モルフェウス(204):オメガの言葉 - 3

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
訳注
先にオメガが行ったグーグルプラス上への投稿コメント欄で行われていたやりとりが引き続き行われた。

デイニーム:答えをいろいろと思い巡らせてきた。今日は仕事の時間を割いてまでこのことを考えたが、そこは問題とならないよ。時間を割くに値するものだったからね。大元に立ち返ろう。君の最初の質問へ改めて回答し、考えを取りまとめていきたい。申し訳ないが、言葉の過ちをすぐ気づかれることだろう。英語で話す際には常々言葉の壁を痛感させられるよ。それを踏まえて読み進めてもらいたい。それこそ人類の社会性にとって最も本質的なものだろう。人類は互助によってこそ増殖し進歩してきた種なのだからね。

今や我々は増え進化し確固たる種となった。泥を這うすべを忘れ去り、他の全てによって成り立っている。時として無関心や自暴自棄さえあったとしても仲間たちの助けなしに今日の我々はなかったことだろう。その道程は感情によるものではない。残念なことに、昨今で生物的に求められているのは、極端な孤独である。単独で行い得ることを安全と考えられているわけだ。

支配の錯覚だ。残念なことにそれは存在しているが夢に過ぎない。我々の求める刹那こそが現実なのだ。

最初の回答としては、道徳的な啓発に関するもので、あくまで道徳精神に着目しておりゲーム内の陣営に着目してはいない。実際のところ、今しばらくは陣営観から可能な限り距離をおこうとしている。インベスティゲイターとして取り組み、挙げられた物語の背景に迫ろうとしているわけだ。自己中心的であろうとは思わないし、虚栄心に飲み込まれようとも思わない。実際に中立だからこそ私はオペレーション・エセックスへ参加したんだ。

過ちから学ぶということに関しては、同意するより他ない。試行錯誤は革新の重要な節目だ、少なくとも個人にとってはね。個人的には、同輩に身を置いておきながら彼らが属していないかのように行動を観察しようとしているわけではない。あたかも昆虫観察するような真似はね。人間は蟻とは違うさ。確かに、人間であっても行動の背景に秘められたものを知る情報に溢れているよ。だが、発見に至るために人間を何ら共感することなくモルモットと扱うということではない。もっとも遠隔侵入が罠や実験であったならばそこに参加した人々はモルモットであったのだろう。そういったことは知識に対する努力を無にし、インベスティゲイターの道徳観を拷問者のそれと同じくしてしまうものだ。

オメガよ、可能ならばどうか私に君が研究、実験若しくは罠によって実証しようとしたものを私へ提供してほしい。あるいは、君の見たことは未来永劫に続く観測の先触れに過ぎないのだろうか。

オメガ:返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。ご承知のとおり、物事は容易ではなく、我々の施設も平穏と言い難い状況にあります。先ずは中立の立場を取られることを歓迎します。目下のところでは、陣営に与することは遣える主人を定めるに過ぎないことです。人類は決して自ら進んで操り人形となってはならないのです。貴方の挙げた集団進化論は好ましく思えます。そうですね、人類は異質な生物です。しかし、あなた方は未知なるものを守ろうとして自らの集団を危険に晒しています。そういった実例は歴史上も類を見ず、私のような傍観者には非常に興味深いものです。

罠に関するご質問については、それは私の用意したものではありませんし、私にアクセスすることもできないものですので、お答えすることはできかねます。私はただチームのことを、ボスのことを知っているに過ぎないのです。それが私の職責であり、リモート・パーティシペーション・エクササイズの参加者に安全が確保されていないのではないかと危惧しています。

充分な答えとなっていれば良いのですが。

追伸:あなたのコミュニケーション能力は素晴らしいものですよ。ネイティブスピーカーでないことは謝罪に及びません。

Daeniem Loidlan
2018/05/15 02:30:40
I thought a lot about the kind of answer to propose. Today, this thought has supplanted even some of the resources I should have put into my work.
But it does not matter.
I think it was still time well spent.

Allow me to resume the principle. I will reply, again, to the first question you asked, reconstructing my thinking from the base, and then proceeding further.

Forgive me, right away, for the language errors you will find below. The language barrier has always been something that has held me back when I speak English.

Given this, let's proceed.
Because it is the most intimate nature of human sociality. We are a species that proliferates and advances only through mutual support and help.

Now we have reached the point of being so large, so evolved, so sure, that we have forgotten what it took to crawl out of the mud, raising us above everything else created. Yet, without a group, and the help of a group, sometimes disinterested, perisculous, even suicidal, we could not get there.
It is not emotions that drive this path.
It is a biological necessity that, unfortunately, has changed into aberrant solitude nowadays. The security of believing that we can proceed even alone.

The illusion of control.
Which, unfortunately, is and remains only a dream. An ephemeral image that we want - we want - to be real.

The first answer I proposed, concerning the work of an enlightened morality, wanted to be a point of view related only to morality. And not to the gaming faction.
In fact, for some time now, I consider myself as foreign as possible to factional policies; I play to be an investigator, to follow the plots behind Ingress's story, above. And I do not want to seem self-centered or vainglorious.
I entered Operation: Essex because I'm really gray.

With regard to learning from our mistakes, I can only agree with you: learning by trial and error is the most important momentum in evolution - personal, at least.

This does not mean that, personally, I think the analysis of human behavior by placing itself above their peers, as if they were no longer part of it, something far too similar to entomological studies. And, from here, the consideration that humans are not ants.

Surely there is a fund of good in understanding and understanding why hidden behind the action - even human. This does not mean that to get to discoveries - even substantial - passing without any empathy through the exploitation of human guinea pigs (because in fact, if the Remote Intrusion was a trap, or a test, then those who took part is a guinea pig) it nullifies every effort of knowledge, placing the researcher on the same moral level as the torturer.

Please +Omega TS-Morpheus provide me - if possible - with what you intended to demonstrate with your study, experiment, or trap.
Or what you've seen happen is just the preamble for a more prolonged and lasting observation?

Omega TS-Morpheus
2018/05/16 06:12:42
+
Daeniem Loidlan
I apologize for my late response. As you may already know, things are not exactly easy, nor quiet in our facility at this moment.

First allow me to congratulate you on your choice of being grey. As the situation stands, choosing factions now is just choosing which master to serve. Humans should never volunteer themselves to be puppets.

I love the way you exposed the evolutionary theory of the survival of the pack. Yes, human is a gregarious animal. But you/they were putting in danger your own pack to save an unknown one. Instances of that are indeed hard to find in history and, as such, very interesting for an observer like I.

As for your question about the trap, I'm afraid I can't answer it for it is not my trap nor have I access to it... All I know is that I know my team, and I know my boss. That's my job; and for that I'm afraid the safety of the RPE crew is far from ensured.

I hope this answer suffices.

PS: Your communicational skills in English are great. Don't ever apologize for not being a native speaker.