あるがままに

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2013/03/04 04:12:13

力強く、感情的にクルーはウォレス・モニュメントでの体験を語る。彼女は自身をそこへ導いた謎を解き、自身の選択を明確にした。

これは私が予期した、あるいは望んだ結果なのだろうか。隔てられた世界では、いずれの側も危険な断崖である。

*
最近の更新:土曜にアクセスを停止していたヴェラム・インヴェニリが、声明を発表した。
https://plus.google.com/109846653838501599116/posts/ek9KyHHpjRg
*


クルー ─ あるがままに

こちらはクルー。私のビデオを見ていたなら、私が故郷スコットランドに強く惹かれていたことは知っての通りね。そして私はそれに従った。なぜかはわからない。少なくとも、完全には。

彼の名はジャービス。彼はまだ自身が存在すると言う。でも私がそこで見たものは何か異様な、次元を超えた存在だった。何か非現実的な存在。彼は人間ではなかった。それは...私が今までに見たこともないようなものだった。彼は私の心を操ろうと、私を説得しようとし...光の中に進み出て...エンライテンドの理想像を信じさせようとしていた。何か他にも。世界の理想的な姿を。未来の理想的な姿、あるいは現在とは異なる時間を信じさせようと。

彼のメッセージはこれだけではなかった。

 {我が名はローランド・ジャービス}
 {我は死者にあらず}
 {啓発に備えよ}
 {内なる声を信ぜよ、それが自分のものでなくなるまで}

ジャービスが私を屈服させるために働きかけたのだとしたら、場所が悪かったわ。ウィリアム・ウォレスは人生を理想に捧げて死んだのよ。すべての人間は自由であるべき、という理想にね。その暴虐さは軍隊をも動かす力があるかもしれない、けれど人の心を操ることはできない。

そう...私はあるがままを選ぶわ。時に残忍で、時に醜く、でもしばしば素晴らしく魅惑的な、驚くべき、私達という存在。私達が生まれながらに持っている、失ってはならない人間らしさ。

私はシェイパーに抗うために力の限りなんでもする。私たちに唯一与えられるものは...戦いだけだから。私達を強くするもの。そしてもっと人間らしくするもの。

Niantic Project
2013/03/04 04:12:13

A forceful, emotional Klue brings us into her experience at The Wallace Monument. She's solved the mystery that led her there, and it has enabled her to define her choice.

I do not know if this is the outcome I was expecting or wanted. In a divided world, both sides of the schism are a slippery slope.

*
A late update: After suspending their Access Dive on Saturday, Verum Inveniri have just released a statement:

https://plus.google.com/109846653838501599116/posts/ek9KyHHpjRg
*


Klue - THE RAW

This is Klue. If you've been watching my videos, you'll know that I had a strong urge to return to my native Scotland. And I did. And now I know why. Or, partly, at least.

His name was Jarvis. He claims it still is. But what I found when I went there was some strange, trans-dimensional being. Some ideal entity. He was not a man. It was like... like something I've never seen before. He was trying to manipulate my mind, to convince and persuade me... to move forward into the light... to believe in some ideal expression of Enlightenment. To believe in something else. To believe in an ideal version of the universe. To believe in an ideal version of the future, or the present at a different time.

His message wasn't complete. Now it is.

{my name is roland jarvis}
{i am not dead}
{prepare for the enlightenment}
{trust your inner voice until it is not yours}

If Jarvis was trying to influence me to submit, then he picked the wrong place. William Wallace died giving his life to an ideal. That all men should be free. That tyranny may have the power to move armies, but it cannot control the hearts of men.

No... I choose the raw. Sometimes brutal, sometimes ugly, but often wonderful and magical and amazing existence that we have. Humanity that we've always had, that we have now, and that we're always going to have.

I will do everything in my power to resist the Shapers. Because if there's one thing that they can offer us... it's a fight. One that will make us stronger. And more human.

前へ

メモリーパレス

次へ

グリーンフラッシュ