脚光の隠蔽

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2013/04/11 04:52:33
今日はケン・オーウェンによる「ハイド・イン・スポットライト」と呼ばれる戦略に関する奇妙な文書を挙げよう。

バリウムとは?フォールス・フラッグとは?ダメージコントロールとは?私にもよくわからない。

欧州戦線ではカーター・ゾキエフが明らかとした4月21日にジュネーブで行われる任務へ対応する国際協調の動きが進んでいるよ。

脚光の隠蔽

内部記録

宛先:ユエン・ニィ(ナイアンティック計画)
同報:ジェイ・フィリップス(ナイアンティック計画保安局長)

ニィ局長

我々の「ハイド・イン・スポットライト」戦略はここまでのところ順調であり、今回の過渡期のうちに私の方で進めている。我々のプロジェクトで問題とされやすい点をはっきりと認めたうえで、それを「代替現実ゲーム」だと認識させることができたわけだ。ナイアンティック計画が行われた事実は白日の下に晒されたが、それらは作り話と受け止められており、メディアで取りあげられてはいない。大抵の報道関係者はナイアンティック計画にまつわる話から距離を置いている。

この戦略にはある種のハロー効果があることはわかっている。説明し難い事象は、報道の意図せぬ共謀によって言い逃れることができるわけだ。例を挙げれば、ローランド・ジャービスの失踪は税務署と問題を起こしていたという馬鹿々々しい宣伝によって何の解決も見ないまま堂々巡りしているし、ミスティ・ハンナのオースティンへのハイパースレッドは非常にありふれたマジックとして片付けられている。

トマス・グレーニアスの「アライメント・イングレス」にも憂慮してはいない。あれは新刊の「広報戦略」の類と受け止められることだろう。彼がどのようなメディアへ露出しようとも同様の受け止められ方しかされまい。

具体的な隠蔽工作に関しては、CERNにおけるナイアンティック計画を中止することで、今後はナイアンティック・スーパーオプスやカリフォルニア州のナイアンティック・ラボへ目が向けられるものと考えているが、彼らも同様の「ハロー効果」に守られるものと予測している。

継続的に取り組んでおかねばならないことではあるが、例え新たにまずいことが大なり小なり起きたとしても、イングレスは今や全ての大陸でプレイ人口を増加させたゲームに過ぎないとの一般認識に隠しおおせることだろう。

不明な点があれば連絡してほしい。

ケン

spotlight.jpg

Hide in the Spotlight

251-223-170-239-218
174-172-207-174-219

218/219/239/222/250/234
n(1)
n(3)
n(5)

TS / NIANTIC / NUNTIUS
HANDLE VIA TOP SECRET CHANNELS
Internal Memorandum

ATTENTION: NI, YUEN
NIANTIC PROJECT

CC: PHILLIPS, JAY
DIRECTOR OF SECURITY, NIANTIC PROJECT

SUBJECT: Hide in the Spotlight

Dir. NI,

Our "Hide In the Spotlight" strategy has been working quite well so far, and thus I am escalating it during this transitional period. While plainly admitting many of the more controversial aspects of our project, we have been able to guise them as an "Alternate Reality Game." The facts of the Niantic Project are public, but they avoid public discussion by the media because they are represented as a hoax or a fiction. Journalists, in general, are thus staying away from common discussion of the Niantic Project.

I find that there is a kind of halo effect from this strategy. Events, which in other ways would be inexplicable, are now explained away by unwitting accomplices in the press. For instance, the disappearance of Roland Jarvis is explained in some circles as a ridiculous publicity stunt fueled by some problems he is having with tax officials, and Misty Hannah's hyperthread to Austin is very simply explained away as a common magic trick.

I have no fears that the appearances of Thomas Greanias with The Alignment: Ingress will be understood also as a "marketing hook" for his new book. Any media appearances he makes will have a similar effect.

As far as actual operational shielding, it is my belief that shuttering the Niantic Project in CERN will deflect any future blame to Niantic Super Ops and Niantic Labs in California. I predict they will be hidden in the same "halo."

We will need to keep seeding this, but it is my belief that even if there were to be more bad micro or macro events, they would tend to be hidden under the shadow of the general perception that Ingress is only a game being played by a growing number of individuals on every continent.

Please contact me if you have any questions.

Ken

Niantic Project
2013/04/11 04:52:33
An odd document today discusses something called Ken Owen's 'Hide in the Spotlight' strategy.

Barium? False flag? Damage Control? Your guess is as good as mine.

Continued movement on the Europe front as alliances begin to form internationally to manage the mission announced by Curter Zokiev on April 21 in Geneva ( http://goo.gl/4eYC9 ).

See the document on the Board at: http://www.nianticproject.com/?id=sc510a

 

前へ

第3回イングレスレポート(映像)

次へ

テクノロジカル・シンギュラリティ