古のプエルトルコ

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/07/06 17:08:06
ハンク・ジョンソンとデヴラ・ボグダノヴィッチのやりとりにアクセスすることができたよ。この二人のナイアンティック研究者は、ときには友として、ときには協力者として長らく人生をともに歩んできたわけだが、それ故に特異的な課題を生じている。二人が記憶を享有しあっていることやその語彙が、そのやりとりを理解し難いものにしてしまっているわけだ。

エージェント諸君、ここで二人が話していることに何かしら覚えがあるだろうか。

ハンク:デヴラ、話しておく必要があるな。
デヴラ:何に関してかしら?
ハンク:古にプエルトリコで起きたことに関してだよ。
デヴラ:あの夜にアレシボで起きたことの全てに私たちが関わったわけではないのよ。どうするというの?
ハンク:さあな...
デヴラ:私たちは思い付きを交わし合う学徒に過ぎなかったのよ、ハンク。私たちも若かったわ。幾つか仮説を考えついたわね。
ハンク:今ではそれが真実だと知ってしまっているがね。
デヴラ:起きたのは、私たちがあのカテドラルへ立ち入ったときから何世紀も前のことなのよ。
ハンク:そうだったか?あるいは時を隔てて関与してしまったのだろうか?我々は二人ともアノマラスゾーンにいることを自覚していたと思うがね。
デヴラ:当時は二人ともそんなことを知りはしなかったはずよ。
ハンク:だが、感じ取ることはできたはずだ。
デヴラ:そこで何を感じたかなんて知らないわよ、ハンク。ずっと前のことですしね。
ハンク:ああ、そうだな。なんとか記憶の残滓をすくいあげようとしているんだがね。
デヴラ:仮に私たちが何かを引き起こしていたのだとすれば、世界はなんと脆く儚いんでしょうね。幾度の崩壊があったんでしょう?次から次へと大変動を繰り返しているのね。
ハンク:興味ないというのかい?
デヴラ:偶然に過ぎない可能性だってあるわ。
ハンク:そうであるにも関わらずだ、復元は続けられていった。世界は脆く儚いが、修復も可能なものなのだ。
デヴラ:その存在を知りもしなかった物理法則に沿って行っていた無自覚に、私は罪の意識を感じるつもりなんてないわよ、ハンク。
ハンク:君に罪の意識を求めてなんていないさ。
デヴラ:それは結構なことね。他の人たちはシミュラクラの行いに私が罪の意識を感じているものと思っているようよ。かつての私はどうしてそんなにも異なる人生を歩んだのかしらね?

P.A. シャポー

OnceinPuertoRico.png

ONCE UPON A TIME IN PUERTO RICO
July 6, 2017 · by PAC · in 13MAGNUS: Reawakens

I was able to gain access to this conversation between Hank Johnson and Devra Bogdanovich. These two Niantic Investigators share a long history as friends and collaborators -- and this poses a unique challenge: Their shared memories and vocabulary makes parsing their conversations difficult.

Agents, you have any clue what they might be talking about in this leak?

TRANSCRIPT:

Hank: Devra... We need to talk.
DevraB: About what?
Hank: Something that happened once upon a time in Puerto Rico.
DevraB: We didn't set this all in motion that night in Arecibo. How could we have?
Hank: I'm not sure...
DevraB: We were just students playing with ideas, Hank. We were kids. We came up with some theories.
Hank: That turned out to be true.
2sex9or9mt7zj5irew
DevraB: It happened centuries before we even went into that cathedral.
Hank: Did it? Or did we remotely cause it? I think we both knew we were in an Anomalous Zone.
DevraB: Neither of us even knew what that was back then.
Hank: But we could sense it.
DevraB: I don't know what I sensed there, Hank. This was so long ago.
Hank: Yeah, I keep trying to shake the dust off the memories.
DevraB: If we did cause something, the world is a very fragile place. How many times did that place get destroyed? Earthquake after earthquake.
Hank: You don't find that curious?
p;j75;rhrly;575io
DevraB: It could just be coincidence.
Hank: And yet, they kept rebuilding. The world is fragile, but it can be repaired.
DevraB: I'm not going to feel guilty for something I didn't even know I was doing based on laws of physics and reality we didn't even know existed, Hank.
Hank: I'm not asking for you to feel guilty.
DevraB: Good, because everybody else seems to expect me to feel guilty about what some recursion of myself may or may not have done. Why should my life before all that be any different?

-PAC

H. Richard Loeb
2017/07/06 17:08:06
I was able to gain access to this conversation between Hank Johnson and Devra Bogdanovich. These two Niantic Investigators share a long history as friends and collaborators -- and this poses a unique challenge: Their shared memories and vocabulary makes...