記憶の宮殿に関して(1)

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/08/06 08:04:00
三賢人たるスケプティックのマーティン・シューベルト、ヒューマニストのユーリ・アラリック・ナガッサ、そしてスピリチュアリストのスタイン・ライトマンが記憶の宮殿を題材とする情報を交わした。今回のものはその前半部分だ。

タイコの謎めいたメッセージ「スコパスの崩壊を覚えているか」が実際のところはシモーニデースを暗示したものではないかと焦点が絞られているようだね。このギリシア人抒情詩人はスコパス食堂の崩落から生き残った人物だ。その結果、被害者を特定するために「ロキ・メソッド」あるいは記憶の宮殿と呼ばれる記憶技術を用いたと言われている。

ナガッサ:
記憶の宮殿に関する情報を交換しておこう。

ライトマン:
その時機が来たようだね。

ナガッサ:
これが非常に重要なものだということは皆もご存知だと考えているよ。

マーティン:
概念自体が馬鹿げたものと考えているよ。君から先に言いたまえ。

ナガッサ:
無論、全般的にみればその概念は地理的なものだ。諸君は記憶と場所を結び付けている。黎明期の文明さえそのようにしているね。伝説とは少々偽装の施された地図なわけだし、ソングラインとは事実にもとづいた道筋を思い起こす手段なわけだ。

ライトマン:
けれども、別問題なのではないか?君は集合的な記憶の宮殿と実利的な関心とを言っている。あたり前のことをね。だが、この会話の主眼が単なる実利を超えたものとしての記憶の宮殿にあることを我々はわかっている。疑いようなくありきたりでないことだとね。

ナガッサ:
大元から話させてもらっているんだ。マクロな観点だし、必要に応じてマイクロな観点で話すこともできるさ。個々の記憶の宮殿とは、覚えてそれを整理する私的な現実だが、自覚はなくともそれが他者との共有に用いられている。

マーティン:
話を進めさせてくれ。正直言って、私はもう退屈してしまっているよ、ユーリ。君は公共の芸術作品や建造物はポータルとなるのみならず、不自然な人工世界に帰すものだと言うのだろう。それこそが集合的な記憶の宮殿だと言うつもりだろ。ライトマンの壁や棚にあるガラクタも個人的な記憶の宮殿というわけだ。

ライトマン:
個々の記憶の宮殿は脳内にあるというのだね、マーティン。君の意見は正しいが、私物によって誘発され強められる可能性もあるな。

ナガッサ:
どちらもが記憶の宮殿だよ。そして、それこそが問題の核心だ。我々は動物だ。おそらくは精神的な動物だが、動物ではあるだろう。肉体は動物にとって重要なものだ。それは精神ともつながっているものだし、率直に言えば、エクソジェナスにもつながるものだからね。

P.A. シャポー

PalaceNotes-I.png

PALACE NOTES - I
August 5, 2017 · by PAC · in 13MAGNUS: Reawakens

The three wise men of Ingress, Martin Schubert (Skeptic), Yuri Alaric Nagassa (Humanist) and Stein Lightman (Spiritualist) share notes on the subject of mind palaces -- this is the first half of their conversation...

This topic seems to be slowly but surely coming into focus following the revelation that Tycho's cryptic message 'Remember the ruin of Scopas' may have in fact been a hint towards Simonides. The greek poet survived the collapse of Scopas' dining hall and -- in the aftermath -- is said to have used a memory technique called 'method of loci,' or a mind palace, to identify the victims of the tragedy.

nagassa
Want to compare notes on mind palaces.

lightman
timely...

nagassa
I think we all know that this is going to be very significant.

MartinSchubert
I think the whole concept is ridiculous. You first.

nagassa
Of course the overall concept is geography. You tie memories to geography. Even the earliest cultures do this. Legends are thinly disguised maps. Songlines are really ways for people to remember paths based on stories.

lightman
Different issue, though -- isn't it? You are talking about collective mind palaces and utilitarian objects. Ordinary things. But we all know that the purpose of this conversation is mind palaces that are far more than just utilitarian. And definitely not ordinary.

nagassa
I was starting at the beginning... The macro view and can then work micro if you want to. A personal mind palace is a private reality first used to remember and organize things and then used to share with others even though we don't consciously know we're doing it.

MartinSchubert
Let me jump start this conversation, because frankly Yuri I'm bored already. You are about to argue that the implantation of public works of art and architecture is not only to mark Portals but to ascribe artificial meaning to an otherwise insouciant universe. Then you are going to tell us that they are a collective mind palace. And the crap Lightman has all over his walls and shelves is his personal mind palace.

lightman
A personal mind palace is stored in the brain, Martin -- but you are right, it could perhaps be triggered and reinforced by private objects.
2nr,8ei4,5d

nagassa
It is both -- and that is the very heart of the matter. We are animals. Spiritual animals, perhaps, but animals. And the physical matters to animals. It connects to the mental and -- quite frankly -- to the Exogenous.

-PAC

H. Richard Loeb
2017/08/06 08:04:00
The three wise men of Ingress, Martin Schubert (Skeptic), Yuri Alaric Nagassa (Humanist) and Stein Lightman (Spiritualist) share notes on the subject of mind palaces -- this is the first half of their conversation...