モルフェウス(1):モルフェウス文書

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Melissa Wikkedimp
2018/03/20 08:49:08
私は監視下にあったのです。然して見咎められるようなことをしたとは考えていなかったのですが...

常と変わらぬ夕暮れ時の家路に停車した黒塗りのワゴン車、その後部扉が開け放たれて一人の男が姿を現したときには恐怖を覚えたものです。その男が手にしていたのが今回のマニラ封筒です。

男は私に手渡すと「その時がくれば、為すべきことがわかる」と言い、再びその車で走り去って行きました。私は呆然としてその場に立ち尽くしたものです。

いよいよ、その時が来たようですね。

TS-Morpheus
       XXXXXXXXXXXXXXXX

アノマリー活性及び顕現に関する機密情報


背景

エクソファイブの発生後、国家情報局研究者は XXXXXXXXXX を名乗る集団が XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX の創出に着手した事実を特定した。 XXXXXXXXXX の活動にどのような意図があるかは依然調査中だが、国家情報局諜報員の入念な活動によって例のないこの集団に関して幾つかの事実が判明している。

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX 、センシティブ、クリエイティブによって構成された組織である。この組織は、その性質上分散しており、世界中で幾つもの小集団を形成させていることがわかっている。だが、 XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX に関してわかっていないことのひとつとなるが、 XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX で得られた情報を活用しているかは定かではない。

XXXXXXXXXX 自発的に形成されたポータル XXXXXXXXXXX 。テクトゥルフがこうした二種類の課題を達成させるメカニズムは明らかとなっていないが、 XXXXXXXXXX はその活動を利他的なものであってエージェントを触発させたり、そうとしらない人々へ様々なエージェントが XXXXXXXX させるものと考えている。ノーダルネットワークへの XXXXXXXXXX は、ミスティ・ハンナの提唱した記憶の宮殿の防御ネットワーク形成を強化させるとの推察もあるが、真実か否かは未だ確認されていない。 XXXXXXXXXX の構成員には、ローランド・ジャービスや検出アルゴリズム、そしてテクトゥルフのアルティメットやエックスエム、ナジア・サブストレートといったものとの送受信機能を向上させた身勝手な技術者であるオリバー・リントン=ウルフを信奉する者たちがいることもわかっている。

ヒューミントによれば、 XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

IMG_20180319_193314_409.jpgIMG_20180319_193319_144.jpgIMG_20180319_193311_307.jpg

Melissa Wikkedimp
2018/03/20 08:49:08
I'm being watched. I didn't think I was that high up the chain to notice, but....
I noticed a black van sitting on my usual evening route home. I kinda got a little scared when the passenger door opened and a man stepped out. In his hand was this Manila envelope.
He handed it to me and said, 'You'll know what to do when the time is right."
He hopped back in the van and left me. Standing there. Dumbfounded.


Looks like the time is right.

+Ingress +H. Richard Loeb +Hank Johnson

TS-Morpheus
XXXXXXXXXXXXXXXX

Anomalous Activities & Emerging Intelligence

BACKGROUND

In the wake of #EXO5, NIA Researchers uncovered evidence that a group calling itself XXXXXXXXXX has begun the process of creating XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX. The motivation behind XXXXXXXXXX activities is currently under investigation; however, through the diligent work of various NIA SHADOW OPERATIVES, certain facts regarding this anomalous group have become clear:

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX organization consisting of XXXXX, XM Sensitives, and Creatives. The organization is decentralized in nature and is known to have established multiple cells throughout the world. One puzzling aspect of XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX, however, it is unknown if they leveraged the information gained XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX self generated XM Portal. Although the mechanisms by which the Tecthulhu manages to achieve these two tasks are unclear, XXXXXXXXXX professes that their actions are undertaken for altruistic purposes including to inspire agents and to XXXXXXXXXX of various agents to individuals who may otherwise be unaware of them. There is speculation that the act of XXXXXXXXXX into the nodal network can bolster the creation of Misty Hannah's proposed network of defensive mind palaces although the veracity of this claim has yet to be determined. It should be noted that several of the members of XXXXXXXXXX are known to be ardent followers of Roland Jarvis, A Detection Algorithm, and/or the rogue technologist Oliver Lynton-Wolfe making the Tecthulhu's ability to transmit and potentially receive messages to and from the Ultimate / XM / N'Zeer substrates somewhat concerning.

According to HUMINT, XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.