エクソジェナス・プレカーサーに関する三賢人の見解

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/10/01 14:17:13
先週末にワシントンD.C.でお逢いした多くのエージェント諸君が疑問に感じていたと同じように、私も知りたいものだ、「エクソジェナス・プレカーサーとは何なのか」をね。

その答えを求めてスタイン・ライトマン、ユーリ・アラリック・ナガッサ、マーティン・シューベルトといったイングレスを代表する三賢人へ問い合わせてみたよ。数日ほど掛かってしまったが、三人からの回答があった。彼らが我々の知らぬことを把握しているのかどうかは諸君ら自身で考えてほしい。

ユーリ・アラリック・ナガッサ
かつてクレーゼと私は、インターネットを介して電子メールを送信するように、ポータルネットワークを介して送信できるものがあると主張したことがあるね。小規模なパケットで送信先、この場合は次元ノードを意味しているが、そこへ到達すると何かしらの形で再構築されるものだ。どのような形なのか具体的なところはわからないがね。真っ先に考え付くのは、リモート・パーティシペーション・エクササイズで確認されたエクソジェナス・エンティティとは、我々には及ばぬ超次元的なものやエクソジェナスを処理しようとした我々自身の精神であったのかもしれないね。

スタイン・ライトマン
おそらくは指示を符号化させたものである複雑なグリフ構造によって再構築され、現出したディメンショナル・ノードに関連した知識や形状、技能を我が物とすることができるんだ。分かりやすく言ってしまえば、到来した場所のってことだね。理屈の上では再構築されたプレカーサーはこの次元世界に元からいる知的な「先住種族」の能力を発現させ得るというわけだ。プレカーサーが我々の世界に現出することとなれば、可能となるあらゆるものと接触を試みようとするのではないかと睨んでいるよ。エージェントなり、ポータルなり、考え得る限りのあらゆるものへね。これまでのところで確認されているエクソジェナスがこの世界に適応できているように思えない理由は分かりかねるのだが、おそらくはリモート・パーティシペーション・エクササイズやミスティによる向こう見ずな記憶の宮殿といった愚かしい努力の成果といったところだろうね。

マーティン・シューベルト
率直に言って何もかもにうんざりしているよ。実際にエクソジェナス・プレカーサーを確認できたときは知らせてくれ。何者かが存在もしない物質の調査のための資金調達先を探しているといったところだろうと見ているがね。まじめな話、ことは起きているようだし収入も悪くはないが、事実なんかじゃないね。

ご覧いただいたとおり、彼らの回答は決して解決の糸口となるものではない。今はまだ耐えて今後の展開を追わねばならないのだろうね。ミスティは知っているのかもしれないが、彼女はその件について口を開いてはくれていないからね。

P.A. シャポー

exo5.jpg

THREE WISE MEN'S THEORIES ON EXO PRECURSORS
September 30, 2017 · by PAC · in EXO5

I've been wondering the same thing a lot of the Agents in D.C. were wondering when I met them last weekend: 'What is an Exogenous Precursor?'

I turned to the Three Wise Men of Ingress (Stein Lightman, Yuri Alaric Nagassa and Martin Schubert) for answers. It took them a few days, but they finally got back to me. You can judge for yourself whether they know any more than we do...

YURI ALARIC NAGASSA: "Kureze and I once postulated that things could be sent through the Portal Network in much the same way an email is sent via the internet: In small packets and which are reassembled in some form upon arriving at their final destination -- in this case, in our Dimensional Node. Exactly what form that takes is not clear to me. My first guess would be that the Exogenous Entities seen in Remote Participation Exercises could be our minds attempting to process things beyond our reach -- the extradimensional and the Exogenous.

STEIN LIGHTMAN: Perhaps complex Glyphic structures (encoded instructions) could allow them to re-assemble and acquire knowledge, form and skills relative to the Dimensional Node in which they have manifested (or in plain language, where they have arrived). In theory, if properly assembled the Precursors could manifest as intelligent 'indigenous entities' capable of operating within this dimensional reality. I would suspect that if one or more Precursors were to manifest in our world, they would begin to interface with everything they touch: Agents, Portals, who knows what else. I do not know why the Exogenous we have seen so far did not appear to be fully resolved and adapted to this world, but perhaps that is the result of both Remote Participation and wild, foolish endeavors like Misty's Mind Palace escapade.
5fos6peollieg7u3j

MARTIN SCHUBERT: Frankly it all sounds like a bunch of babble to me. Call me when you anyone has actually see an Exogenous Precursor. My guess is that somebody is searching for funding to study non-existent objects. Trust me, it works and the money's not bad, but that doesn't make the thing real.
3dkc8iavnuvee9w4v

As you can see, their answers aren't exactly dispositive. I guess we'll have to wait and see what unfolds... Misty might know, but she's not talking if she does.

-PAC

H. RIchard Loeb
2017/10/01 14:17:13
I've been wondering the same thing a lot of the Agents in D.C. were wondering when I met them last weekend: 'What is an Exogenous Precursor?' I turned to the Three Wise Men of Ingress for answers. You can judge for yourself whether they know any more than...