ナイアンティック調査におけるタイコの取扱い

Android_Dream_Abi-1.jpegエドガー・アラン・ライト(Edgar Allan Wright)
2017/06/13 22:46:10
タイコがコミックコンへ姿を現し、バックロジャースの公開討論会でフリント・ディルに逢ったのは、およそ5年前のことだ。だが、タイコの経歴には今なお分からないことがある。我々の誰もが記憶するように、タイコはノーベンバーリマとどこかしら似た小型トラックに乗せられてサンディエゴ・コンベンションセンターから連れ去られていった。私の知る限り、その後はその姿が確認されていない。

タイコの作品はグラフィックノベルの体で公表されているが、私には他に考えがある。タイコがアーキタイプ・カードの作者であるかはわからない。タイコが国家情報局の手から逃れたという話を聞いたことがある気もするが、そうではなかったのかもしれない。

無論、タイコの正体も謎に包まれたままだ。我々がコミックコンで目撃したタイコとは本人だったのだろうか。彼はタイコのひとりだったのだろうか。あるいは偽者だったのだろうか。

世に姿を現し5年を迎えるにあたって我々はタイコをどのように扱うべきだろうか。そして、ナイアンティック調査の発端に何かしら議論の余地はあるだろうか。

Edgar Allan Wright
2017/06/13 22:46:10
It has occurred to me that it was nearly 5 years ago that Tycho appeared at Comic-Con and accosted +flint dille on the Buck Rogers panel. But there are some parts of his story that remain mysterious to me. As we all remember, he was led away from the San Diego Convention center in vans that looked somewhat similar to 1331 and to the best of my knowledge, has never been seen again.

But his work has emerged in the form of the graphic novel and, I believe other things. I do not know if he was the artist of the archetype cards. I vaguely remember hearing that he had escaped from the NIA, but that might not be true.

And, of course, there is the mystery of Tycho's true identity. Was the man we saw at Comic-Con the real Tycho? Was he 'a' Tycho? Was he an impostor?

What are we to make of Tycho as we near the fifth anniversary of his appearance and was some could argue was the public beginning of the Niantic Investigation?