クレーゼ音声記録(2)

クレーゼの音声記録1のソースコードに埋め込まれた文字列を解読することで新たに見つかった音声記録。
クレーゼ:物理学は真実の世界であって、その説は依然として当てはまる。当初は粒子加速器の誤作動かモニターに何らかの電子的異常が生じたものと考えたが、やがて我々の研究する素粒子から得られる情報はランダムなものでないことがわかった。

NIA.NPLabsRecon.Kureze2
Do Not Retransmit

Transcript
Physics is a world of truth. And, that description still applies. At first, we thought our particle accelerator was malfunctioning, or that there had been some electronic anomaly on our monitors; but in due course, we realized that we were seeing a non-random flow of information coming from the sub-atomic particles we were studying.

前へ

クレーゼ音声記録(1)

次へ

出口と入口