カルビンの死について

Android_Dream_Abi-1.jpegエドガー・アラン・ライト(Edgar Allan Wright)
2017/11/04 01:55:51
ジーク・カルビンの弔いに関しては、我が人生において重要かつ中核にあったひとりの男の死を受け入れることに時間を要してしまったことを詫びておきたい。今でも我が人生に及ぼした影響の全容がわからないでいる。依然として失ってしまった記憶もあるかもしれないし捏造された記憶もあるかもしれないのだからね。そして往生際の悪いことにそのニュースに偽りを見出そうとしている。だが、そうだね、ジークは死んだのだ。

ジークは人類の未知なる力の先駆者だった。最近では最も不気味な諜報機関と呼ばれる国家情報局における立場を利用してリモート・ビューイングや今日におけるリモート・パーティシペーションに挑み、大きく躍進させた。

ワイダやワタラでのことだったのだろうのかもしれないが、思い出せないな。マリーセレステだったかもしれないが、そうは思わない。

彼に対して怒りをぶつけるべきと言う謝もいる。私の脳が侵されたのもそういった結果のひとつだったからね。だが、私がリスクを承知のうえだったのは確かだし、何かが変わるわけでもない。当時のとある催しで流れていた歌「ワッツ・ア・ロングストレンジ・トリップ・イッツビーン」が思い出されるよ。

彼を批難する人々に対して言うならば、ジークは人間離れした男だったが、それもまた人類の一端だ。彼は間違いを犯したし悪事を働いた。だが彼なしにナイアンティック計画が発動することもなかったのだ。私は彼が亡くなったことは残念に思っていますが、彼は再び現れるに違いない。

私の過去にまつわる様々なことと同じように、ありとあらゆることが次々と思い出される。だが、ジークのことだ、明らかになるは彼のことなんだ。私はただただこのようなことを執筆しそれを彼が目にすることで、森羅万象の謎を解き明かしてくれることを望んでいるのだ。

Edgar Allan Wright
2017/11/04 01:55:51
ON THE PASSING OF ZEKE CALVIN: Forgive me for taking so long to acknowledge the death of a man who was so important and central to my life. Even now, I do not know all of the ways he impacted it, because some of it is still lost to memories and some of my memories might be manufactured memories. And.... I suppose my delay is in part that I was hoping to discover that the news was a hoax. But alas, Zeke is dead.

Zeke was the pioneer of strange human powers. Leveraging his position at the NIA, recently called the most spookiest of the spook agencies, he attempted to learn about things such as Remote Viewing and today, we have Remote Participation, a huge upgrade. Was that Whydah or Waratah? I can't remember. Maybe it was Marie Celeste, but I don't think so.

Some expect me to be angry with him, for whatever caused the invasion of my brain happened at one of those events, but I'm quite sure I knew the risks I was taking and I wouldn't change anything... I'm reminded of a song playing in one of the early events: 'What a long, strange trip this has been.'

And to his detractors, Zeke was super-human, but human is part of super-human. He made mistakes, he did bad things, but without him, Niantic would never have happened. I miss him, but I am quite sure he will pass this way again.

It is all coming back in waves, like many things from my past. But Zeke. He's something that is clear. I can only hope that the secrets of the universe are revealing themselves to him as I write this and you read this.