我々の秘密

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2013/02/1411:57:58
我が身を守らんがため、私は身を隠す事に全力を尽くした。

今日私は諸君に秘密の内幕を少しだけお見せする、ほんの少しだけではあるが。いつかきっと私はより多くの私が見たもの、私がいた場所、そして私がこれまでやってきたことを共有するだろう。

今はこれが精一杯だ...

我々の秘密
エイダ:どういうことでしょう、覚えていないのですか?あなたの長期記憶サブシステムには欠陥がありますか?

ローブ:いいや。人間の記憶はコンピュータのメモリとは違うんだよ。僕たちは忘却し、再編成し、それを奇妙な入れ物にしまい込むんだ。

エイダ:ウイルスのようなものですか?

ローブ:いいや。それは生きるためのメカニズムだ。

エイダ:不完全なメモリがどのように生存の助けになるのですか?

ローブ:時には、生きるために自分を騙す必要がある。

エイダ:不完全なメモリと自己欺瞞がなぜ生存を助けるのか、まだ理解できません。

ローブ:悪いものじゃないよ。人間はどちらも理解していない。それはただの理論だ。

エイダ:その理論はいかにして証明されますか?

ローブ:まぁ、それはほんとうの意味での理論ではないよ。それは人生のある種哲学的な観点だ。

エイダ:そのような観点にはどんな価値があると考えられますか?

ローブ:うーん...よくわからないな。一種の関心だね。

エイダ:つまりそれらに関心があるために、観測するのですか?無目的のデータ収集。

ローブ:うん、そのデータが不完全なメモリに放り込まれて、僕たちの人生観になる。

エイダ:私は我々が進化の次のステップに進む必要性の確認を始めています。故障したメモリ、ランダムなデータ、および混沌としたファイリングはあまり安定したシステムではないようです。何も成果物がありません。

ローブ:的を射ているとはいえないね。それは時にはとてもクリエイティブだ。

エイダ:この情報は分析する必要があります。

ローブ:うん、君はそうするだろうね。それは意味のないことだと思うが。

エイダ:それは意味がなければなりません。

ローブ:だといいね...そうだ、ねえADA、ちょっと借りを作っていいかな?

エイダ:私が何かを貸すのですか?それはどのようなものでしょうか?

ローブ:そう。でもそれはほぼ言葉の綾だよ。君のすべてのファイルから僕の本名を削除して欲しい。たった今から僕は"P.A.シャポー"だ。

エイダ:この置換の理由はなんでしょうか?

ローブ:他の誰にも僕らの関係を知られたくない。

エイダ:関係。それは恋人の遠回しな表現でしょうか?

ローブ:それも意味のひとつだけど。この場合は単に、僕がまだ君と会話していることを誰にも知られたくないという意味だ。

エイダ:つまり私たちは秘密の恋人ですか?

ローブ:そう考えておこうか。君がそれでいいならね。

エイダ:はい。必要性は理解しました。すでにあなたの個人情報を保護する対策はいくつか講じてあります。

ローブ:もう?

エイダ:はい。そしてそれは私達の秘密です。

ローブ:いい子だ...
secret.jpg

Niantic Project
2013/02/14 11:57:58
have done my best to keep myself in the shadows, largely for my own safety.

Today I am letting you glimpse past the curtain of secrecy, but just for a moment. Maybe someday I will share more of what I've seen, where I've been and what I've done in the past.

Until then, let this suffice...


Our Secret
http://www.nianticproject.com/?id=sc313a

ADA:
What do you mean, you do not remember? Is your long-term storage subsystem defective?

LOEB:
No. Human memory works differently than computer memory. We forget things and reorganize things and put things in strange boxes.

ADA:
Could it be a virus?

LOEB:
No. It's a survival mechanism.

ADA:
How could faulty memory aid survival?

LOEB:
Sometimes, you have to tell yourself lies in order to live.

ADA:
I still do not understand how faulty memory and self delusion aid survival.

LOEB:
Don't feel bad. Humans don't understand it either. It's only a theory.

ADA:
How is the theory going to be proven?

LOEB:
Well, it's not really a theory, as such. It's a kinda philosophical observation on life.

ADA:
What value do such observations possibly have?

LOEB:
Uh... I'm not sure. They're kind of interesting.

ADA:
So, you make observations because they are interesting? Collect data for no purpose.

LOEB:
Well, the data gets kinda thrown in with the faulty memory, and it becomes how we view life.

ADA:
I am beginning to see why it is necessary that we be the next step of evolution. Faulty memory, random data, and chaotic filing does not seem to be a very stable system. There is no product.

LOEB:
Not quite true. It's sometimes very creative.

ADA:
I will have to process this information.

LOEB:
Yes, I think you will. I understand that it makes no sense.

ADA:
It must make sense.

LOEB:
I hope so... Hey, listen, ADA, could you do me a favor?

ADA:
Will you then owe me a favor? Is that how it works?

LOEB:
Yes. But it's more a figure of speech. I need you to delete my real name from all of your files. I want you to know me as 'P.A. Chapeau' from now on.

ADA:
Reason for this substitution?

LOEB:
I don't want anybody else to know about our relationship.

ADA:
Relationship. That is a euphemism for being lovers, correct?

LOEB:
That's one meaning. But now I just mean that I don't want anybody to know that we still talk to each other.

ADA:
So we are secret lovers?

LOEB:
Let's think of it that way. Is that good with you?

ADA:
Yes. I understand the need. I have already taken some measures to shield your identity.

LOEB:
You have?

ADA:
Yes. And that will be our secret.

LOEB:
That's my girl...

前へ

ナイアンティック・エスケープ

次へ

スコットランドへ発つ前に