監視技術

01_NianticSymbol.jpgP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2013/04/12

監視技術
ストラテジック・エクスプロレーションズ
個人情報及び機密情報
衛星通信現地報告
第243ステーション
頁 1 / 3

宛先:SE中央通信諜報
送信元:第243現地諜報ステーション

OTPC: PUMOCENOBWAJ
VERI: TAHTSTHGISNI
CKCS: CIZTLDYESQMAOSHVHLZJORXJDCODGNMIKSD

件名:第243地域における国家情報局/ナイアンティック/IQテック社の活動

我々は第243地域における現地工作員及び国外工作員の混成部隊を追跡している。

部隊長はヘンリー・ホランド・ジョンソン、元IQテック社所属の米国特殊部隊員で近頃はナイアンティックと呼ばれる国家情報局の諜報技術開発計画で研究者を務めている人物だ。

工作員部隊は先にキンシャサ北東部の熱帯地域の偵察で映画撮影を偽装していた。

その後はルバンバシ北西部のサバンナ地帯で再び映画撮影を偽装して偵察を開始しており、クンデルングの隕石落下クレーターまで足取りを追っている。

ジョンソンは、何かしらを探して野営地から離れている姿を幾度となく確認されている。

ジョンソン及び部隊員数名からの暗号化通信を確認している。その信号は商業製品「UP by Jawbone」の測定データを継続的に送信しているもののようです。国家情報局ではエックスエムの検出及び計測に商業製品を改造して利用していると過去の報告書にもあります。

そのUPバンドがイングレス・スキャナー技術と連携したものかはわかりませんが、そうしていると考えるのが妥当でしょう。

これはジョウボーン社が国家情報局に協力して製品のUPCコードを使用しブラックデバイスのイングレス・スキャナーの参入用コードを配布したとの情報とも合致するものです。この策略は継続的に実施されており、新たなコードが段階的に開示されています。この情報はUS1、CA1、第33、第44、第49、第34、第39、第31、第7、第971、第86の現地ステーションで裏付けがとられていることです。

以下はホランド・ヘンリー・ジョンソン及び監視技術の画像諜報成果となります。
ストラテジック・エクスプロレーションズ
個人情報及び機密情報
衛星通信現地報告
第243ステーション
頁 2 / 3
20130412_sc512a_1.png
ストラテジック・エクスプロレーションズ
個人情報及び機密情報
衛星通信現地報告
第243ステーション
頁 3 / 3
20130412_sc512a_2.png

ops.jpg

P.A. Chapeau
2013/04/12(nianticproject)
Ops Monitoring Tech

Transcript
Strategic Explorations

PRIVATE AND CONFIDENTIAL

SATELLITE FIELD REPORT
STATION #243

PAGE 1 OF 3 - SE/COMTRANS

ATTENTION: SE CENTRAL COMINT
FROM: FIELD OPERATIVE STATION 243

OTPC: PUMOCENOBWAJ
VERI: TAHTSTHGISNI
CKCS: CIZTLDYESQMAOSHVHLZJORXJDCODGNMIKSD

SUBJECT: NIA/NIANTIC/IQTECH ACTIVITIES IN ZONE 243

Sirs,

We are tracking a mixed group of local and foreign operatives in Zone 243.

The leader of the group appears to be Henry Holland Johnson, former IQTech and US Military Psy-Ops, most recently researcher for NIA blackdev project code-name Niantic.

Group of operatives was previously using a film-crew cover to perform recon in a tropical region NE of Kinshasa. Following that they began to scout (again in the guise of a film crew) a savannah region NW of Lubumbashi. Most recently we have tracked them to an impact crater in Kundelungu.

Johnson has been spotted multiple times taking reccies away from main encampment, searching for something unknown.

We have tracked an encrypted signal from Mr. Johnson and a few other members of the group. The signal seems to be a continuous stream of measurement data originating from what appears to be a commercial project - UP by Jawbone. There have been prior reports of the NIA using consumer products modded to detect and measure XM as well as its physiological effects. It's not clear if the UP bands have been tied to Ingress Scanner Tech, although it is reasonable to assume that such work is in progress.

This would also be consistent with previous intel that Jawbone was working with NIA to distribute blackdev Ingress Scanner redeption codes to agents using product UPC codes. This effort appears to be ongoing, with new codes being released in batches. This intel was confirmed accurate by the following field stations: US1, CA1, 33, 44, 49, 34, 39, 31, 7, 971, 86.

Field IMINT of Holland Henry Johnson and the ops monitoring tech follows.

Strategic Explorations

PRIVATE AND CONFIDENTIAL

SATELLITE FIELD REPORT
STATION #243

PAGE 2 OF 3 - SE/COMTRANS/IMINT

Strategic Explorations

PRIVATE AND CONFIDENTIAL

SATELLITE FIELD REPORT
STATION #243

PAGE 3 OF 3 - SE/COMTRANS/IMINT

 

前へ

架空の人物

次へ

エクソコルテックス