モルフェウス(11):ナヴァッロ・エピファニーナイトの考察

Ishira "Glyph Hunter" Tsubasa
2018/04/02 02:26:13
長文であることと、私の憶測によるものであって事実と扱われるべきでないことにご留意ください。確かなことはイベントの名称だということのみです。

最近のやりとりでナヴァッロ・イベントの名称がわかりましたが、それが表に出ていませんでした。この件については申し訳ありません。おそらくは私の連絡に手違いがあったのでしょうが、公表に至っていませんでした。しかし、直面することを理解しようとする中で、幾つか興味深いことがありました。

啓示の夜は、その責の多くがオリバー・リントン=ウルフの実験失敗にありましたが、他にも、ジャービスといった人物にも責があります。ジャービスが啓示の夜に直接関わったと言うつもりはありませんが、ナイアンティック・マグナス・アーキタイプに関して記述されたこちらの記事に間接的な手掛かりを見ることができます。

イレブン・オブ・サーティン(2017年03月23日)より抜粋
その芸術的なビジョンはリントン=ウルフよって役立てられた。リントン=ウルフはジャービスが自発的に、あるいは無意識のうちに、その作品を通じてエックスエム・オブジェクトの原型を表現していたことを察したのだ。様々な点でエックスエムに隠されていた秘密を初めて解き明かしたのはジャービスであり、啓示の夜を迎える礎となった。そしてその先にジャービス自身の死があったわけだ。

無論これもリチャード・ローブの見解に過ぎませんが、興味深い考えです。今回のキャンプはマグナス・イベントであり、アーキタイプや複数のマグナスの関与を意味しています。先のマグナスに取り残されたのはオリバーとジャービスでしたし、オリバーが今回のイベントを利用し、更には関わろうとしている可能性は高いのです。私たちにわかっていることは、メリッサからの情報やダークエックスエムの機密情報を見ていくとしましょう。

現在起きているダークエックスエムの脅威に関する文書において、その責は身勝手極まる技術者によるものとされています。

ダークエックスエムの脅威と対処法(2018年03月08日)より抜粋
この身勝手に極まる技術者が危険で悪質な実験を今後継続していくのかはわかっておらず、その人物が誰で、どうすれば阻止できるかは依然として喫緊の調査対象である(リンク
フェスティバル福岡:戦績基準(2018年03月31日)より抜粋
この身勝手に極まる技術者が危険かつ悪質な実験を今後も継続していくかはわかっておらず、その人物が誰で、どうすれば阻止できるかは依然として喫緊の調査対象である。リンク

確かにシカゴのリモート・パーティシペーション・エクササイズを経てオリバー・リントン=ウルフは私たちの世界へ舞い戻ってきており、オリバーがこの身勝手極まる技術者である可能性は大いにあります。メリッサの手にした文書で初めてこの身勝手極まる技術者にその名が挙げられました。

モルフェウス(1):モルフェウス文書(2018年03月20日)より抜粋
ローランド・ジャービスや検出アルゴリズム、そしてテクトゥルフのアルティメットやエックスエム、ナジア・サブストレートといったものとの送受信機能を向上させた身勝手な技術者であるオリバー・リントン=ウルフを信奉する者たちがいる(リンク

確かにオリバーは身勝手な技術者であり、ポータルネットワークに数々の問題を招いてきました。私たちは再び彼の行いを阻止しようとしているのです。彼は予備計画を用意していることでしょう。そこにカリフォルニア州ナヴァッロが関わることはイベントの名称で示されています。ナヴァッロ・エピファニーナイトです。ですが、彼は何を得ようとし、誰が関わっているのでしょうか。今回の件はオリバーのみの仕業ではないのです。

掲示の夜に誰が関わっていたのか、モルフェウス文書で度々挙げられているのは誰なのか、そしてオリバーの経歴を改めて考えると、現時点でマグナスに残されているのはジャービスとオリバーの二人だけです。無論、これはジャービスの意向ではないでしょう。エージェントはフェイト・オブ・サーティンで彼をマグナスに残留させましたが、迫っているイベントはひとつのマグナスを巡るものではなく二つのマグナスに関わっていてそのひとつが両者の関わる事件に由来していることを偶然とは思えません。オリバーとともにマグナスに留まったことが何の影響も与えなかったとは言い切れないでしょう。

いずれのやりとりでも、私はひとつのことに囚われてきました。誰もが偽りを語っていると、真実は考えているより遙かにひどいものだと。

事実であれば、ジャービスはオリバーとともに活動しているのです。事実がジャービスに留まらないものであるならば...

改めて、私はシカゴのリモート・パーティシペーション・エクササイズとその裏にある重要性に着目しています。

シカゴのリモート・パーティシペーション・エクササイズで、オリバーは自壊シーケンスとマンハッタン計画テクトゥルフを用いて私たちの世界へ舞い戻ってきました。ここで初めて明らかとなったテクトゥルフであり、ハンク・ジョンソンがマンハッタン計画の調査を行おうとするより前のことです。これが旅路でエージェントを助勢することとなったのです。ハンク・ジョンソンとミスティ・ハンナはいずれもがオリバーを舞い戻らせるすべを有していました。偶然のことに過ぎず、彼らにもわからぬことであったのかもしれませんし、信じるに足りたのが唯一人ミスティだったのかもしれませんが、それも後日のこじつけなのかもしれません。ですが、ハンクは全てでないにせよ何かを承知しているように思えたのです。

私はその重要性を指摘しておきたいと思います。次に挙げる投稿ではミスティとハンクとのやりとりが紹介されていますが、オペレーション・エセックスではハンクのアカウントがノマドとなっていることにいち早く気づき、コミュニケーション・パネルやグーグルプラス上で広範な調査が行われましたが、成果は得られませんでした。

ノマドからのメッセージ(2018年02月08日)より抜粋
ノマド:いるかい?
ミスティ:いるわよ。
ノマド:急ぎなんだ。
ミスティ:ショーの前なのよ。
ミスティ:どうかしたのかしら?
ノマド:厄介な問題があって君の助けが必要だ。
ミスティ:いつものことじゃないの。
ノマド:幾つかファイルが見当たらないんだ。
ミスティ:データファイルかしら?
ノマド:全てだよ、紙もデータもだ。ブラックホールとなってしまっている。
ミスティ:そんな奇術のような真似が私にできるかわからないわね。
ノマド:別のことを考えていたよ。
ミスティ:あら、そうなの?
ノマド:遠隔でアクセスできるものなのだろうか。
ミスティ:可能よ。どのような結果をもたらすか予測するのは難しいでしょうけどね。意図しないことも起こるでしょうよ。この世界や他の世界にね。
ノマド:この件は私にとって何かと不都合でね。正確なところを指し示すことはできるはずだ。
ミスティ:わかったわ。そろそろ時間なの。後で連絡してくれるかしら?あなたもご存知のところでね。
ノマド:いいだろう。都合のいいときに教えてくれれば、連絡を入れよう。

後々になって気づいたのが、彼の使用していた画像です。彼が自らのアイコンに使用した画像を調べたところ、ハンク自身がその画像を使用した例は過去にありませんでした。

こちらの投稿でハンクは自らの意思を明らかにし、オリバーを捜索するのみならず、彼を救おうとしていることがわかりました。

同志の必要性(2016年12月26日)より抜粋
オリバーよ、この投稿を目にしているのであれば、君に対してなんら害意はないことを約束しよう。無論、君が生きていると信じてのことだ。

我々は対話すべきだ。我々の目指すところは君が考えているほどかけ離れているわけじゃないし、今このときに同志を得ることは君の目指す世界にとって決して悪いことじゃないだろう。

さて、これは皆さんがお考えのようにハンクが善良であるが故でしょうが、それもハンクが当初からカルビンの関心を寄せられた所以だったのでしょう。

ハンクは滅びた文明とサーティンマグナスを探索してきましたが、後にハンクに調査の手が伸び、オリバーを探そうとしていたことからノワール後にオリバーを匿ったとして非難されています。昨年のナヴァッロ後にはオリバーの捜索に言及することはありませんでした。

ハンク、オリバー、ジャービス、ミスティが迫る今回のマグナスイベントに関わってくると私は見ています。ハンクはオリバーに協力しているでしょうし、ミスティも二人を手助けするでしょうね。何が進められているかを承知しているのですから。ミスティは口外している以上に多くのことを把握しています。ジャービスも手助けしていますと見ています。去りし時期を供にしており、舞い戻る手段や目的を達する手段を議論していたのかもしれませんね。おそらくそれは新たなマグナスを生み出すことも有り得るでしょう。

モルフェウス文書がこの件を示唆しているのであれば、オリバーの背後には私たちの考えてきたような熱心な協力者たちやエイダに留まらない支援があるようにも思えます。

俗受けしない意見だということはわかっていますし、全くの見当違いの可能性だってあるでしょう。私をパラノイアとおっしゃるかもしれませんが、書き連ねねばならないと思ったのです。私の考えは事実ではありません、ただ最近の出来事を通じて私が感じ取ったことなのです。

追記:
この投稿で取りあげたいずれの方々に対しても他意はありません。彼らが実際に関わっているのか、そして何をしているのかへ関心を寄せているだけなのです。間違いであることが明らかとなった場合や彼らから関与していないとの連絡があれば、この投稿を更新いたします。

Ishira "Glyph Hunter" Tsubasa
2018/04/02 02:26:13
Navarro Epiphany Night

*Warning this is long and filled with my speculation and should not be taken as fact. Other than the name of the Event that is. *

In a conversation it was recently revealed to me what the name of the Navarro event was and i realized i never truly made it public.. Please forgive me for this. Maybe this was a slip up by my contacts part, maybe it was wasnt but in the journey to understand what we will be facing ive come across some interesting things....

Epiphany Night was greatly blamed on the failed experiment of +Oliver Lynton-Wolfe but there was also another person.... Jarvis. Now i'm not saying Jarvis directly caused Epiphany Night, yet, but it was indicated more recently in this post about the Niantic Magnus Archetypes that he had an indirect hand in it.

http://investigate.ingress.com/2017/03/23/eleven-of-thirteen-enl-claim-the-dreamer/

"His artistic visions served as fodder for Lynton-Wolfe, who realized that Jarvis, wittingly or unwittingly, was revealing the blueprints for XM objects through his art. In many ways, it is Jarvis who first first unlocked the secrets hidden within XM -- perhaps setting the stage for the events of Epiphany Night -- and by extension his own death"

Now this is of course under the Opinion of +H. Richard Loeb but it did strike up an interesting thought..... These camps are Magnus events, meaning the Archetypes and possibly more than one magnus will be involved. The people that were left in the last Magnus were Oliver and Jarvis, and we know that Oliver will likely try to take advantage or even be in charge of these upcoming events. How do we know? Lets look at both +Melissa Wikkedimp s drop and the Dark Xm Intel drops.....

In every documentation about the Dark Xm Threat Events happening now, the blame on what is happening is placed on a Rogue Techologist.

http://investigate.ingress.com/wp-content/uploads/2018/03/DarkXMThreatandResponse.pdf

It remains to be seen if this _rogue technologist__ will continue to pursue this dangerous and ill-advised_
research probe. Who this person is, and how they can be stopped, remain subjects of urgent
inquiry.

http://investigate.ingress.com/2018/03/30/emerging-intel-dark-xm-counterresponse-shard-operation-in-fukuoka-part-2/

..... this _rogue technologist__ will continue to pursue this dangerous and ill-advised research probe. Who this person is, and how they can be stopped_

Obviously, because Oliver recent returned to our world in the Chicago RPE, it has been greatly assumed that Oliver is the Rogue Technologist. There how ever was no naming of the Rogue Technologist until Melissas package here

https://plus.google.com/u/0/104903546245340441282/posts/bFEKwCo3dsS

Where it states several members of an unknown group are
"ardent followers of Roland Jarvis, A detection Algorithm, and/or the _rogue technologist Oliver Lynton-Wolfe__"_

So Oliver is in fact our Rogue Technologist that is already causing issues in the portal network and we are once again attempting to stop him. I feel he has a back up plan this time and it involves Navarro which i feel is indicated by the name of the event in California, Navarro Epiphany Night. But what does he have to gain and who is involved in all of this? Oliver is obviously not doing this alone....

If we look back on who was involved in the last Epiphany Night and who has been mentioned in the Ts-Morpheus files there are repeated names.... If we look at Olivers history, we know at this moment Jarvis and Oliver are the only two left in the Magnus. Of course this isnt Jarvis's choice, he was left by the agents that decided the fate the 13 but we are coming up to not just one but two Magnus events and i dont think its a coincidence that one of the events is being named after something both of them were involved in. And who is to say that the agents werent influenced to keep him in the Magnus with Oliver?

In all of the conversations i have had recently there is one theme that keeps being brought up.... Everyone Lies... The truth is much worse than you can expect....

What if the truth is, Jarvis is working with Oliver.... What if the truth is its not just Jarvis either....

Again i point to the Chicago Rpe and a hidden account.

In the Chicago Rpe, Oliver came back to our world/realm through the use of the Self Destruction sequence and the Manhattan Project Tecthulhu, a tecthulhu that was not known about before this event and before +Hank Johnson decided to look into a file that mention MP. This brings up the fact of who sent and helped agents in this journey. Hank Johnson and +Misty Hannah... They both had a hand in bringing Oliver back and while it could be said this was a coincidence and they had no idea, the only person i can believe didnt know, may be Misty and even then thats a stretch... But Hank... Hank i feel knew something if not everything.

This is where i point out the hidden account. In the post below, a conversation between Misty and Hank was shared. It was noted very quickly by +Operation Essex agents that the account Hank was using, titled Nomad, was not known... An extensive amount of in comm pinging and searching of gplus pulled up nothing...

http://investigate.ingress.com/2018/02/07/a-message-from-a-nomad/

That was until i noticed something... The picture he used. I decided to instead look for the picture he used to represent himself and the only time Hank himself had used that image was here....

https://plus.google.com/u/0/+HankJohnsonNomad/posts/5vxT6cvtRQB

In this post Hank made his intention clear, he was looking for Oliver and not only that, but that he was looking at helping Oliver....

_"...if you are reading this, Oliver -- and yes, I believe you are alive -- I am no threat to you. _

We should talk. Our interests are not as far apart as you might think, and it would not be the worst thing in the world for you to have friends right now."

Now this could simply be Hank being the good guy everyone thinks he is but i think that it goes back to why Hank gained the attention of Calvin from the very beginning... Hanks exploration of dead civilizations and 13Magnus.... Hank would later be investigated and accused of harboring Oliver after Noir because of his insistence on trying to find Oliver... After Navarro last year, he never mention searching for Oliver again.....

I think Hank, Oliver, Jarvis, and Misty will be involved in this upcoming Magnus event. I think Hank is working for or with Oliver, that Misty is helping them and has an idea of what is happening because honestly... Misty is intelligent and knows a lot more than she lets on... I think Jarvis may also be helping, that in Olivers time away he was with Jarvis and they may have discussed how to either get him back or how to achieve the goals Oliver had before.... Maybe even make a new Magnus....

I also think that if the Morpheus files indicate anything towards this that there is probably even more support behind Oliver than we even imagined in the form of a dedicated group and possibly Ada....

I know this is going to be an unpopular opinion, and i know that it could be completely wrong. Blame my paranoia if you must but i figured i needed to write all of this down in one spot.... My thoughts are not fact, they are just the direction my mind is going with all the recent events and warnings i have gotten.

Edit. I have nothing personally against any of the people I've mentioned in this post, I am just profoundly interested if they are in fact working together and what they doing. If I am proven wrong or they contact me to say they are not involved I will gladly change this post as I'm not doing this in any malice intent.

+Ingress +John Hanke +flint dille +Project Isthmus +Andrew Krug #ingress #PassageToOsiris #Morpheus #Darkxm #Navarro #NavarroEpiphanyNight

前へ

モルフェウス(10):エジプト神の考察

次へ

ガーディアンメダル:廃止