ダークエックスエムの脅威と対処法

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2018/03/08 14:13:52
私のもとに幾つかのアノマリーインテルが届いたことを昨日お伝えしたが、これがそうだ。

TS-DARZALAS-GLOBAL
アノマリーインテル及びポータルネットワーク・インテグリティ・オペレーション
2018年03月 ダークエックスエムの脅威及びその対処(第1頁)

概説

国家情報局の研究者がポータルネットワーク上に憂慮すべきエネルギーパターンを特定した。過去に相関性を示すデータは皆無に等しい。現段階で最も有力視されているのは、エックスエム・サブストレートを侵している出所の定かでないダークエックスエム・システムではないかとの仮説である。

このダークエックスエム・システムは初期段階にあると思われ、おそらくは実験的な小規模展開にある。これ自体は朗報である。部分的に解読された情報には、「基礎研究および検証」の略称とみられる「BR&T」という記述がある。

現時点でこのシステムは単純なものであることから、対処法を断定することもできた。世界中のエージェントから助力を得られれば、システム製作者の意図した結果がもたらされる前にダークエックスエムの脅威を食い止めることもかなうに違いない。

この身勝手に極まる技術者が危険で悪質な実験を今後継続していくのかはわかっておらず、その人物が誰で、どうすれば阻止できるかは依然として喫緊の調査対象である。

対抗手段

この脅威に抗う効果的な対処法は、ひとつのグローバル・オペレーションおよびふたつのフェイズからなるローカル・オペレーションにあると断定した。

グローバル・オペレーション:ポータルネットワーク活性化
ネットワーク内のエンライテンド・ポータルおよびレジスタンス・ポータルの最大化
調査によれば、中立状態にあるポータルはダーク・エックスエム対して極めて脆弱である。これに対応してポータルネットワーク全域の状況を計測し、エンライテンド・ポータルおよびレジスタンス・ポータルの総数が記録される。

グローバル・オペレーション:ポータルネットワーク活性化(2018年3月12日改訂)
ネットワーク内のエンライテンド・ポータルおよびレジスタンス・ポータルの最大化
調査によれば、中立状態にあるポータルはダーク・エックスエム対して極めて脆弱である。これに対応してポータルネットワーク全域の状況を計測し、エンライテンド・ポータルおよびレジスタンス・ポータルの総数が記録されるとともに、基準計測値からの差分計算に用いられる。

対抗手段開発第1フェイズ:
特定のポータルに50本以上のリンクを形成
計測時に特定のポータルへ50本以上のリンクが形成されていれば、そのポータルを介してダークエックスエム・システムとエックスエム流動との干渉状況を調査できる。そうすることでダークエックスエムの脅威を中和させるカウンターパターンの創出につながる。

TS-DARZALAS-GLOBAL
アノマリーインテル及びポータルネットワーク・インテグリティ・オペレーション
2018年03月 ダークエックスエムの脅威及びその対処(第2頁)

対抗手段開発第2フェイズ:
特定のポータル間に1本のリンクを形成
特定時間内に特定ポータル2点間で1本のリンクを形成させ、ポータルネットワークを介してカウンターパターンの送信が試みられる。そうすることで、今後に備えカウンターパターンが効果的な広がりをみせるかが研究される。

グローバル・オペレーションの詳細
ネットワーク内の脆弱な中立状態ポータルを削減し、カウンターパターンの開発に必要な高エックスエム状態を担保するため、グローバル・オペレーションを遂行しなければならない。3月17日(土)、3月24日(土)、3月31日(土)、4月7日(土)の世界協定時18時頃にポータルネットワーク全域の状態が計測され、それぞれの計測でレジスタンス・ポータルおよびエンライテンド・ポータルの数が記録される。
(訳注)日本標準時で翌日午前3時頃

グローバル・オペレーションの詳細(2018年3月12日改訂)
ネットワーク内の脆弱な中立状態ポータルを削減し、カウンターパターンの開発に必要な高エックスエム状態を担保するため、グローバル・オペレーションを遂行しなければならない。

3月17日(土)、3月24日(土)、3月31日(土)、4月7日(土)の世界協定時18時頃にポータルネットワーク全域の状態が計測され、それぞれの計測でレジスタンス・ポータルおよびエンライテンド・ポータルの数が記録されるとともに、陣営の基準計測値との差分計算に用いられる。
(訳注)日本標準時で翌日午前3時頃

基準計測初期値は次のとおりである。

  • 1,705,203(エンライテンド)
  • 1,797,219(レジスタンス)

今後の各計測値は次週の陣営基準値決定に用いられ、陣営基準値と計測値との差分が大きい陣営にその週のグローバルオペレーションに係るポイントが提供される。

第1フェイズの詳細:カウンターパターンの創出

3月17日(土)に世界26都市でオペレーションが遂行され、このオペレーションに関わる情報は3月12日(月)頃に展開される。更に3月24日(土)にも世界26都市でオペレーションが遂行され、このオペレーションに関わる情報は3月19日(月)頃に展開される。

したがって、第1フェイズには計52都市が関わることとなる。

このオペレーションは次のとおり遂行される。

ヴァンガードがこのフェイズに関わる都市情報を自らの陣営へ展開する。ヴァンガードは国家情報局研究員より自らの陣営に関わる情報のみ提供を受ける。この情報によってダークエックスエム・パターンの検出された都市にある特定のポータル1箇所とそのポータル状態が計測される時間枠とが明らかとなる。

TS-DARZALAS-GLOBAL
アノマリーインテル及びポータルネットワーク・インテグリティ・オペレーション
2018年03月 ダークエックスエムの脅威及びその対処(第3頁)

毎週土曜日に遂行される26都市のうち、13都市はエンライテンド、13都市はレジスタンスへ割り振られる。カウンターパターンを効果的に創出するためには最低でも50本のリンクを計測時に形成させておく必要がある。これは一般的に「スターバースト」「リンクスター」若しくは「スーパーノヴァ」と呼ばれる類のオペレーションである。

カウンターパターンの創出には最低でも50本のリンクを必要とするが、より多くのリンクを形成することで貴重な研究データが得られることから、それによる見返りもある。また、ポータルレベルに条件はない。

50本以上のリンク形成に至らなかった場合にはカウンターパターンを創出できず、その都市の第1フェイズ・オペレーションでは第2フェイズに必要とされる情報が獲得できずに終わる。

100本のリンク形成を達成すれば、翌週の週末にその都市へ「補給用」ポータルが配備される。1日間若しくは特定の回数に達するまで高出力のポータルハックが実現することとなる。200本のリンク形成を達成すれば、補給用ポータル出力の質と量が拡充されるとともに利用可能な回数も拡充される。それ以降も100本増加させるごとに補給用ポータルの効果は同様の拡充が図られる。

補給用ポータルの場所および時間に関する情報はその陣営のヴァンガードへ提供される。

第2フェイズ:カウンターパターンの送信

第1フェイズで50本以上のリンク形成を達成しカウンターパターンを創出した都市には特定の送信経路へとつながる情報が提供される。この情報には特定の5分間内にリンク形成させなければならない新たなポータル二箇所が示されており、極秘経路でヴァンガードへ伝えられ、第1フェイズ・オペレーションの翌日に開示される。

3月17日(土)に第1フェイズ・オペレーションを達成させることで、3月31日(土)に第2フェイズ・オペレーションが遂行される。3月24日(土)に第1フェイズ・オペレーションを達成させることで、4月7日(土)に第2フェイズ・オペレーションが遂行される。第1フェイズ・オペレーションを達成できなかった都市に関わる第2フェイズ・オペレーションの情報は提供されない。なお、第2フェイズの対象都市は第1フェイズとは同一ではない。

TS-DARZALAS-GLOBAL
アノマリーインテル及びポータルネットワーク・インテグリティ・オペレーション
2018年03月 ダークエックスエムの脅威及びその対処(第4頁)

このポータル2点間のリンク形成は困難なものとなる。平均してその距離は数百キロメートルに及ぶ。

市街地のポータルネットワークを貫通させるものとなるが、このような送信の複雑性が効果的な研究データにつながっていく。

カウンターパターンの送信を為し得た際には、その送信に関与した双方の都市へ翌週の週末に見返りとして補給用ポータルが提供される。

補給用ポータルの場所および時間に関する情報はその陣営のヴァンガードへ提供される。

オペレーションの記録
グローバル・オペレーションのみならず第1フェイズおよび第2フェイズのオペレーションも記録され、この重要かつ繊細な研究に対してより貢献した陣営を特定する。

4度にわたって行われるグローバル・オペレーションの計測でより多くのポータルを保持していた陣営には5ポイントが提供される。

第1フェイズ・オペレーションを達成させるごとに、陣営には1ポイントが提供される。


第2フェイズ・オペレーションを達成させるごとに、陣営には2ポイントが提供される。

このポイントは全オペレーション終了後に集計され、より多くの貢献を果たした陣営には感謝の証として今後のアノマリーに関わる情報が提供される。

この陣営全体へ提供する見返りとは別に、30回使用可能な高出力のパスコード100種が用意される。このパスコードは、ソーシャルネットワーク上でハッシュタグ #DarkXMCure を活用し、オペレーションを書き起こし素晴らしい報告を紹介することで我々の研究に貢献した見返りとして提供される。なお、極めて素晴らしい報告にあっては複数のパスコードが提供されることとなる。

オペレーションの記録(2018年3月12日改訂)
グローバル・オペレーションのみならず第1フェイズおよび第2フェイズのオペレーションも記録され、この重要かつ繊細な研究に対してより貢献した陣営を特定する。

一度のグローバル・オペレーションでより大きなポータルデルタ(差分)が計測された陣営には5ポイントが提供され、これは4度にわたって行われる。

第1フェイズ・オペレーションを達成させるごとに、陣営には1ポイントが提供される。

第2フェイズ・オペレーションを達成させるごとに、陣営には2ポイントが提供される。

このポイントは全オペレーション終了後に集計され、より多くの貢献を果たした陣営には感謝の証として今後のアノマリーに関わる情報が提供される。

この陣営全体へ提供する見返りとは別に、30回使用可能な高出力のパスコード100種が用意される。このパスコードは、ソーシャルネットワーク上でハッシュタグ #DarkXMCure を活用し、オペレーションを書き起こし素晴らしい報告を紹介することで我々の研究に貢献した見返りとして提供される。なお、極めて素晴らしい報告にあっては複数のパスコードが提供されることとなる。

TS-DARZALAS-GLOBAL
アノマリーインテル及びポータルネットワーク・インテグリティ・オペレーション
2018年03月 ダークエックスエムの脅威及びその対処(第5頁)

ヴァンガードの現行構成員

エンライテンド

  • BlueThug
  • Claudija
  • DocApe
  • Fenyok
  • Hirotakes
  • Jencyberchic
  • LuDGer
  • Mm207a
  • pinesinger
  • Renegades
  • Vadarf
  • Webwires

レジスタンス

  • AKITAINU
  • Azhreia
  • BeetlePie
  • chibri
  • DIEdoll
  • enunez
  • foxsway
  • Hellbl4zer
  • MandoMerc
  • TA1TOT
  • VanJeffery
  • Vorticity

福岡における騒乱

傍聴したところによると、この身勝手に極まる技術者はダークエックスエム技術を用いた局地的な実験も計画している可能性がある。その情報は福岡市で行われるエックスエム・フェスティバルでその実験が行われることを示唆している。

ダークエックスエムの曝露からフェスティバルへ参加するエージェントを保護すべくカウンターパターンで充たされたシャード群が展開されることになる。

ダークエックスエムの脅威を特定する必要に迫られた場合、両陣営のエージェントはこのシャード群を活用できる。このシャード群を巧みに活用しフラッシュシャードアノマリーで優れた成果を挙げた陣営には2ポイントが提供される。

フェスティバルに先んじて更に多くのアノマリーインテルが提供され、この防衛オペレーションの詳細を明らかにすることだろう。

ダークエックスエムの脅威とも言うべき基礎研究とその実験がポータルネットワーク上で特定されたようだね。ポータルネットワークを守り抜くべく世界中のエージェントで次第に困難を極めていく作戦を通じて対抗手段を見つけださなければならないというわけだ。

質問があれば今回のグーグルプラス上の投稿でイングレス公式アカウントへ連絡を取って欲しい。イングレス公式アカウントのみが確かな情報の発信者となる。

DarkXMThreatandResponse-470x260.jpg

DARK XM THREAT AND RESPONSE
March 7, 2018 · by PAC · in Passage to Osiris

I mentioned yesterday some Anomaly Intel was headed my way... here it is.

Anomaly Intel: Dark XM Threat and Response

It seems a Dark XM threat -- a Basic Research & Testing protocol -- has been detected within the Portal Network. Agents from around the world are needed to help protect the Portal Network, develop a counter-pattern and test it across a series of increasingly difficult operations.

For questions reach out to +Ingress on this post's Google+ thread. +Ingress will be the only verifiable source of clarifying information.

-PAC

H. Richard Loeb
2018/03/08 14:13:52
I mentioned yesterday some Anomaly Intel was headed my way... here it is.

---

TS-DARZALAS-GLOBAL
Anomaly Intelligence and Portal Network Integrity Operations
March 2018 - Dark XM Threat & Response Operations - Page 1

TOPLINE
NIA Researchers have uncovered worrying energy patterns within the Portal Network. There is very little pre-existing data to correlate them against. The most likely theory at this stage suggests a rogue, Dark XM system of unknown origin permeating the XM substrate.

This Dark XM system seems to be in early stages of development -- potentially a small scale deployment for testing purposes. This is the good news. An identification layer, when partially decrypted, yielded the signature 'BR&T' which likely stands for 'Basic Research & Testing.'

The simplicity of this system has enabled us to determine an effective response -- for now. With the help of Agents in cities around the world, we believe this Dark XM threat can be contained before it yields the results its creator hopes to achieve.

It remains to be seen if this rogue technologist will continue to pursue this dangerous and ill-ad- vised research probe. Who this person is, and how they can be stopped, remain subjects of ur- gent inquiry.

COUNTERMEASURES
We have determined the most effective method to combat this threat involves one global opera- tion and two phases of localized operations.

GLOBAL OPERATION: PORTAL NETWORK ACTIVATION:
Maximize Enlightened/Resistance Portals within the Network

Our research indicates that Neutral portals are significantly more vulnerable to the Dark XM threat. In order to remediate this, the state of the entire Portal Network will be Measured and the total number of Enlightened and Resistance Portals will be recorded.

COUNTERMEASURE DEVELOPMENT: PHASE ONE:
Create 50 or more Links connected to a specific Portal.

At a Measurement time, if 50 or more Links are connected to a specific Portal, our research- ers will be able to examine the interference between the Dark XM system and the XM flowing through the Portal. This will yield a counter-pattern which can neutralize the Dark XM threat.

TS-DARZALAS-GLOBAL
Anomaly Intelligence and Portal Network Integrity Operations
March 2018 - Dark XM Threat & Response Operations - Page 2

COUNTERMEASURE DEVELOPMENT: PHASE TWO:
Successfully create a Link between two specific Portals.

Within the bounds of a specific time-window, create a Link between two specific Portals in order to transmit the counter-pattern through the Portal Network. Our researchers will study this transfer in order to determine how the counter-pattern can be effectively distributed should that need arise in the future.

DETAILS OF GLOBAL OPERATION
In order to reduce the presence of vulnerable Neutral Portals within the Network, and to ensure a high-XM state within the Network for further counter-pattern development, a Global Opera- tion will be required.

On March 17th, 24th, 31st and April 7th at approximately 6PM UTC, the state of the entire Por- tal Network will be Measured. The number of Resistance and Enlightened Portals will be record- ed on each of the days outlined above.

DETAILS OF PHASE ONE: COUNTER-PATTERN CREATION
Operations in 26 cities will take place on Saturday, March 17th. The intel leading to these oper- ations will be distributed on approximately Monday, March 12th.
Operations in 26 additional cities will take place on Saturday, March 24th. The intel leading to these operations will be dis- tributed on approximately Monday, March 19th.

A total of 52 cities will be involved in PHASE ONE. Each of these Operations will take place as follows:

Ingress Vanguards will disseminate information to their Faction about each city involved in this Phase. The Vanguards will receive classified intelligence from NIA researchers for their Faction's eyes only. This intelligence will reveal a specific Portal in cities where the Dark XM pattern has been detected, and a specific time window within which the state of this Portal will be measured.

TS-DARZALAS-GLOBAL
Anomaly Intelligence and Portal Network Integrity Operations
March 2018 - Dark XM Threat & Response Operations - Page 3

Of the 26 cities active on each Saturday, 13 will be designated to the Enlightened and 13 to the Resistance.

In order to effectively develop a counter-pattern, a minimum of 50 Links must be connected to this Portal at the Measurement time. An operation of this nature is commonly referred to by Agents as a 'Starburst', 'Linkstar', or 'Supernova.'

A minimum of 50 Links are required to develop a counter-pattern, however, additional links will result in even more valuable research data, and will be rewarded as such. There is no level requirement for the Portal.

Failing to create 50 Links will yield no counter-pattern, and this city's PHASE ONE operation will not yield the intel needed to proceed to PHASE TWO.

At 100 Links, a 'restocking' Portal will be deployed in that city the following weekend. It will yield high value hacks over the course of a day, or for a limited number of hacks, whichever comes first. Above 200 Links, the quantity and quality of the restocking Portal, as well as the hack-limit, will be increased. At each 100 Link increment, the effect of the restocking Portal will be similarly scaled.

The location and time of the restocking Portal will be provided to Faction Ingress Vanguards.

PHASE TWO: COUNTER-PATTERN TRANSFER
Each city that effectively creates a counter-pattern (by creating 50 or more Links in PHASE ONE) will be given intel leading to a specific transfer pathway. This information, consisting of two new Portals which must be Linked within a specific 5-minute window, will be deployed via classified channels to Ingress Vanguards to disseminate approximately the day following the PHASE ONE operation (Sunday March 18th/25th).

For the successful PHASE ONE cities on March 17th, PHASE TWO operations will take place on March 31st. For the successful PHASE ONE cities on March 24th, PHASE TWO operations will take place on April 7th. Failed PHASE ONE cities will not be provided intel for a PHASE TWO operation. The cities in PHASE TWO will not be the same as those in PHASE ONE.

TS-DARZALAS-GLOBAL
Anomaly Intelligence and Portal Network Integrity Operations
March 2018 - Dark XM Threat & Response Operations - Page 4

Creating the Links between these two Portals will be difficult to accomplish.

On average, the distance between them will be several hundreds of kilometers, traveling through urban Portal Network environments. The complexity of this transfer is necessary in order to yield the most effective research data.

Successful transfer of the counter-pattern will be rewarded on the following weekend with re- stocking Portals in both cities involved in the transfer operation.

The location and time of the restocking Portals will be provided to Faction specific Ingress Van- guards for those cities.

RECORD OF OPERATION
A complete record of the GLOBAL OPERATION, as well as PHASE ONE and PHASE TWO operations will be maintained, and will be used to publicly recognize the Faction that contributes the greatest value to this important and sensitive research endeavor.

Having more Portals during a GLOBAL OPERATION Measurement (of which 4 will be con- ducted) will be worth 5 for a Faction.

Successful completion of a PHASE ONE operation will have a value of 1 for a Faction. Successful completion of a PHASE TWO operation will have a value of 2 for a Faction.

These values will be summed after all operations have concluded, and the Faction with greatest contributions will be awarded intel for future XM Anomalies as a token of gratitude.

In addition to this Faction-wide award, 100 high yield passcodes (with 30 redemptions each) will be created. These passcodes will be rewarded to those who contribute to our research by documenting their operations and sharing exceptional sitreps on social media using the hashtag

#DarkXMCure. Truly exceptional sitreps will be rewarded more than one passcode.

TS-DARZALAS-GLOBAL
Anomaly Intelligence and Portal Network Integrity Operations
March 2018 - Dark XM Threat & Response Operations - Page 5

CURRENT LIST OF VANGUARDS

ENL

  • BlueThug
  • Claudija
  • DocApe
  • Fenyok
  • Hirotakes
  • Jencyberchic
  • LuDGer
  • Mm207a
  • pinesinger
  • Renegades
  • Vadarf
  • Webwires

RES

  • AKITAINU
  • Azhreia
  • BeetlePie
  • chibri
  • DIEdoll
  • enunez
  • foxsway
  • Hellbl4zer
  • MandoMerc
  • TA1TOT
  • VanJeffery
  • Vorticity

POTENTIAL DISTURBANCE IN FUKUOKA
SIGINT (Signals Intelligence) indicates that the rogue technologist may be planning an addition- al, localized test of the Dark XM technology. The intel indicates that this test may be conducted during the XM Festival in Fukuoka.

In order to defend Agents participating in the XM Festival from potential Dark XM exposure, a series of XM Shards will be loaded with counter-patterns and deployed.

Agents of both Factions will be able to use these Shards if necessary should the Dark XM threat be detected. Their use of these Shards successfuly for a defensive operation in Fukuoka will have a value of 2 for the Faction with greater performance during this Flash Shard Anomaly.

Further Anomaly Intel will be distributed prior to the XM Festival to specify the details of this defensive operation.

Ingress
2018/03/08 16:02:29
The document was updated to correct a Vanguard Agent name.

Ingress
+YutoRaion the specific times will be provided to the Vanguards.

Ingress
+Bryant Durrell "The Vanguards will receive classified intelligence from NIA researchers for their Faction's eyes only". Meaning ENL will only get ENL intel and RES will only get RES intel.

Ingress
+YutoRaion there is a 5 minute window, in which there will be a specific measurement time. The specific measurement time will not be known. The 5 minute window will be known to the faction. If the specific measurement time is at 0:00 of the window then establishing it at 0:01 will not allow it to be measured. However, if the specific measurement time is 1:30 and things are established before that time, it will be measured.

Ingress
+Snehal Ghone the entire phase is worth 1 or 2 points. The result is based on the cumulative per city success though. Meaning, whichever Faction has the majority wins the point(s).

Ingress
+Mat F. yes, we will be keeping an eye on things.