5周年記念:1年目を振り返って

Ingress_logo.pngイングレス(Ingress)
2017/11/21 23:04:18
イングレスの類稀なる開幕

イングレスの5周年を記念するにあたり、その始まりについて質問をいただいています。そこで、最初の1年間をざっと振り返ってみることにしましょう。

とある人物が注意を訴えたことからイングレスは始まりました。ひとりのアーティストが「スフィア・オブ・ウィアード」の口火を切り、エックスエムの存在を幅広い層へと広めたのです。

探偵のシャポーとしても知られるリチャード・ローブは、既に実在しないと考えられてきた国家情報局から「アルゴリズムの調整」する仕事を請け負いました。ローブは調査委員会を立ち上げ、ユェン・ニィとエゼキエル・カルビンによる国家情報局が科学者やセンシティブを雇い入れ、CERNにおいてエキゾチックマターの研究を目的とした「ナイアンティック計画」を開始したことを明らかにしました。

そのナイアンティック計画も啓示の夜と呼ばれる時期に唐突な幕切れを遂げます。爆発によって研究者たちを膨大なエックスエムが襲い、実験が悲惨な失敗に終わったのです。デヴラ・ボグダノヴィッチ博士とローランド・ジャービスは救い出されましたが、おそらくはローブも開発に関わったアルゴリズム、エイダの手引きだったのでしょう。ボグダノヴィッチはエックスエム研究を進めていた民間企業、ヴィスル・テクノロジー社へ参画しました。ジャービスは事件の直後に殺害されて謎に満ちたエックスエム基盤へとつながり、後にキューピッド・スパンから再来しました。

ナイアンティック計画が凍結される間際、研究者のひとりだったオリバー・リントン=ウルフはエックスエム・スキャナーを製作し、11月15日に公開しました。そして世界中のエージェントがアノマリーへの参加を始めたのです。その発端はカホキア・マウンドであり、そこで関係する人々の陣営が決しました。その陣営とはエンライテンド、レジスタンスから成る二つの集団を示すものです。別の事件ではミスティ・ハンナが太古の絵文字が超次元知性体「シェイパー」の残したものであることを明らかにしました。また、考古学者のハンク・ジョンソンはその後の世界規模なグリフハントとなるタイムゼロにおいてロンドンのエンライテンドへ小包を送りました。

カサンドラ・アノマリーが起きたのち、ハンク・ジョンソンとデヴラ・ボグダノヴィッチはグリフが文明をどのように繁栄させ滅亡させ得るかを議論しています。しかし、リチャード・ローブにとっては差し迫った身近な問題でした。キャリー・キャンベル博士が自らを犠牲とし、エイダはローブの恋人クルーが融合したのです。このことを契機にシャポーは調査委員会から手を引くこととなります。

しかし、調査は続きました。明日はその後の2年目を振り返っていきましょう。

Ingress
2017/11/21 23:04:18
Ingress' Unusual Beginnings

Timely that during the 5 Year Anniversary of Ingress, we started to receive questions about how it all began. What follows is a quick look back at Year One.

Ingress began with someone shouting, begging others to pay attention to the obvious. An artist at Comic-Con sparked the 'Sphere of Weirdness', promoting XM to a broader audience.

Sometime in 2012, Richard Loeb (also known as the sleuth P.A.Chapeau) accepted an assignment to 'tune a sentient algorithm' by the seemingly defunct National Intelligence Agency. Loeb ran an investigation board that revealed the NIA enlisted Yuen Ni and Ezekiel Calvin to hire both scientists and sensitives and open the 'Niantic Project' to study XM (exotic matter) at CERN.

The 'Niantic Project' is abruptly halted on what comes to be called Epiphany Night. A lab experiment goes disastrously awry when an explosion covers the researchers with unprecedented amounts of XM. Dr. Devra Bogdanovich and Roland Jarvis are saved (possibly by ADA, the sentient algorithm Loeb worked with). Bogdanovich joins Visur, one of the private companies studying XM. Jarvis is soon killed and mysteriously connects to the XM substrate. He later emerges out of the Cupid's Span portal.

A little before the Niantic Project shut down, one of its scientists, Oliver Lynton-Wolfe, created an XM Scanner which leaked to the public November 15th. Agents around the world begin attending anomalies. The first was at Cahokia Mounds, where the faction alignment of certain persons of interest was decided. The factions represented two groups: The Enlightened and The Resistance. At another event, Misty Hannah revealed ancient glyphs left behind by transdimensional intelligence 'Shapers'. Archeologist Hank Johnson delivered a package to the London ENL at #TimeZero, which ended in a global glyph hunt.

In the aftermath of the anomaly Cassandra, Johnson and Bogdanovich debate how glyphs can support or destroy civilizations. But for Loeb, things get personal. Dr. Carrie Campbell sacrifices herself and ADA merges with Loeb's romantic partner, Klue. These losses lead P.A. Chapeau to step away from his investigation board.

But the investigation continued... more tomorrow with a look back at year two.