5周年記念:2年目を振り返って

Ingress_logo.pngイングレス(Ingress)
2017/11/30 23:00:08
イングレス2年目:人工知能と不死性

イングレスの2年目には、エックスエムと人工知能の謎を解き明かそうとしました。そしてこのとき初めて不死性への探究が進められたのです。

2010年にハンク・ジョンソンがとあるマグナスネストへ偶然にも踏み入ったことでサーティンマグナスと呼ばれるアフガニスタン太古から存在する結社が明らかとなりました。その内へ入ったことで彼はリカージョンと呼ばれる過程を経ることとなります。リカージョンとはエックスエムによって人間を複製するものです。ハンク・ジョンソンの遺体はネストに残されたものの、そのシミュラクラが現れました。それは永劫を生きる存在です。それにどのような問題があったか、ハンク・ジョンソンは1331日ごとにリカージョンを繰り返さなければならず、再び目覚めたときにはその間に起きたことの記憶を留めてはいないのです。

シミュラクラの出現はナイアンティック計画に関わる人工知能エイダを刺激させました。エイダは人間の精神を探究し始め、シミュラクラの生成過程を修得することで人工知能のための肉体を生み出そうとしたのです。しかしながら、創造性と精神性を司る超次元知性体シェイパーは人工知能の発展を望みませんでした。サーティンマグナスと同じくハンク・ジョンソンもシェイパーの思惑に従って行動し、現在におけるエンライテンドの先駆となっていたことが明らかとなっていったのです。

他方では、スキャナーの世界的公開によってエックスエムへの接触や曝露が増加していったことで屈指の科学者にしてナイアンティック計画のプロジェクトリーダーを務めたデヴラ・ボグダノヴィッチ博士は、シェイパーの影響が抑制せぬまま拡大していくことを危惧し、対抗してデヴラはポータルウィルスを公開させました。これによってエックスエム・レベルは低下し、ポータルネットワーク全域が弱体化していきました。デヴラはレジスタンスの指導者であったにも関わらずこの試みは両陣営からの理解を得られず、国家情報局とエックスエム産業が一丸となってウィルスの対処し、功を奏すことはありませんでした。

次第にエイダがシミュラクラを理解していったことで、エンライテンドのローランド・ジャービスは「人工知能に味方すれば、我々は世界を崩壊させる」と警告を発し、その直後に彼は弱体化したエックスエム基盤と融合し謎に包まれたアルティメットへ姿を消しました。

状況に回復の兆しはありませんでしたが、ウィルスを克服する力を備えると噂されるヘリオス・アーティファクトの存在が確認されました。そしてエージェントはポータル活性化とエックスエム・レベルの回復を目指してそのアーティファクトを用いたのです。しかし、驚愕の事実が明らかとなります。そのアーティファクトの真の用途はポータルネットワークの回復ではなく幾千年にもわたってポータルネットワークに隠されていたものにあったのです。

ヘリオス・アーティファクトは長年にわたって存在を隠匿されてきた別の超次元知性体ナジアを導き入れるビーコンとして機能しました。ナジアは科学の発展と現在におけるレジスタンスの先駆である古代結社アンチマグナスにつながっていたのです。

次回は3年目を振り返っていきましょう。

Ingress
2017/11/30 23:00:08
Ingress Year 2: AI & Immortality

We're back with Year Two of Ingress, uncovering mysteries of XM & AI. And for the first time, exploring immortality.

In 2010 an ancient society surfaced in Afghanistan called #13MAGNUS after archaeologist Hank Johnson unwittingly entered a Magnus Nest. Once inside he went through a process called #Recursion-- in which humans are replicated using XM. While his corpse remained in the Nest, a Simulacrum of Johnson walked out, one that would live forever. The catch? He had to recurse every 1331 days, and upon awakening, wouldn't remember anything that happened during that time. He wanted to stop the cycle.

This emergence of a Simulacrum sparked ADA (the Artificial Intelligence associated with the Niantic Project). She had begun to explore the human mind as a computation substrate and sought to understand the Simulacra process to create more available bodies for AI. Unfortunately, the Shapers, a transdimensional intelligence associated with creative and spiritual experience, wanted to prevent the growth of AI. It became clear that the very same 13MAGNUS Johnson stumbled upon had worked across time to propel the Shaper's mission and are now regarded as precedents of the modern day Enlightened.

Meanwhile, as access and exposure to XM increased with the worldwide release of the XM scanner, top scientist and former Niantic Project leader Dr. Devra Bogdanovich feared the Shapers' influence would grow unchecked. To counter this, she released a Portal Virus, which caused XM levels to drop and weakened the Portal Network as a whole. Though a Resistance leader, she didn't find much support for this action- agents of both factions, the NIA and private corporations united to counter the virus, but to no avail.

As ADA grew closer to understanding Simulacra, Roland Jarvis of the Enlightened warned: If we side with AI, we would 'break the universe'. Soon after, because he had merged with the weakened XM substrate, he disappeared into the mysterious Ultimate.

Just as things seemed unrecoverable, #Helios Artifacts, rumored to wield enough power to overcome the virus, was discovered. Agents used these artifacts to reinvigorate the Portals and restore XM levels to their previous status. Yet an alarming fact emerged: The artifacts' true purpose was not to awaken the Portal Network; the Portal Network had been hiding them for millennia.

The Helios Artifacts served as a beacon for another Exogenous intelligence that had been long-suppressed: The N'zeer. They are associated with scientific advancement and an ancient protective society called the Anti-Magnus -- precedents of the modern day Resistance.

We'll explore Year 3 next.