アプリケーションパッケージ解析 [1.126.0]

3DCircleWithoutShadowTransparent.pngフェヴ・ゲームス(fev games)
2017/11/09 00:40:14
アプリケーションパッケージ解析 [1.126.0]

APK-1.126.0-Featured.png

皆さんごきげんよう、イングレスの新たな解析にようこそ!本日はアプリケーションパッケージ1.126.0を見ていくとしよう。

エクソファイブ・シャード群
アバドンを覚えておいでだろうか。

15-1-300x218.jpg

いやいや、スタッフの描いた子供だましなロゴのことじゃないさ。アバドン・シャードのことだ。

abaddon-shards-1024x614.png

アバドンのシャードモデルはエクソファイブのシャード戦で使用されたものと同一でした。これらのシャードはアノマリー時のシャード部門において開催都市に出現していたものとも同一です。もともとはアバドンシリーズのために用意されたものですが、提供するシャード数確保のために現在でも使用されています。機能状態と機能停止状態からなる100片のシャード群が2セット存在しています。

createLinkCost
新たなアプリケーションパッケージには次のような興味深い内容がありました。

XmCostKnob
.field public createLinkCost:I
.annotation runtime Lorg/codehaus/jackson/annotate/JsonProperty;
.end annotation
.end field

今のところ、リンク形成に費やされるコストに関しては憶測することしかできません。仮説としては、シャード戦やアノマリーに関連したものでリンクのエックスエム消費を変更させる機能となるのかもしれませんね。ストーリー上との兼ね合いもあるかもしれません。別の仮説としては、シャード戦に関わる何かしらのスプーファー防止策に関連しているのかもしれません。シャードの存在するポータルへリンク形成する悪意あるレベル1のボットアカウントに対してレベル1の距離を超過する分のエックスエム消費を調整させるといったものです。

総括
今回のアプリケーションパッケージはエクソファイブ・シャード群を扱っているようです。エージェントの皆さん、新たなシャード群を大いにお楽しみください。それでは次回の解析でお逢いしましょう。

fev games
2017/11/09 00:40:14
Ingress APK Teardown [1.126.0]

https://fevgames.net/ingress-apk-teardown-1-126-0/

#Ingress #Niantic #FevGames

Ingress APK Teardown [1.126.0]
November 8, 2017 . by Fevenis

Hello everyone and welcome to another Ingress Teardown! Today we will be looking at APK 1.126.0.

#EXO5 shards
Remember Abaddon?

No, no, no.. Not that logo a staff members kid drew. I'm talking about the Abaddon shards!

[Photo credit/video: DeviateFish]

It turns out that the Abaddon shard models are the same exact ones being used for the #EXO5 shard game. These shards are also the same ones used at anomaly sites for the shard portion of the anomaly. While these shards were originally created for the Abaddon series, they are still used today due to the number of shards provided (There are two sets with 100 shards each in both frozen/unfrozen state.)

createLinkCost
We noticed the following lines of interest in the new APK:

XmCostKnob
.field public createLinkCost:I
    .annotation runtime Lorg/codehaus/jackson/annotate/JsonProperty;
    .end annotation
.end field

Right now we can only speculate on what this is since there is already a cost for creating links. One theory is that it is related to the shard game or anomalies, giving the ability to adjust the XM cost of links on the fly (maybe in relation to Ingress lore?). The other theory is that it is somehow connected to anti-spoofing for shards and that adjusting the XM cost above the range of L1 may cut down on nefarious actors, like L1 bots linking from sharded portals.

Conclusion
This APK seems to primarily focus on the #EXO5 shards. Have fun out there in the field with these new shards, Agents! See you next Teardown.