モルフェウス(113):第十四のモルフェウス文書

訳注
この文書は2018年05月03日06時54分に発生が開示され、同日15時16分にイシラ・ツバサが成果報告を行ったデッドドロップに同封されていた文書である。

第十四のモルフェウス文書

TS-Morpheus - レムラリア 第1章第1節

2018年05月 - 情報出現

日本調査
アメリカのエージェントがテキサス州ヒューストンのデッドドロップ回収に制限時間を超過したことで、 XXXXX は北米で行う予定であったドロップをイギリスのダンジネスおよび日本の東京へ振り替えることを告げた。ダンジネスで行ったデッドドロップは距離を勘案すれば想定範囲内に収まったと言えるが、日本で行ったデッドドロップの反応速度は驚異的なものであった。分析担当者はモルフェウスの調査が日本のプロジェクト・リュケイオンのエージェントと共振反応を示した理由に頭を悩ませていたが、最近ではタイコがこの日出る国を訪れたことに起因しているのではないかとみている。

先の日本デッドドロップに至り、 XXXXXXX のサーバー群へ加えられてきた攻撃はおそらく組織内のテクトゥルフによって瞬く間に軽減された。オペレーション・エセックスでは内部に原因があるものと推察し、サイバー部隊がそういった疑惑を裏づけている。しかしながら、我々のヒューミントもこれによって視野を失い、問題となっている二重スパイの特定ができずにいる。

レムリア
デルタ事件後、更に多くの情報が明らかとなっている。この悲劇的な事件の経緯は依然明らかとなっていないものの、事件後に発生した情報は明らかになりつつある。

オメガ:パイ、さあ入って。時間通りね。
パイ:無論だ。遅れもしないし、早まりもしないさ。
オメガ:どうぞ腰かけて。お茶か珈琲を淹れましょうか。ビールを差し上げたいところだけれど、まだ職務中よね。
パイ:残念なことだが、気遣い無用さ。問題ない。
オメガ:それじゃ、始めましょうか。あなたのことを少々心配してたのよ。
パイ:そうかい?デルタの件があったからかな?
オメガ:正直に言えば、それよりも少し前ね。教えなさいよ、ブラウンシュヴァイクではエージェントとどこで接触するつもりだったのかしら?
パイ:その件も頭をよぎったが、まだましなことさ。彼らと戯れていたに過ぎない。
オメガ:そうなのかしら?エージェントと実際の接触が適わないことに苛立っていたのかと心配したのだけれど。あなたはいつだって出ていけることはわかっているわよね?
パイ:わかってるさ、マム。

TS-Morpheus - レムラリア 第1章第2節

オメガ:でも、そうしない方がいいってことは判ってるわよね?
パイ:そうだね、プロジェクトを危険を晒すわけにはいかないからな。誰が抜けようとも厄介なことになるだろう。
オメガ:理解してくれているのね。疑っているようなことを言ってしまってごめんなさい。でも、あなたが本当に連帯感を持っていて、ここに閉じ込められているなんて思って否か知っておきたかったのよ。
パイ:私は全面的にチームへ協力してるさ。今回のプロジェクトを信じてるし、そうでなければ言ってるはずさ。
オメガ:素晴らしい誠意ね。デルタに何が起きたと考えているのかしら?
パイ:わからないよ。悲観的にはなりたくないね。少々落ち込んでいたようだし、もう逢いに来ないよう私に頼んできたときの様子もおかしかったな。
オメガ:その知らせをあなたへ伝えるのは本当に辛かったのよ。
パイ:彼女は XXXXXXX したかったんだ。
オメガ: そうね。もちろん、彼女の目的はそこにあったわ。とても真剣に受け取っていたようだし、人との接触は接続に支障がでるとも言っていた。 XXXXXXX
パイ:彼女が孤独に耐えかねて逃げ出したと考えているのかい?
オメガ:率直に言えば、わからないわ。
パイ:彼女の夢を見るんだ...
オメガ:そうなの?よかったら聞かせてくれないかしら?
パイ:構わないさ。いつも目覚めの微睡みに見るからね、鮮明に覚えているよ。彼女が私の部屋へ入ってきて、 XXXXXXX 。最初はそれが夢なのかもわからなかったさ。彼女が私に何か伝えようとするんだ。誰かに聞かれるのを恐れるかのように、囁き声でね。私はなんとか彼女の唇の動きを読み取ろうとするんだが...
オメガ:興味深いわね。どんな意味があるのかしら。
パイ:知らないさ!君が専門家だろう。私の方が聞きたいものだね。
オメガ:夢の分析は私にとっても本来の研究分野ではないわ。でもあなたは彼女のことを思い詰めているみたいね。夢というものは、脳がその日に行ってきたことを「整頓」して記憶を統合するときのものよ。その夢は何度も繰り返し見たのかしら?
パイ:ここ三日程だと思うが。
オメガ:彼女のことを考えすぎているのよ。彼女が XXXXXXX かもしれないことを話したかどうか思い出したいのね。

TS-Morpheus - レムラリア 第1章第3節

パイ:確かにそうだな。
オメガ:自分を責めないでね。あなたは間違ったことなんてしてないわ。
パイ:私は彼女を独りにしてしまった。
オメガ:彼女の望みだったのよ。いずれにせよ、彼女の要望や研究を尊重してのことなら、それはあなたが素晴らしいチームメイトだったということよ。決して悪いことじゃあないわ。
パイ:そうだろうな。
オメガ:彼女の捜索には大きくリソースを割いてはいるけれど、それでこのプロジェクトを危険に晒すわけにはいかないわ。彼女も成功を望んでいたはずよ。今でもそれは変わらないと思うのだけど、あなたはどう考えているのかしら?
パイ:そうだろうな。
オメガ:彼女が見つかったときに朗報を伝えたいでしょう?
パイ:もちろんだとも!彼女も喜ぶに違いない。
オメガ:そのとおりよ!彼女を見つけ出す手掛かりを思い出すか、見つけ出したら教えてくれるわね?シータも彼女を見つけ出す手掛かりとなるなら許可してくれるはずよ。
パイ:君が頼むまでもないだろうな。
オメガ:
パイ:
オメガ:
パイ:

オメガ:
パイ:

オメガ:

パイ:
オメガ:

8575d3dc-e690-47c5-a863-360d136b45b6.jpg8d5a58fa-bd0d-4ce1-8e72-f6a3f498e87e.jpg8c439ba7-f086-44b7-a568-3cb47cce04c5.jpg

TS-Morpheus - Lemuralla 1.1

May 2018- Emerging Intel

JAPANESE INVESTIGATIONS
After American agents failed to retrieve a dead drop placed in Houston, Texas, in a timely manner, *redacted* announced a penalty round before rerouting the North American drop to Dungeness, England, and Tokyo Japan. The Dungeness drop was as successful as could be expected from a dead drop placed into a remote area. The response time of the Japanese drop however, was astonishing. Analytics is perplex about why TS-MORPHEUS investigations has resonated with the Japanese agents, particularly those from PROJECT LYCEUM (misspelled.... ) and suspect its a result of TYCHO's resent journey to the land of the Rising Sun.

Leading up to the aforementioned Japanese Drop, a successful attack against *redacted*'s servers which was instantaneously mitigated by forces within the organization (possibly their Tecthulhu). Operation Essex quickly speculated that the source of the interruption must have internal. CYBER unit has since been able to able to confirm these suspicions: however. We are unable to identify the responsible doubleagent as our HUMINT operations were also blindsided by the action.

Lemuria

More information has surfaced regarding the day following the Delta Incident. The circumstances leading up to the tragic event are still a mystery; however, information regarding the events that transpired in the hours following the event are starting to emerge.

Omega: Come on in Pi. You are just in time.

Pi: Of course, I'm never late or early.

Omega: Please, take a seat. Would you like some tea, coffee? I would offer some beer but working day is not over yet.

Pi: Unfortunately, don't worry, i'm alright.

Omega: Well, let's start; I've been a bit worried about you...

Pi: Is that so? Is it because of the Delta incident?

Omega: Just a little bit before that, to be honest. Tell me, where you honestly thinking on meeting those agents in Brunswick?

Pi: The thought did cross my mind, but i know better. I was merely playing with them.

Omega: Is thats so? Im worried that you are resenting your lack of physical interation with those agents. You know that you are free to go at any time, right?

Pi: Yes, ma'am.

TS-MORPHEUS- Lemuralla 1.2

Omega: But, do you understand why it's better if you don't?

Pi: Yes. We don't want to put the project at rick. Any of us leaving might become a liability.

Omega: I knew you understood. Sorry if it seemed like i was doubting you; However, I want to make sure you are fully engaged and don't feel like a prisoner here.

Pi: The team has my full engagement and support. I believe in this project, I would tell you if otherwise.

Omega: I appreciate your candor. What do you think happened to Delta?

Pi: I'm not sure. I don't want to be a pessimist about it. She did seem a bit down and it was kind of weird when she requested that i didn't see her anymore.

Omega: Indeed, i was very sorry for having to give you that news.

Pi: She wanted to *redacted*

Omega: It was, by all means, her purpose here. She took it very seriously and said human contact was distracting her from connection with it. *redacted*

Pi: Do you think she ended up resent the isolation and ran away?

Omega: I Honestly dont know.

Pi: I've been having dreams about her...

Omega: Have you? Would you mind telling me about them?

Pi: Not at all. They always come when i'm about to wake up; so, i remember them clearly. I see her entering my room *redacted*. At first, i didn't know if i was

dreaming or not. She was trying to tell me something. She seemed to have been whispering ,as if she feared some one might hear her... I tried reading her lips but...

Omega: Interesting.. What do you think that means?

Pi: The hell if i knew! You are the expert; i was hoping you'd tell me.

Omega: Dream Interpretation is not really my area of study. But i would say you are fixated on her. Dreams happen when our brain is bother "clearing up" form all the activity during the day and when memories are being consolidated. Has this happened several times?

Pi: Last three nights... I think.

Omega: I would say you'd been thinking about her a lot, and you want to remember if she told you something that might *redacted*. Don't worry, sweetie. We'll find her.

TS-MORPHEUS -Lemuralla 1.3

Pi: I certainly hope so

Omega: Don't blame yourself, you did nothing wrong.

Pi: I left her alone.

Omega: At her request. If Anything, you were being respectful towards her wishes and her research, that makes you a great teammate, not a bad one.

Pi: I guess so....

Omega: We are using many extra resources in trying to find he0;r however, we are not jeopardizing the project in doing so. You know she wanted us to succeed. I'm pretty sure she still wants that.... Don't you think?

Pi: I guess....

Omega: Wouldn't you like to tell her that we are closer to succeeding when we find her?

Pi: Sure! That would make her happy.

Omega: Exactly! If you remember or discover anything that can aid us in finding here, please let me know, ok? I'm pretty sure Theta would be happy to allow us to pursue any new possible lead that might take us to her.

Pi: You don't even need to ask.

Omega:
Pi:
Omega:
Pi:

Omega:
Pi:

Omega:

Pi:
Omega:

前へ

モルフェウス(112):ハリウッド調査完了

次へ

モルフェウス(114):エックスエム・ハーベストチャレンジ