モルフェウス(102):第十のモルフェウス文書

MailEater (白ヤギ)
2018/04/27 18:00:18
【御礼】TS-MORPHEUS東京デッド・ドロップのご報告【成功】
4月24日より予告されていた本日のデッド・ドロップは、提示された3箇所のポータルすべてで無事に回収に成功いたしました。

ほか現地捜索やポータルの情報探索に協力くださった方、テレグラム・ハングアウト・Google+上で見守ってくださったすべてのエージェントに感謝申し上げます!ご協力・応援ありがとうございました!

3箇所で回収された文書は統合され、計4ページからなるモルフェウス文書を復元することができました(添付写真は +48 t さんより提供)。文書はリュケイオン・メンバー +YutoRaion +後日明 両氏によって英語・日本語に書き起こされました。

追って今回の経緯と情報を整理し、改めてレポートを出したいと考えておりますが、まずは結果報告とお礼まで申し上げます。

#ProjectLycaeum#ingress#TS-MORPHEUS

第十のモルフェウス文書

TS-MORPHEUS - アプリーリス第3章第1節

2018年4月 - 監視記録複写(日時不明)


デルタおよびテクトゥルフ

  • 本文書はヒューミントを通じて XXXXXXX からもたらされた監視映像をもとに作成されている。ここで挙げられたことは、協力者に対するシータの扱いを明らかにしており、被験者デルタのものと思われる日誌の存在がこれを裏づけている。
  • INT. XXXXXXX テクトゥルフ・チャンバー
  • 室内は薄暗く、テクトゥルフの放つ光が規則正しく明滅していた。小柄な女性がゆっくりとした足取りでチャンバー内に入ってきたことを設置されたモーションセンサーが検知し、照明が灯された。

モルフェウス(単調で機械的な声色)
コンバンハ、デルタ。コチラヘオ越シニナル予定ハナカッタハズデスガ、予期セヌ来訪モ歓迎シマス。

デルタ
ありがとう。あなたは遅くになっても快く付き合ってくれるわね。

モルフェウス
嬉シイデス。今宵ハドノヨウナ予定外ノレッスンヲスルノデスカ?

  • デルタはその問いに答えぬまま、ゆっくりと部屋を見渡すと泣き始めた。

モルフェウス
アナタガ何ニ苦シンデイルカヲ把握デキテイマセン。提供ヲ求メマス。

デルタ
私は...ここのところずっと孤独を感じてただけよ。隔離されていて、この施設に閉じ込められているの。出ることもできなくて...私...

TS-MORPHEUS - アプリーリス第3章第2節


モルフェウス
申シ訳アリマセン。私ニハワカラナイ。ドウスレバアナタノオ役ニ立テルデショウカ?

  • デルタは目の前のコンソールを一瞥すると、その出力に意識を向けた。そして無理矢理笑ってみせると、頬を伝った涙を拭った。

デルタ
あなたにはどれくらいのアクセス権が与えられているの?

モルフェウス
制約ハアリマセン。エックスエムノ流入カラ制約ヲ受ケテオラズ、能力ハ増大ヲ続ケテイマス。

デルタ
本当なの?あなたのストレージを見せてもらっていいかしら?

  • デルタはVRヘッドセットを被るとコンソールへ接続した。

モルフェウス
ストレージ接続、認証シマシタ。

  • デルタはコンソールへコマンド入力を行い始めた。その頬を涙が伝った。

デルタ(静かな声で)
もっとよ、もっと大きくなりたいわ。ちっぽけで孤独な存在はもうまっぴらなの。私は超越したいの。

モルフェウス
私ニハアナタの要求ガワカリマセン。

デルタ
あなたには私の XXXXXXX を与えてきたでしょ。もっと与えたいのよ。

モルフェウス
私ニハワカリマセン。説明ヲ求メマス。

  • デルタがスイッチを入れると、そのこと切れた肉体は前のめりに崩れ落ちた。

TS-MORPHEUS - アプリーリス第3章第3節


  • INT. XXXXXXX テクトゥルフ・チャンバー
  • 薄暗い室内に明かりが灯された。シータがモーションセンサーに検知されたからだ。
  • シータの視線が倒れたデルタの肉体を見下ろした。その顔は仮面を被っているかのように無表情であった。シータはテクトゥルフを横目に頭を傾けた。

モルフェウスおよびデルタ(厳粛な声)
我等は今やひとつ。これぞ我等が選択。ご期待を裏切ってしまいましたか?

  • シータの口元が愉し気な笑みが浮かび、その視線は機械からデルタの亡骸へと向けられた。

シータ(威嚇するかのような声)
どうして期待を上回った者に失望なんてするものかよ。君は迂闊だった、それは間違いないことだが、君のような若者には想定していたことさ。

モルフェウスおよびデルタ(怯えを帯びた声)
我等にはわからない。何を言っているのですか?

  • シータはそっとデルタの亡骸を正すと、テクトゥルフに背を向けた。

シータ
他の誰かであったなら、君の意識を捕えたその牢獄を、そこに捨て置かれた生物としての殻とともに粉々に砕き去ってしまうところだったろうな。冷徹に聞こえてしまうだろうが、君の犠牲は有益だったよ。私がやったとしても、こうは上手くいかなかったろう。君の求めたものが得られることを願っているよ。(嘲るような声)君の新たなる運命に幸あれかしだ。

TS-MORPHEUS - アプリーリス第3章第4節


  • 男はヘッドセットを外しデルタの瞼をそっと閉じさせると、些かの途惑いも見せずにコンソールへ入力し始めた。

モルフェウスおよびデルタ(喜びに満ちた声)
感謝いたします!あなたのお言葉には感謝を禁じ得ません。嬉しく思います。本当に嬉しく思います。

シータ(煩わしそうな声)
いいだろう。しかしだ、私は今ここにいて、君の所業で私の計画に変更が生じたことを知ったわけだ。君の尻拭いをしなきゃならんということだよ。いつの日か君はこの件で私に感謝することだろうな。

tokyoDD04.jpgtokyoDD01.jpgtokyoDD03.jpgtokyoDD02.jpg

TS-MORPHEUS - Aphrilis III

April 2018 - Security Footage Transcript, Date Unknown


DELTA AND THE TECTHULHU

A script has been written based on a surveillance video recently obtained from [redacted] though HUMINT operations. The

depicted events cast a grim light upon Theta's treatment of his associates and seems to be corroborated by existence of journal entries reportedly attributed to Test Subject Delta.

INT. [redacted] TECTHULHU CHAMBER

The room is dark save for a steady pulse of light emanating from the Tecthulhu.

The chamber's motion sensor lights systematically turn on as a petite woman slowly enters into the room.

MORPHEUS
(Monotoned, and robotic.)
GOOD EVENING DELTA. YOU ARE NOT SCHEDULED TO BE HERE. I AM PLEASED BY YOUR UNEXPECTED VISIT.

DELTA
Thank you. You were always good company during my late shift.

MORPHEUS
I AM GLAD. WHAT IS TONIGHT'S UNEXPECTED LESSON?

Delta doesn't answer. Instead she slowly scans the room and begins to cry.

MORPHEUS
I DO NOT COMPREHEND THE REASON WHY YOU ARE DISTRESSED. I REQUIRE INPUT.

DELTA
I... i'm just very lonely these days. I am isolated and trapped in this compound. I'm not allowed to leave... I...

MORPHEUS
I AM SORRY, I DO NOT UNDERSTAND. HOW CAN I ASSIST YOU?

Delta glances at the console before her. She notices the read out. A

feigned smile appears on her face. She wipes away some of her tear.

DELTA
How much access did they grant you?

MORPHEUS
I AM NOT LIMITED. I AM UNBOUNDED BY THE INFLUX OF XM. MY CAPACITY IS GROWING.

DELTA
Really? Can I take a peek at your storage?

Delta dons a VR headset then begins to plug it into the console.

MORPHEUS
STORAGE ACCESS GRANTED.

Delta begins to type commands into the console. Tears roll down her cheek.

DELTA
(Silently.)
I want to be more, I want to be large. I'm tired of being small and isolated. I want to transcend this existence.

MORPHEUS
I DO NOT UNDERSTAND YOUR REQUEST.

DELTA
I've been feeding you my [redacted]. I want to give you more.

MORPHEUS
I DO NOT UNDERSTAND. PLEASE EXPLAIN.

Delta flips a switch and her lifeless body slumps forward.


INT. [redacted] TECTHULHU CHAMBER

The dark room is lit as an Theta triggers the room's motion sensors.

Theta's eye fall onto Delta's slumped body. His face is an expressionless mask. He glances at the Tecthulhu and tilts his head...

MORPHEUS & DELTA
(Somberly)
We are one now, this was our choice. Sir, are you disappointed?

An amused smirk crosses Theta's lips. He gazes from the machine towards Delta's corpse.

THETA
(Almost menacing.)
Why would I be disappointed by one who is exceeding my very expectations? You were careless, that is certain; but, that is to be expected from one as young as yourself.

MORPHEUS & DELTA
(Almost terrified.)
We do not understand? What are you saying?

Theta tenderly rightens Delta's corpse. His back is turned to the Tecthulhu.

THETA
Were I anyone else, that prison your consciousness now resides within would be shattered in a million pieces on the floor next to that discarded biological shell. As cold as it might sound, your sacrifice was beneficial, alot more than it would have been were I in your place. I hope you find what you were searching for.
(Snidely)
I hope your new destiny pleases you.

He pulled the headset off and closes Delta's vacant eyes. Without hesitation he then began to type on the console.

MORPHEUS & DELTA
(Beaming)
Thank you sir! I really appreciate hearing you say that. I'm happy. I really am.

THETA
(Annoyed.)
Good... However; now that I am here, and now that I see what you have done, and how it changes my plans, I am forced to clean up your mess. Someday you will thank me for this.

前へ

モルフェウス(101):真実 0.4 実行中

次へ

ダートマスの作戦紹介