記憶の宮殿

Android_Dream_Abi-1.jpegエドガー・アラン・ライト(Edgar Allan Wright)
2017/07/08 23:28:40
諸君が昨日行ってくれた研究成果はいつも通り非常に印象的なものだった。本日は少々違った話だが、その繋がりがわかるのも近々のことだろう。私が自らの精神を組み立て直していたときのことだが、キケロの提唱した記憶の宮殿を構築するという古の手法へ目を向けたことがある。ものごとの整理整頓に役立つものであり、混乱のうちに秩序を生み出すためのものだ。心に作り出したものごとを適宜関連付けるためのものであり、現実を構築するためのものだ。

我が記憶の宮殿は包括的なものだが、常に拡張をみている。その内にある部屋の多くはアノマラスエリア、あるいは少なくともアノマラスエリアから私が生み出したものだ。ありふれし日常もありはするがね。

そして、記憶の宮殿を構築することはリモート・パーティシペーションと違いはないと私は認識している。ここで疑問が生じるのだ。記憶の宮殿とは、実際には辿り着けぬ実在の場所なのだろうか。それを考え描けば、実在するのだろうか。そしてあたかも博物館のように他の人々が訪れ、それを持ち去ることもできてしまうものなのだろうか。
Buildonauts - Digital Business Pioneers

Edgar Allan Wright
2017/07/08 23:28:40
As always, your research, yesterday was extremely impressive. Slightly different topic today, but you will soon see how it reconnects. As I was reassembling my mind, I turned to the ancient practice of building a memory or mind palace in much the way Cicero suggests. It helps to place and organize things. To make order of chaos. To associate mental artifacts in place and in time.To reconstruct (or construct) a reality.

My mind palace is quite comprehensive, but always growing. Many of the rooms within it are Anomalous Areas or, at least my construct of them. Some are more mundane.

And I realize that the construct of a mind palace is not unlike remote participation. Here is the question. Is a mind palace really a real place in an inaccessible region? If we think it, does it exist? Can others visit or even rob from it like it were a museum?