現代の召喚魔法

Android_Dream_Abi-1.jpegエドガー・アラン・ライト(Edgar Allan Wright)
2017/08/22 22:52:07
リチャード・ローブの投稿へ目を通し、憂慮しているところだ。テクトゥルフを以てアノマラスゾーンに記憶の宮殿を生み出すことは、実際にはディメンショナル・ノートを、ひとつの世界を創り出すということだ。エクソジェナス・エンティティを「召喚」あるいは顕現させるために、ひとつの世界を創り出そうというミスティの真意はどこにあるのだろうか。

それは現代の「召喚魔法」に過ぎないのだろうか。このようなことが益となったことがあるだろうか。

私はミスティの目的を望ましいものと考えようとはしているが、言い換えれば、善意に敷き詰められた道の先が地獄であろうはずがないと信じようとしているのだ。

差し迫るアノマリーへ赴くエージェントたちへどう警告すべきなんだろうか。あるいは過剰に反応してしまい、有りもしない謎を読み取ってしまったのだろうか。

Edgar Allan Wright
2017/08/22 22:52:07
After reading +H. Richard Loeb's latest post, I am concerned. It is evident to me that the creation of a Mind Palace in an Anomalous Zone, probably with the help of a Tecthulhu is really the creation of a Dimensional Note -- a state of reality -- a world. What can possibly be the intention of Misty creating a world for the purposes of 'summoning' (manifesting?) an Exogenous Entity.

Isn't that simply a modern moustache on 'Summoning Demons?' Has this ever been a beneficial practice?

I want to believe that Misty's intentions are good, but, at the risk of straining the metaphor, isn't the road to Hell paved with good intentions?

What should we caution Agent of in the upcoming anomaly? Or am I overreacting and reading something into this cryptic post that is not there?