アプリケーションパッケージ解析 [1.122.0]

3DCircleWithoutShadowTransparent.pngフェヴ・ゲームス(fev games)
2017/08/22 10:26:54
イングレス・スキャナーのバージョン 1.122.0 が登場しました!全てのプレイヤーへ公開された暁には、ポータル申請の変更が機能するようになることでしょう。

アプリケーション・パッケージ解析 [1.122.0]
皆さん、ごきげんよう。新たなアプリケーションパッケージ解析へようこそ。まだまだ情報が明らかにされていないバージョン2.0を熱望している方もいるでしょうが、バージョン1.xも引き続き楽しませてくれています。今度はポータル申請がコード上で復活しました。それではバージョン1.122.0の詳細を見ていきましょう。

ポータル申請

<string name="portal_form_submissions_avail">Submissions available: %s</string>

ポータル申請が制限なしに行えるものではなくなったことを示す初めての手掛かりとなりました。これは一度に一定数のポータル申請しかできないことを意味しており、この値はサーバー側で管理されているため変更可能なものです。また、この値は全員が同じである必要もありません。おそらくはポータル申請を乱用する者に対しては利用が制限され、優れたポータル申請を行う者は値が増加するのでしょう。

ポータル申請が行われることで、ただちにオペレーション・ポータルリコン上の審査が開始されます。

審査されるのは10件のみですが、これも乱用を防止するためのものです。ポータル申請に関してはっきりしている要件は、次のようなものです。

  • レベル8以上であること。
  • ブラジルまたは韓国の地域内にあること。

二番目の要件はサーバー側で定義される「サークル」ゾーンによるものであり、容易に変更可能です。今回のバージョンがアイオーエスおよびアンドロイドで完全公開となった際にはポータル申請が再開されるものと推察します。この申請が承認されたとしても、シーアには計上されません。シーアに関する公式発表は行われていません。

マグナス・リアウェイクン・ビーコン
率直に言って今回の中では些末なことですが、実際のところはナヴァッロから始まっているサーティンマグナス・リアウェイクンの次なるアノマリーシリーズに向けて新たなビーコンが登場しました。

<string name="POWERUP_NAME_BEACON_MAGNUSRE">Beacon - Reawakens</string>
 <string name="POWERUP_DESCRIPTION_MAGNUSRE_BEACON">Display 13Magnus Reawakens symbol above target Portal for 4 hours.</string>

beacon_texture.png

ビーコンは次第に種類を増していっていますが、終わりはないように思えます。まもなくフラッカーとビーコンのパック販売が行われることでしょうね。

総括
素晴らしいものではありますが、イングレス1.x群のため、機能拡張は小規模に留まっています。新たなビーコンはアノマリーのためのものですし、ポータル申請の再開はイングレスのみならずポケモンGoへも寄与するものです。

今回は、イングレスとポケモンGOで二度目となる新バージョンの「同時公開」となりました。イングレスでポータル申請が再開される一方で、ポケモンGOでは第三世代の開発が開始されています。ナイアンティックにとっては両ゲームで素晴らしい日となりましたね。それでは皆さん、次回またお逢いしましょう。

112220-e1503363746145-1024x887.png

fev games
2017/08/22 10:26:54
Ingress 1.122.0 is out! Once this version has a full roll out, you can probably expect the changes to go live (portal submissions)

Ingress APK Teardown [1.122.0]
August 22, 2017 . by Connor Tumbleson
Hello agents and welcome back to another Ingress teardown. While some are eager for the continued teased "2.0" version, the 1.x version has some surprises left - this time with the return of Portal Submissions (in code). So let's take a look into 1.122.0.

Portal Submissions

<string name="portal_form_submissions_avail">Submissions available: %s</string>

This was the first clue we noticed that submissions were no longer unlimited. This means you can only have a certain amount of submissions at a time. This number will change as it's controlled server-side via a little blob of text. This number does not have to be the same for everyone. Perhaps those that abuse submissions will be blocked, while those providing good portals will get a number increase.

{"result":{"submissionsRemaining":10,"cacheExpireMs":"300000"}

As you submit portals they will probably immediately enter the OPR review process. You can only have 10 reviews, as of now, to prevent abuse. The hardcoded requirements for Portal Submissions is still the following:

  1. Be Level 8+
  2. Be in range of either the Brazil or South Korea area

Number 2 comes from "circle" zones defined server-side which can change at any point. I assume once this version hits a 100% rollout to both iOS & Android we will see portal submissions return. These submissions, if approved, as of now will not count towards Seer. There has been no official news regarding Seer.

Beacon - Magnus Reawakens
Frankly boring in the scope of this release, but we gained another Beacon for the upcoming anomaly series (That actually started in Navarro).

<string name="POWERUP_NAME_BEACON_MAGNUSRE">Beacon - Reawakens</string>
 <string name="POWERUP_DESCRIPTION_MAGNUSRE_BEACON">Display 13Magnus Reawakens symbol above target Portal for 4 hours.</string>

The list of Beacons is ever growing, but the pattern of Beacon for every release doesn't seem to end. This means the Fracker/Beacon pack will probably launch soon.

Conclusion
While an exciting release, remember that this is the 1.x branch of Ingress so the enhancements performed are small. The additional beacons were for the anomalies and the return of portal submissions is something that not only helps Ingress, but also Pokemon Go.

This release was the 2nd "pair" of releases in which Pokemon Go and Ingress released a new version at the same time. The Pokemon teardown included the start of development of Generation 3 while Ingress brought portal submission back. A very exciting day for Niantic on both games. I will see you guys at the next one.