モルフェウス(198):エセックスRPE概説

訳注
オペレーション・エセックスで独自に行われたリモートパーティシペーション・エクスペリメントについて、プロジェクト・リュケイオン構成メンバーのアサッテ(asatte666)が概説した。

明後日
2018/05/14 22:07:21
EssexRPEでは何が起こったのか

MD鹿児島の受付開始直前から、各地の #TS-MORPHEUS ミッション関連ポータルでモルフェウスのメディアが排出されるようになりました。そのMD鹿児島の日、すなわち日本時間の5月12日深夜から翌13日未明、Telegram:EssexRPGの場において、オンラインによるリモート・パーティシペーション・エクスペリメント(RPE、いわゆるテーブルトークRPG)が行われていました。このセッション(テーブルトークRPGのプレイをそう表現する)の直後、テスラゆかりの地・ニューヨークはロングアイランドでデッドドロップ捜索が行われています。

  • 0515 0655追記:時系列を修正。EssexRPEはMD鹿児島の後でした

ここでもモルフェウス・ミステリィに関わる数多くの事象が起こっていますので、重要なポイントをまとめました。

  1. RREのプレイヤーたちは、ミズーリ州カンザスシティにある「アイアンマウンテン・データセンター」のアノマラス・ゾーンに侵入し、そこにある「モルフェウス研究所」を捜索
  2. そこで生命の危機に瀕していた ベータを救出 そして パイとデルタの肉体を確保し、それぞれのマインドデータをコピー した
  3. 今後 マインドデータを肉体に戻す方法を捜索 する(つまりモルフェウス関連RPEも続くかも)
  • 0514 2235追記:パイだけでなくデルタの肉体も確保してました
  • 0515 0655追記:パイ、デルタも肉体だけでなくマインドデータのコピーを確保されています

...ええっ? なんだよマインドデータって!コピーできるようなもんなのかよ! それで肉体に戻せるってどういうことだよ!?ええ、私もツッコミたい。小一時間ツッコミたい。だがどうも、セッションに登場したNPC(プレイヤーキャラクター以外のキャラクター)は、それを可能と考えているようです。パイを移植するのはシミュラクラみたいなものか、それとも別のシステム?なのだろうか。コピー元のパイ様はどうなるのさ。

そんな根本的な謎に狐につままれたような気持ちを抱えながら、これもまたIngressの物語の展開の仕方なのだなぁ、と思ったり思わなかったりしつつ、次の展開を待ちます。ではまた。

前へ

モルフェウス(197):恐れるなら死ぬ

次へ

モルフェウス(199):イオタの言葉