ダークエックスエムの脅威と対処法(改訂)

(訳注)2018年3月8日付「ダークエックスエムの脅威と対処法」が改訂されました。

グローバル・オペレーション:ポータルネットワーク活性化(2018年3月12日改訂)
ネットワーク内のエンライテンド・ポータルおよびレジスタンス・ポータルの最大化
調査によれば、中立状態にあるポータルはダーク・エックスエム対して極めて脆弱である。これに対応してポータルネットワーク全域の状況を計測し、エンライテンド・ポータルおよびレジスタンス・ポータルの総数が記録されるとともに、基準計測値からの差分計算に用いられる。

グローバル・オペレーションの詳細(2018年3月12日改訂)
ネットワーク内の脆弱な中立状態ポータルを削減し、カウンターパターンの開発に必要な高エックスエム状態を担保するため、グローバル・オペレーションを遂行しなければならない。

3月17日(土)、3月24日(土)、3月31日(土)、4月7日(土)の世界協定時18時頃にポータルネットワーク全域の状態が計測され、それぞれの計測でレジスタンス・ポータルおよびエンライテンド・ポータルの数が記録されるとともに、陣営の基準計測値との差分計算に用いられる。
(訳注)日本標準時で翌日午前3時頃

基準計測初期値は次のとおりである。

  • 1,705,203(エンライテンド)
  • 1,797,219(レジスタンス)

今後の各計測値は次週の陣営基準値決定に用いられ、陣営基準値と計測値との差分が大きい陣営にその週のグローバルオペレーションに係るポイントが提供される。

オペレーションの記録(2018年3月12日改訂)
グローバル・オペレーションのみならず第1フェイズおよび第2フェイズのオペレーションも記録され、この重要かつ繊細な研究に対してより貢献した陣営を特定する。

一度のグローバル・オペレーションでより大きなポータルデルタ(差分)が計測された陣営には5ポイントが提供され、これは4度にわたって行われる。

第1フェイズ・オペレーションを達成させるごとに、陣営には1ポイントが提供される。

第2フェイズ・オペレーションを達成させるごとに、陣営には2ポイントが提供される。

このポイントは全オペレーション終了後に集計され、より多くの貢献を果たした陣営には感謝の証として今後のアノマリーに関わる情報が提供される。

この陣営全体へ提供する見返りとは別に、30回使用可能な高出力のパスコード100種が用意される。このパスコードは、ソーシャルネットワーク上でハッシュタグ #DarkXMCure を活用し、オペレーションを書き起こし素晴らしい報告を紹介することで我々の研究に貢献した見返りとして提供される。なお、極めて素晴らしい報告にあっては複数のパスコードが提供されることとなる。

DARK XM THREAT AND RESPONSE
March 7, 2018 · by PAC · in Passage to Osiris

GLOBAL OPERATION: PORTAL NETWORK ACTIVATION (Revised March 12, 2018):
Maximize Enlightened/Resistance Portals within the Network
Research indicates that Neutral portals are more vulnerable to the Dark XM threat. To remediate this, the state of the Portal Network will be Measured and the total number of Enlightened and Resistance Portals will be recorded and used to calculate a delta from a baseline Measurement.

DETAILS OF GLOBAL OPERATION (Revised March 12, 2018)
In order to reduce the presence of vulnerable Neutral Portals within the Network, and to ensure a high-XM state within the Network for further counter-pattern development, a Global Operation will be required.

On March 17th, 24th, 31st and April 7th at approximately 6PM UTC, the state of the entire Portal Network will be Measured. The number of Resistance and Enlightened Portals will be recorded, and used to calculate a variance from a Faction Baseline Measurement.

The initial Faction baselines are as follows: E: 1,705,203, R: 1,797,219.

Each subsequent Measurement will be used to establish a new Faction baseline for the following week. Each week, the Faction with the greater delta between the baseline Measurement and the final Measurement will be rewarded the value for that week's Global Operation.

RECORD OF OPERATION (Revised March 12, 2018)
A complete record of the GLOBAL OPERATION, as well as PHASE ONE and PHASE TWO operations will be maintained, and will be used to publicly recognize the Faction that contributes the greatest value to this important and sensitive research endeavor.

Having a greater Portal Delta during a GLOBAL OPERATION Measurement (of which 4 will be conducted) will be worth 5 for a Faction.

Successful completion of a single PHASE ONE operation will have a value of 1 for a Faction.

Successful completion of a single PHASE TWO operation will have a value of 2 for a Faction.

These values will be summed after all operations have concluded, and the Faction with greatest contributions will be awarded intel for future XM Anomalies as a token of gratitude.

In addition to this Faction-wide award, 100 high yield passcodes (with 30 redemptions each) will be created. These passcodes will be rewarded to those who contribute to our research by documenting their operations and sharing exceptional sitreps on social media using the hashtag #DarkXMCure. Truly exceptional sitreps will be rewarded more than one passcode.