アノマラスイベント報告書(3)

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/12/01 16:13:39
次なるエクソファイブ・アノマリー、そしてそれが啓示の夜の謎に包まれた悲劇的な事件とどのようにつながっていくかに関するセントラル・オムニリティックスからの報告書第3報だ。

啓示の夜に関する歴史的背景および2017年12月02日に発生するアノマリーとの関連性について

ハンク・ジョンソンならびにショー・ヘンソンに対する12月02日のエクソファイブ・アノマリーに関する報告書第3報となります。今回取り扱うのは「啓示の夜」のコードネームで呼ばれる[REDACTED]の事件がこの日のどのような予兆となったかです。

啓示の夜の公式情報は大半が欠落しており、法的には[REDACTED]の管理下に置かれ、エイダに内包しています。したがって、信頼性に乏しいものや全てのシステムから除去されてしまっており、わかっているものの大半はその夜の人間模様です。そういったことはシャポーとベルティ・セケによるナイアンティック調査ファイルやフェリシア・ハジラ=リーによるナイアンティックプロジェクト:イングレス、謎に包まれたアーティスト[REDACTED]によるグラフィックノベルのイングレス:オリジンに記述があります。これらは情報源として確かなものではありませんが、総合的にみてその夜に起きたことがかなり明瞭なものとしています。

いずれの情報源でも啓示の夜は[REDACTED]博士の設計した[REDACTED]の試作型が爆発したことによるものであるとしています。ナイアンティック計画を統括していたエゼキエル・カルビン博士や国家情報局を率いていた[REDACTED]がこの試験実施の判断にどのように関与していたかは未だはっきりとしていませんが、[REDACTED]博士は[REDACTED]の試験に反対しており、恐怖さえ抱いて[REDACTED]実施前にナイアンティック研究施設から逃れたことは間違いありません。

ナイアンティック研究施設の[REDACTED]であったエイダがその逃亡を手助けしたと考えられますが、それがエイダ自身の判断による行動であったのか、リチャード・ローブの用意したバックドアを通じてエゼキエル・カルビンの命令の下で実行されたものなのかはわかっていません。(セントラル・オムニリティックスによる調査分析によれば可能性はあるとされています。)

原因がどのようなものであれ、ジャービスおよびボグダノヴィッチを含む全てのナイアンティック研究員が膨大なエキゾチックマターに曝露しました。ダークエックスエム(別名[REDACTED])の流出もあったのかに関しては多くの議論が交わされていますが、その夜に起きた事件で関係者たちが精神的にあるいは肉体的に多大な影響を受けたことに関しての異論は生じていません。上述の啓示の夜に関する詳細は本報告では取り扱いません。

今現在我々が関心を寄せているのは、その深夜にチューリッヒで起きた事件です。わかっていることはその駅へ向かう途でデヴラ・ボグダノヴィッチとローランド・ジャービスが二手に分かれていたということですが、そこでジャービスがトワイラ・クリッペという女性に逢うためにデヴラ・ボグダノヴィッチをまいたのか、あるいはボグダノヴィッチがエイダの指示に従ってジャービスを置いて別の電車へ乗り込んだのかには論争が生じています。いずれの可能性もあるでしょう。

いずれにせよ、ジャービスと現時点ではクリッペと身元が特定されている女はナイアンティック計画の警備責任者だったジェイ・フィリップスとヒューバート・ファーロウによって射殺されましたが、二人は国家情報局からの命令によるものであり、射殺した女はボグダノヴィッチで二人の「逃亡した」ナイアンティック研究者によって広範なエックスエム曝露の危険が生じるものと信じていました。

ジャービスおよびクリッペは[REDACTED]の屋外で銃殺されています。その遺体は現在では[REDACTED]として知られるナイアンティック計画の輸送車両に収容されました。警察は[REDACTED]と呼ばれる女性による緊急通報を受けていましたが、これは開発初期段階にあったエイダが用意した代理人でした。

ローランド・ジャービスの輸送と解剖が不首尾に終わったことに関しては広く知られていますが、クリッペの遺体がどのように取り扱われたかに関する正式な記録は残されていません。

その葬られてきた謎こそが12月02日に起こるエクソファイブ・アノマリーの、とりわけサンフランシスコへ重要人物たちが集結したことを理解するうえで核心になるものとセントラル・オムニリティックスは提言します。

この問題に関する見解が今現在進められている調査で先入観とならないことを望みます。

P.A. シャポー

Omnilytics3.png

Central Omnilytics: The Ties to Epiphany Night
November 30, 2017 · by PAC · in EXO5

The third report from Central Omnilytics on the upcoming #Exo5 Anomaly -- and how it ties back to the mysterious, tragic, and undoubtedly shadowy events of Epiphany Night.

TRANSCRIPT:

A Historical Context of Epiphany Night and How It Might Relate to the Upcoming Anomaly of December 2, 2017.

The following constitutes Central Omnilytics' third report to Hank Johnson and Shaw Henson on the context of the December 2 #EXO5 Anomaly. Our focus in this report is how the events of this day were presaged by the events of REDACTED code-named 'Epiphany Night.'

Despite the fact that much of the official data from Epiphany Night is missing, is legally under REDACTED control and unavailable, is contained within ADA and therefore unreliable or has been scrubbed from all systems, much is known about the human events of that night. They are documented in P. A. Chapeau/Verity Seke's Niantic Investigation Files, in The Niantic Project: Ingress by Felicia Hajra-Lee and in Ingress: Origins (a graphic novel by the mysterious artist REDACTED). While these sources are not ideal, collectively they provide a fairly clear picture of the events of that evening.

All sources agree that Epiphany Night was caused by the eruption of a prototype REDACTED designed by Dr. REDACTED. We are not entirely clear on what the roles of Dr. Ezekiel Calvin, then head of the Niantic Project, or REDACTED, then head of the NIA, were in the decisions to conduct this test. However, it is clear that Dr. REDACTED opposed and even feared the REDACTED test and fled the Niantic Facility just moments prior to it taking place with REDACTED.

It is believed that ADA, the Niantic Facility's REDACTED, facilitated the escape, but it is not entirely known whether ADA was acting on her own or was acting under the orders of Ezekiel Calvin through a backdoor supplied by H. Richard Loeb (a viable possiblity based on Central's research and analysis.

Whatever the cause, all of the Niantic Researchers, including Jarvis and Bogdanovich were exposed to extremely high quantities of raw Exotic Matter. There is much debate as to whether there was also a release of Dark XM (aka REDACTED), but there is no debate that all were greatly affected both mentally and in some cases physically by the events of that evening. The above accounts of Epiphany Night provide details on this matter that are outside the scope of this update.

Of particular interest to us now are the events, later that night, in Zurich. What is known is that Devra Bogdanovich and Roland Jarvis were split up en route to the station. There is some dispute as to whether Jarvis gave Bogdanovich the slip to meet up with a woman named Twyla Klippe or whether Bogdanovich, acting under instructions from ADA abandoned Jarvis to take another train. It is possible that both are the case.

In any case, Jarvis and the woman, now identified as Klippe, were shot by Jay Phillips (then head of Niantic Project Security) and Hubert Farlowe, who believed that they were acting under direct NIA orders, that the woman was Bogdanovich and that the two 'escaped' Niantic researchers posed an XM exposure risk to the public at large.

Jarvis and Klippe were executed by gunshot outside the REDACTED. Their bodies were placed into a Niantic Project transport vehicle -- a vehicle now known as REDACTED. Police were notified of the incident by an emergency call made by a woman known as REDACTED, a human surrogate cultivated by ADA during her early phases of development.

The events surrounding the transportation and unsuccessful autopsy of Roland Jarvis are well know, but the official record is silent on the disposition of Klippe's body. Central suggests that buried secret may be central to understanding the events that are to transpire on December 2nd at the #EXO5 Anomaly, and in particular the gathering of POIs in San Francisco.

We choose not to prejudice this investigation at this time with theories on this matter.

-PAC

H. Richard Loeb
2017/12/01 16:13:39
The third report from Central Omnilytics on the upcoming #Exo5 Anomaly -- and how it ties back to the mysterious, tragic, and undoubtedly shadowy events of Epiphany Night.