ナヴァッロ実験に関する所見

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/06/12 14:29:53
私のもとに国家情報局の漏洩文書が届いたよ。この文書は諜報機関がカリフォルニア州ナヴァッロで行われたサーティンマグナス・リアウェイクンで明らかとなったデータをどのように扱っているかを示すものだ。

宛先:ショー・ヘンソン
送信元:ジェイ・フィリップス
件名:リモート・パーティシペーションの所見

ショー氏、アナリストたちは依然としてナイアンティックによって行われたリモート・パーティシペーション実験の意味するところを理解しようと努めています。その事象は実際のことであり、現実へ統合されたと見るのが一致した意見です。無論、その最たる物的証拠はキャンプ・ナヴァッロの彫刻されたレッドウッド深くから摘出されたという銃弾です。

念のため申し上げますと、二人のマオリ族がレッドウッドの切株からフクロウを彫刻した際にマスケット銃の弾が8発回収されていたのです。樹木年齢を解析したところ、その銃弾は1600年前に撃ち込まれたものであると確認されており、リモート・パーティシペーション実験中に生じたアナズクテックとスペイン人との戦闘と時代が一致しています。オブシディアンの鏃も回収されたとの噂がありますが、その入手には至っておりません。

フランシス・ドレイク卿による航海が1579年にあることを除けば、その地域で欧州諸国の活動は記録にありませんし、フランシス・ドレイク卿が内陸部へ踏み入ったとの記録もないことは特筆に値することです。リモートビューイングやリモートパーティシペーションの報告にある戦闘やマスケット銃の弾のことを総合的に判断すると、当時その場所で戦闘があったということになります。とんでもないことです。

プライムオブジェクトも同様のことを示唆しています。ナイアンティック研究施設とやりとりのあったエージェントたちの特定を進めているところですが、いずれの情報もエイダの再起動へ実際に関与したことやアバドン・チェンバーへ立ち入ることができた事実を示すものです。更なる調査に向け我々のチームはアバドンマグナス・チェンバーへのアクセス回復を目指しています。現時点では様々な可能性を調べ上げているところです。

要するに、今回の事件はリモート・パーティシペーションに関する我々の仮説を裏付けるものとなりました。この現象に関する過去の調査は、適切なエックスエム環境が欠落していたがために確固たる成果を生み出すことができなかった可能性が濃厚です。多数のテクトゥルフ・モジュールとエージェントによって形成された強力なエネルギーとによってナヴァッロは過去に観測された例のないエックスエム環境となっていたことが現地諜報員によって確認されています。

このような性質の実験を行うには事前に慎重な検討をしなければなりません。ただちにエースと対話の機会を持つことを提言いたします。

最初の接触に際しては是非私にご連絡ください。

ジェイ

P.A. シャポー

Confirmation.png

THE NAVARRO EXPERIMENT
June 11, 2017 · by PAC · in 13MAGNUS: Reawakens

A leaked NIA doc came my way... it sheds light on how the IC is reacting to the data which emerged from 13MAGNUS: Reawakens in Navarro, CA.

TRANSCRIPT:

TO: Shaw Henson
FROM: Jay Phillips
RE: Remote Participation Findings

Shaw,

Our analysts are still deep in and trying to understand the implications of the Remote Participation experiment by Niantic. It is their belief that the events were real and have merged back into our reality thread. The best physical evidence of this, of course, was the extraction of musket balls buried inches deep in a redwood tree carved at Camp Navarro.

In case you were not aware, 8 musket balls were retrieved while two Maori wood carvers were sculpting an owl from a redwood stump. Dendrochronological analysis confirmed that the musket balls were shot into the tree before the year 1600, thus making them contemporaneous with the Anaztek/Spanish battle viewed during the Remote Participation experiment. There are rumors of Obsidian arrowheads also having been recovered, but we have not been able to obtain those for analysis.

This is all of particular note because there is no other recorded evidence of European activity in the area other than Sir Francis Drake's 1579 voyage and there is no record of him having gone inland. A remotely viewed/participated account of the battle and the musket balls collectively indicate that the battle likely did happen at that place and at that time. The results of this are staggering.
rnigeainhfwuufavies
gvtntoyesnxoeeeos

The retrieval of the Prime Object corroborates the same thing. We have been attempting to confirm the identities of the Agents who interacted with the Niantic Facility, but all evidence points to the fact that they actually did aid in rebooting ADA and were able to enter the ABADN Chamber. Our teams are trying to regain access to the ABADN MAGNUS chamber for further study. For now, we are sorting through a number of possibilities.

The bottom line is that these events confirm our theories about Remote Participation. It seems likely that past attempts to probe this phenomenon failed to create definitive results due to the absence of the correct XM environment. Our operatives on the ground confirmed that, between the multiple Tecthulhu modules and the powerful energy being created by the Agents themselves, Navarro was unlike any other XM environment they had ever experienced.

We must think very carefully before allowing any other experiments of this nature to take place. I recommend that we talk to Ace immediately.

Please contact me at first opportunity.
5d2z5ehhenirr6d6

Jay

-PAC

H. Richard Loeb
2017/06/12 14:29:53
A leaked NIA doc came my way... it sheds light on how the IC is reacting to the data which emerged from 13MAGNUS: Reawakens in Navarro, CA.

 

前へ

ナヴァッロで得られたものを組み合わせたか

次へ

オペレーション・クリアフィールド:第三週の日程