they are being "offboarded" from the project and will be returning to their homes soon.
Some have speculated that there may have been significant motives for others to kill Dr. Kureze.
"Victor was a polarizing man," one colleague said, "you loved him or you hated him."
"There was talk that perhaps some of the 'discoveries' that he made were really made by either Dr. Yuri Alaric Nagassa or Dr. Martin Schubert. I was surprised that they were all working together," another scientist said.
Dr. Kureze was involved with Project Whydah, which delved into extrasensory perception, and other similar projects with collaborator Dr. Ezekiel Calvin, who expressed his sympathies from Washington, D.C.

Yves Eberle, GENEVA

前へ

ブレッチリーパーク

次へ

告発