エックスエム攪乱

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/07/01 18:54:30
ここ最近に国家情報局の進めていた企てが漏洩した。現段階では私見を挟みかねるね。

宛先:ショー・ヘンソン
送信元:ジェイ・フィリップス
件名:アノマラス・イベント

ショー殿

国家情報局ではここ最近とある事情から精力的に活動を進めてきました。勘案すべきことは多く、複数経路を同時並行して進めているところです。ハンクは散発的に放送や投稿を行っていますが、これは「実際の活動を欺瞞」した可能性の高いものです。ハンクが実際には何を進めているのか特定に至ってはいませんが、ハンクがリモート・パーティシペーションから様々なことを学び取り、アノマラスゾーンなどの様々なポータルを行き来しているのではないかと私は睨んでいます。

これについては国家情報局も幾つかの実験で関わってきたことですが、アフガニスタン・アノマリーによって頓挫していました。CERNへ潜り込むことは容易でしたが、アノマラス・イベントは観測されず仕舞いです。ペルセポリスなどでは成功を収め観測することが適いましたが、実際に関わるには至りませんでした。諜報員からはジョンソンとヤーハンを目撃したとの報告があります。それが既に把握してある接触であるのか新たな接触があったのかは判りかねます。国家情報局では、アコライトの集落にもヤーハンの屋敷にも辿り着くことに成功してはいないのです。

国家情報局では7月末のサンディエゴを指し示す情報発信が増加していることを把握しています。そこでは軽度のエックスエム攪乱が見られており、タイコを取り巻く事件から5年を経ることとの関係性を無視できずにいます。ミスティ・ハンナが関与しているとの情報もありますが、その件についてはいま現在調査中です。

関連した新情報となりますが、最近となってナイアンティック号がパナマ・サンフランシスコ間の途にサンディエゴへ停泊した可能性を示唆する歴史的な文書を発見しました。地理的にみてつじつまの合う話ではありますが、仮に事実であれば航海記録に残されなかったか、あるいは削除されたということになります。引き続き報告していきます。1849年にナイアンティック号がパイタへ停泊した折、USGが特定の人々を乗船させるよう要請したわけを紐解く新たな手掛かりが得られれば、無論架空のことでなければですが、大いに寄与することでしょう。

最後となりましたが、ナイアンティック・マグナスの瓦解を取り巻く一連の未知なる事象に関して、国家情報局でも掴んでいます。その元構成員たちが公には沈黙を貫いていることが全貌把握を妨げています。また、インベスティゲイトのブログ管理者であるリチャード・ローブが元構成員たちのやりとりを知り得ていることはわかっているものの、国家情報局では得られていません。このような情報を公表せずにいる思惑は量りかねます。

フィリップス

P.A. シャポー

XMDisturbances.jpg

XM DISTURBANCES
July 1, 2017 · by PAC · in 13MAGNUS: Reawakens

Compromised intel reveals what the NIA has been up to in recent weeks. I cannot comment on allegations made about me at this time.

TRANSCRIPT:

TO: Shaw Henson
FROM: Jay Phillips
RE: Anomalous Events

Shaw,

We've been nose ot the grindstone for the last few weeks for obvious reasons. A lot to calculate, and we are trying to track a number of threads simultaneously. Hank has been making broadcasts and posting sporadically, but it's likely this is 'cover for action.' We just can't figure out what the action might be that he is covering for. My suspicion is that he learned quite a bit from Remote Participation and he might be travelling to and from various different Portals, specifically those connected to Anomalous Zones.

We have done some experiments on this front of our own. We were rebuffed by the Afghan Anomaly. We were able to enter CERN briefly but no Anomalous Events were observed. We believe we had some success with Persepolis and were able to observe but not participate. Our operative reports he saw Mr. Johnson and Jahan. We do not know whether this was a known meeting displaced in time or a new one. We have had no success in gaining access to either the Acolyte's Compound or Jahan's Palace.
c6iy2o7s5ztmt7h

We are aware of the increasing signals pointing to San Diego in the tail end of July. We are seeing some low-grade XM disturbances there, and that this would mark 5 years since the events surrounding Tycho has not escaped us. Intel has indicated Misty Hannah may be involved, but that is still developing.

In related news, we recently uncovered a historical report that the Niantic sailing vessel may have stopped in San Diego while sailing between Panama and San Francisco. This would make geographic sense, but if it were to have happened it was either not recorded in the log or scrubbed from the log. Will report any follow-ups. If you have any additional channels that could leverage deep historical archive to explain why the USG requested the Niantic take on certain passengers when it was docked in Paita in 1849, other than the cover story, of course, that would be extremely helpful.
oraexfogizfjnnireudfhsmni

Finally, we are aware of the strange series of events that have surrounded the fracture of the NIANTIC MAGNUS. The continuing public silence of its former members has been difficult to explain -- even more as we are aware that H. Richard Loeb of the Investigate blog has access to conversations between them that we have been unable to obtain. His decision to withhold this information remains unexplainable.

J. Phillips

-PAC

H. Richard Loeb
2017/07/01 18:54:30
Compromised intel reveals what the NIA has been up to in recent weeks. I cannot comment on allegations made about me at this time.