十三名の内にあらず

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/07/05 18:33:49
私が昨日照会した量子世界における因果や運命に関する最新情報は、諸君には奇遇や気まぐれの結果と見えたことだろう。

そうではないのだ。

私がこの奇妙なるやりとりを見つけたのは、エンライテンドが選択に最善を求めて昼夜を問わず取り組んでいたときのことだ。彼らの意向や希望に配慮して、そのやりとりに加わることは差し控えた。公表するよりも前にこのやりとりを目にしていればエンライテンドの判断に変化が生じていたかはわからないが、マグナス前構成員の誰もが大海にあらぬ波頭に立っていることを実感していた、それは未知なるものを知ることであり、理解の限界を超えたものであった。

望むと望まざるとに関わらず、私も彼らもその時間的な非同調を妨げないことを選択したわけだ。

カルビン:より信頼のおける手段を講じるべきだ。

シューベルト:何かを聞き逃したなら、明日にでも記録を確認すればいいことだ。

ライトマン:君と出会う以前の頃が懐かしいよ、マーティン。

ボグダノヴィッチ:私たちにわかっていることは何かしら?

カルビン:エンライテンドは様々な計画を進めているよ。我々の扱いを公衆に問おうともしている。

ハンナ:それは昨日も交わしたやりとりに思えるわ。

クレーゼ:奇妙なことだが、今回ばかりは君の言わんとしていることが私にもわかるな。

シューベルト:すまないが、合理的に考えることのできる者に説明してやってくれ。

ジョンソン:ハンナが言わんとしているのは、それは既に起きたことだということさ。我々はまだ体験こそしていないだけだな。

ダルビー:デジャヴか?

キャンベル:既体験感というやつね。でも、それとは何かが違うように思えるわ。

ボグダノヴィッチ:自問してみなさい、マーティン。感じないかしら、今このとき、つながりを失っていると。

ジョンソン:説明し難いことだということはわかっているさ。だが、私もそう感じるよ。エンライテンドはこの先の未来を知りはしないだろうが、彼らはとっくに引き起こしてしまっているのさ。そして我々はその流れに乗ってしまっている。

ハンナ:私は自由よ、それはわかっているわ。マグナスはもはや私の一部を成してはいない。

ライトマン:私もだ。まるで順序が逆じゃないか。奇妙なことだな。

カルビン:私も同様のことを感じ取っているな。

ジョンソン:船に乗る者はいないということか?

[沈黙]

シューベルト:我々は全員わかっているようだな。

ここにおられない方々はどのようにお答えになるでしょうか。

カルビン:おお、オムニシャントよ。

私は今や知者のひとり過ぎません。大勢のひとつにして、13名の内にはないのです。今このとき、この場に居合わせない方々は私たちと別の道を歩もうとしていることは感じとっていますが、それを証明する手立てはありませんね。奇異なことです。

ライトマン:面白いな。エンライテンドが我々に問うてきたときは何と答えようか。

ジョンソン:これはリモート・パーティシペーションの一種なのだろうか。

カルビン:このマグナスは干渉から生じたものだ。私自身のね。記憶にはないが、後悔は感じているよ。

ボグダノヴィッチ:何が言いたいのかしら?

ナガッサ:時の流れがここを過去にしてしまったのだとしたら...

ダルビー:間奏を唄っている間に曲の出だしが変わっているかもね。

シューベルト:そのような前提は馬鹿げている。だが、私は計画を台無しにするような男になるつもりはないさ。最後に望むとすれば、それは第二のカルビンとなることだ。

P.A. シャポー

NoneofThirteen.png

NONE OF THIRTEEN
July 5, 2017 · by PAC · in 13MAGNUS: Reawakens

Perhaps you thought the news article I shared yesterday about causality, destiny and fate in the quantum world yesterday was a coincidence or the result of a whim.

No.

As the Enlightened were working day and night to make the best of the choice they had been presented with, I came across this strange conversation.

Although I was not a participant in it, I chose to withhold it to honor their intent and wishes. I don't know if seeing this information before they announced their decision would have changed something for the Enlightened, but these former MAGNUS members felt they were at the crest of a wave that had not yet emerged from the ocean -- it was a strange thing to see, and something beyond my limited understanding.

For better or worse, both I and they chose not to interfere with this strange temporal desynchronization.

TRANSCRIPT:

CALVIN: This should be a more reliable line.
SCHUBERT: And if anyone misses anything, just check Investigate for the transcript tomorrow.
LIGHTMAN: I miss the time before I knew you, Martin.
JOHNSON: Gents, I don't have all day here.
BOGDANOVICH: What do we know?
hcz30acpl711ye
CALVIN: The Enlightened have a number of plans in motion. They also intend to make public pleas for our guidance.
HANNAH: This feels like a conversation we're having yesterday.
KUREZE: Strangely, for once, I know what you mean.
SCHUBERT: Someone explain it to those of us who retain rational thought, please.
JOHNSON: She means... it's already happened, we just haven't lived it yet.
DALBY: Déjà vu?
CAMPBELL: Déjà vécu. But even that's not quite right...
BOGDANOVICH: Ask yourself, Martin. Don't you feel... disconnected... now?
JOHNSON: I know it's hard to explain. But I feel it, too. The Enlightened may not yet know their future, but they have already caused it... And we're in that flow.
HANNAH: I'm free. That I know. The MAGNUS is no longer a part of me.
LIGHTMAN: Me too. Or is it the other way around? It's strange.
CALVIN: I have experienced the same.
JOHNSON: Anyone not on that boat?
lpp44xksqmyt419jg
[Silence]
SCHUBERT: It seems we all know.
What about those who are not here to answer?
CALVIN: Ah, the Omniscient speaks.
I am only an omniscient now. One of many and none of thirteen. I sense that those who are absent at this moment are separated from us, and yet cannot prove this. A strange phenomenon.
LIGHTMAN: Interesting. What do we tell the Enlightened when they ask us?
JOHNSON: I wonder if that could be a form of Remote Participation?
CALVIN: This MAGNUS was born of interference. Mine. It's something I don't remember and yet still feel regret for.
BOGDANOVICH: What are you suggesting?
NAGASSA: If the river of time has already flowed past this point...
DALBY: We may cause the beginning of the song to change while we're singing the bridge.
SCHUBERT: This entire premise is absurd. But, I won't be the one to upset the applecart. The last thing I want is to be the next Calvin.

-PAC

H. Richard Loeb
2017/07/05 18:33:49
Perhaps you thought the news article I shared yesterday about causality, destiny and fate in the quantum world yesterday was a coincidence or the result of a whim. No. As the Enlightened were working day and night to make the best of the choice they had...