アンドリュー・クルーグの質疑応答

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Sven W (P2063)
2017/07/01 22:32:13
イェンス・ブリーとクラウディア・シュトックハウゼンの働きかけによって、昨日ここフランクフルトにおいてナイアンティックのグローバル・コミュニティマネージャーを務めるアンドリュー・クルーグを招いた価値あるイングレス・クロスファクションミーティングが催されました。その場で私たちは質問を寄せる機会を得ましたから、後ほどドイツ語翻訳したものも挙げましょう。

イングレス・イベント
質問:
今年後半に予定されているアノマリーで大幅なゲームプレイ変更は計画されているでしょうか。一例を挙げると、同一の区画を行き来する都市型シャード戦のみならず、アノマリーの原点に立ち返り相当距離の移動をともなう大規模クラスター戦は行われるのでしょうか。
回答:
私からは何も言えませんね。その実施形式が最適だとは思います。斬新さを感じるのみならず慣れ親しみある形式でもあるからです。

質問:
オペレーション・クリアフィールドの類は欧州でも計画されているでしょうか。
回答:
検討を重ねていますが、今のところ決定したことはありませんね。

質問:
エージェント・オリンピアードの類は欧州で計画されているでしょうか。
回答:
検討を重ねていますが、今のところ決定したことはありませんね。

質問:
次節のアノマリーでは欧州でゴーラック・アーバンオプスやステルスオプスは開催されるでしょうか。
回答:
ゴーラック社は独立した別企業であり、ナイアンティックのイベントを支援するか否かはゴーラック社次第です。ゴーラック社がナイアンティックのイベントに併せて実施してくれるとなれば喜ばしいことですね。(ゴーラック社のジョエル・フィリップスによると、欧州へカドレを派遣するには最低50名の参加者が必要とのことだった。)

質問:
NL1331は欧州へ再訪するのでしょうか。
回答:
私はそう考えているけど、計画するのはイーサンだからね。彼のグーグルプラスページやノーベンバーリマで次に赴く先を確認していってくれ。

質問:
キャンプ・ナヴァッロで行われたようなイベントは欧州でも計画されているでしょうか。
回答:
クリアフィールドと同様に事業計画上の課題だね。この件については検討を重ねているよ。

質問:
エージェント・オリンピアードがユーチューブといった他の媒体で放送されなかったのはどうしてでしょうか。将来的には改善・変更されていくのでしょうか。
回答:
これはイベント開催地域に応じて変わってくる話だね。ニコニコは日本で大成功を収めているサービスで、エージェント・オリンピアードでは視聴者の大半が日本人だったわけだ。欧州や合衆国では過去にユーチューブやペリスコープ、ハングアウトといったストリーム・サービスを活用してきたね。その地域の人々に馴染みのないものを強要しようとは思わないからね。

質問:
随伴レポーターに同じプレイヤーばかりが選出されるのはどうしてでしょうか。
回答:
必ずしも同じではないよ。半数程度は新任のレポーターだろう。応募者数とその資質に左右される話だね。名の通ったレポーターの諸君は、我々がどういった写真を見たいと考えているか、その期待するところをわかっているのだ。誤解となっているのは、その選出が人気にもとづいているのではないかということだろうね。知名度や撮影枚数で選出することは有り得ないよ。求められるのは、ハッシュタグを附記していい写真を撮ることだけさ。

質問:
アノマリーにおけるゲームプレイの改善は計画されているでしょうか。
回答:
パフォーマンスの向上と登録プレイヤーに限定して参加してもらうために隔離された環境でのアノマリー発生を是非とも実現させたいね。もっともこれは個人的な意見と願望に過ぎないよ。

エージェントに関する具体的な質問
質問:
ハンブルクではトラステッド・レポーター・プログラムついて話されていましたが、欧州プレイヤーの大半にとってその存在は馴染みないものかと思います。この件について透明性を確保するため、トラステッド・レポーターの選定基準をご説明いただけるでしょうか。そういった職権の乱用に対する措置はあるのでしょうか。
回答:
問題の一端には、そのプログラムを誰が何に対していつどのように行うかを誰もが知る状況となれば、透明性は担保し得るものの、それを悪用されるリスクが高まってしまうことにあるだろうね。誰もが大量の報告を送りつけてそういったプレイヤーを困らせることにもなりかねない。このプログラムついて言及しても構わないが、それによってトラステッド・レポーターを危うい立場に追い込むような真似はしたくない。どのレポーターも己の言動に責任を持っているとナイアンティックでは考えているし、イングレス・ヘルプデスクの代替と扱われるようなことは望んでいない。その職務には数多くの仕事と苦悩とがあるものだからね。我々と強い信頼で結ばれたエージェントは世界各地で25名ほどいる。増員も計画してはいるが、若干名に過ぎない。また、国家情報局の作戦部隊では推薦されたすべての人々の経歴を調査しているよ。このプログラムに加わる者にはシステム上に警告履歴のない清廉潔白さが求められるからね。

質問:
不当にアカウント・バンされたプレイヤーが行い得る正式な手続きはどのようなものでしょうか。
回答:
確かに言えることは、追跡システムを活用することですね。それも機能しないのであれば私に声を掛けてくれ。ただし、上位レベルで追跡処理することはできるが、結果がともなうことを約束はできない。我々は透明性の確保に努めているし、手続きを進めるうえで情報過多になることも不足することもないよう取り組んでいるよ。

質問:
ナイアンティックでは複数アカウント所持者、とりわけ複数端末使用者へどのような対応をしていくのでしょうか。
回答:
複数アカウント所持者の特定には大変な労力が必要となります。報告しても追跡が途絶えるようであれば、私へ連絡してくれれば出来得る限りのことはしよう。

質問:
例外的な追跡手段について教えていただけるでしょうか。
回答:
国家情報局作戦部隊へアカウント・バンについて改めて訴え、提言できるプレイヤーコミュニティの創設を進めているところだ。

質問:
追跡処理状況や解決されたことをシステムを通じてプレイヤーへ情報提供することは計画されているでしょうか。
回答:
目標とするのは詳細情報の提供にあるが、不正行為者に具体的な状況を悟らせるわけにもいかないのだ。

質問:
ナイアンティックでは「I」「l」「|」といった文字ばかりを用いたバーコード状のコードネームに対処するのでしょうか。
回答:
今のところ、計画してはいないね。

質問:
プレイヤー間のコミュニケーションを改善する何らかの計画はあるでしょうか。
回答:
既に様々なことが行われているね。イングレスの投稿はより多くの情報提供と双方向的な情報交換に寄与している。間もなく明らかにするつもりでいるアンバサダー・プログラムもあるし、既に名の挙がっているようなプレイヤーの組織したプログラムも数多くあり、今後も増えていくことだろう。ナイアンティックでは、より良いコミュニケーションとコミュニティの交流に尽力していく意向であるし、有益な情報交換へ力を注いでいく。交流の場を荒らし煽る投稿を行ったり、過度に否定的であったり建設的でなかったりすれば、無視されることもあるだろうし、コメントを読みやすくするために削除されることもあるだろう。有益で流儀にかなうコミュケーションを行うときが来たということさ。わかっているとも、インターネットなんだからね。だが、どのように交流していくかも選択できるものだ。

ゲームとクライアントに関する質問
質問:
イングレス2.0へのアップグレードは、性能に影響を及ぼすでしょうか。Android のオペレーションシステムやCPUの必須要件に変更はあるのでしょうか。
回答:
わからないね。ゲームエンジンにはユニティが活用されるし、バックエンドはポケモンGOと同様のものだ。新たなグラフィック処理の関係でイングレス1.0よりは僅かにバッテリー使用率は高まるだろうが、最近の携帯電話で処理しきれないものはないね。

質問:
IITCの活用や通常のインテルマップ改善について正式な見解はあるでしょうか。
回答:
実際には前半の質問に回答があることを望んではいないとは思うが、通常のインテルマップを改善することに関しては検討している。だが、それが開発陣の中でどれほどの優先順位にあるかは知らないよ。

質問:
ポータル申請は再開されるのでしょうか。
回答:
着実にそのときは迫ってきているが、いつになるかははっきりしていないね。

質問:
イングレス2.0でも移動速度制限は変わらぬままでしょうか、あるいはポケモンGOのようにより制限が厳しくなるのでしょうか。
回答:
私にはわからないね。

質問:
実在しないポータルに関する報告について改善してもらえないでしょうか。また、ポータルアピール・コミュニティはまだ管理されているのでしょうか。
回答:
そうだね、問題には気づいているさ。ナイアンティックはグーグルマップに依存し過ぎているし、改善が行われるだろう。この件については検討しており、つい最近に私が国家情報局作戦部隊へ送ったメールにもそのことに触れているよ。

質問:
オペレーション・ポータルリコンにおいて地域はどのように機能しているのでしょうか。
回答:
ホームとボーナスで三つの地域があるわけだが、現在地の優先度が高いね。その体系を弄ることはできないが、間近のポータルは表示されないドーナッツ状となっている。この体系を弄るような真似はプレイヤーの立場を損なうものでしかない。

おまけ
質問:
今までで欧州最高の食べ物は何だったでしょうか。
回答:
カプサロンとアンの夫であるティモが作ってくれたシュペッツレだね。

質疑応答が行われたあと、不当なアカウント・バンを回避する手段に関するやりとりが続けられました。助言されたのは、長距離移動した場合には数分の間を置くことです。GPSがどこを示しているかを確認し、GPSが指し示す場所に居ないのであれば、ポータルに触れないということです。

迫るアノマリーに関して寄せられた質問には、新たな登場キャラクターがあるかというものもありました。アンドリューは、誰かがマグナスの席を埋めねばならないが、物語を台無しにするつもりはないとだけ答えていました。

その後はロードアウト・カードを賭けたステータスゲームが行われたり、バースターやパワーキューブ、レゾネーターのコードが配付され、アンドリューのサイン入りエージェントカードを手にする機会を得ました。

大変興味深かったのは、イングレス2.0に関して若干の紹介があったことです。当初の発表では指1本で回転させる以外に新機能はありませんでしたが、アンドリューの紹介は非常に期待の持てるものでした。現状の配色は変わりませんが、どれも若干煌びやかで映画トロンのようでもありました。イングレス1.0の動作しなくなるときは来るのでしょうが、その移行期間がどの程度設けられるかははっきりと分かってはいません。

最後となりましたが、お越しいただいたアンドリュー・クルーグに感謝いたします。良き旅路と次に赴くミュンヘンをお楽しみください。

Sven W (P2063)
2017/07/01 22:32:13
Yesterday we had a very productive #Ingress cross faction meeting with +Niantic global community manager +Andrew Krug here in Frankfurt organised by +Jens Brey and +Claudia Stockhausen. We took the opportunity to collect and ask some questions, a german translation will be added later.


Ingress Events
Q: Any big gameplay changes planned for upcoming anomalies later this year? Like, back to the roots, bigger cluster battles with some distance to cover and not only city shards where you run around the same block all time.
A: I can not tell you anything. I think the format will be the best of any. It will feel new and but also familiar.

Q: Anything like Operation Clear Field planned for Europe?
A: There have been many conversations but nothing has been finalized yet.

Q: Anything like Agent Olympiad planned for Europe?
A: There have been many conversations but nothing has been finalized yet.

Q: Will there be Goruck Stealth/Urban Ops at the next anomalies?
A: Goruck is a separate company, it's up to them if they can support our events. We always welcome a way to integrate GORUCK into our events whenever possible. (Requirements according to Joel from Goruck: 50 participants needed to get a cadre to europe)

Q: Will NL1331 return to europe?
A: I am sure - but Ethan plans this so watch his G+ or the November Lima account to see where they will be going next.

Q: Are there plans to do an event like Camp Navarro in Europe?
A: Like Operation Clear Field, it's a matter of logistics. We have had a lot of conversations about it.

Q: Why wasn't Agent Olympiad streamed with other services like Youtube to reach a more international audience? Anything planned to improve/change this in the future?
A: This really depends on where the event is held. NicoNico is huge in Japan and the primary audience was Japanese. For Europe & the U.S. we have used streaming services like YouTube, Periscope and Hangouts live in the past. We don't want to force a local community to use something they're not used to.

Q: Why are always the same players selected as embedded reporters?
A: It isn't always the same. I would say about half are new and half are old. It comes down to how many applications we receive and the quality of them. Known reporters also know what pictures we want to see and what to expect. One misconception is that it is based on how popular a person is. It isn't really dependent on how famous and how many pictures you take. You just need to add the hashtags and make good photos.

Q: Are any improvements on Anomaly gameplay planned?
A: I would love to see anomalies happen on a separate instance to improve performance and let only registered players join. But that is just my opinion and desire.

Agent Specific questions
Q: In Hamburg you talked about the Trusted Reporter Program. The majority of players here in Europe didn't even know that something like this exists. To have more transparency on this, can you please explain the criteria to be selected as a trusted reporter? Are there any measures that such a position is not abused?
A: Part of the problem is that is that if everyone knows who, what, when, and how about the program so that we are completely transparent, then the system is likely to be abused. The players are also likely to be abused as everyone will flood them with reports. I don't mind talking about the program. But I don't want to put the Trusted Reporters in a bad position. We hold every reporter accountable for their actions and reports. We don't want it to turn into another version of an Ingress help desk. The job is a lot of work and pressure already. There are about 25 Agents worldwide that are well connected with high trust levels. We plan to extend, but just a little bit. Also, NIA OPS does a background check on everyone who is nominated. Participants have to be very clean without any flags in our system.

Q: What official way can illegitimately banned players go?
A: The obvious path is to use the ticket system. If that doesn't work, then reach out to me. I can try to get a ticket escalated but I cannot promise a certain outcome. We do want to be more transparent and are working to find the balance between too much and not enough information to help the appeals process and Agents.

Q: What can Niantic do against multiaccounters, especially those using different devices?
A: Finding multi-accounters takes a lot of work. If you are reporting them and the tickets keep getting closed, contact me and I will see what i can do.

Q: Tell us about the Second Chance program.
A: I am in the process of setting up a community of players that will be able to handle ban appeals and provide a recommendation to NIA OPS.

Q: Is it planned that players get better information through the ticket system, like a status that it's worked on and clearer information when a ticket is solved?
A: Goal is to have more detailed information, but not specific enough for a cheater to work out avoidance.

Q: Will Niantic address Barcode-Nicks with only I, l and | letters?
A: There are no plans currently.

A: Any other plans to improve communication with players?
Q: A lot has already been done. The Ingress posts are getting better with more information and two-way dialogue. There will be an ambassadors program I will be rolling out soon. There are a lot of player organized programs like the ones already mentioned and more to come. We continue to strive for better communication and community interaction. We are going to put a focus on positive messaging. If you are a troll, overly negative, and unconstructive you are likely to be ignored and/or have your post deleted if it is a comment to filter out the noise. It's time to be positive and communicate in a similar manner. I know, this is the Internet - but how you communicate is a choice.

Game and Client
Q: Will upgrading to Ingress 2.0 affect performance? Are there any changes in Minimum requirements to Android OS or CPU?
A: I don't know. It will be using the Unity game engine and the same backend as Pokémon GO. Maybe slightly higher battery usage than Ingress 1.0 because of the new graphics. But nothing newer phones can't handle.

Q: Any official word on IITC usage or improvement of the stock intel map?
A: I don't think you really want me to answer the first part of the question. We have had conversations about improving the stock intel map but I don't know where that is in the developer's priority list of things to do

Q: Will portal submissions come back?
A: They are coming, but unsure when.

Q: Stay speed limits in 2.0 the same or will it be more restrictive like in Pokemon GO?
A: I don't know.

Q: Can reporting of nonexistent portals be improved and is the portal appeal community still maintained?
A: Yes, the problem is known. We seem too reliant on gmaps. There will be improvements and we have had conversations about this including an email I sent to NIA OPS recently.

Q: How do the regions work in OPR?
A: It uses 3 areas, home and bonus but a huge priority on current location. You cannot game the system, it's like a donut so no portals from the direct neighbourhood are shown. It will only hurt the player itself if he tries to game the system.

Bonus Question
Q: What's the best food so far you got here in europe?
A: Kapsalon and homemade Spätzle from Anne's husband Timo.


After our Q&A session, there was some more talk about how to avoid an illegitimate ban. Best advice is, when travelling larger distances, then wait a couple of minutes. Make sure your GPS is where you are, don't interact with a portal when you are not where your GPS is.

Another question that was raised about the upcoming anomalies was if there will be new story characters. Andrew only said somebody has to fill the Magnus, but can't spoil anything of the story.

We then played the famous stats game about loadout cards, some more XMP, Cubes and Resonator codes were handed out and everybody got the chance to get a signed agent card from Andrew.

Really interesting was also a small preview on Ingress 2.0. There won't be any new features except one finger rotation in the first release, but what he showed us looked very promising. Expect that the general color scheme is kept, but everything is a bit more neon and Tron-like. There will be a date when 1.0 stops working, but there are no details known yet how long the transition period will be.

Finally, a big thank you to +Andrew Krug for coming here, spending the evening with us and answering our questions. Safe travels and enjoy your next stop in Munich!

+Ingress +NIA Ops +Niantic +Niantic Project +Anne Beuttenmüller +Timo Beuttenmüller#ingress #niantic #Frankfurt