サーティンマグナス・リアウェイクンの回想

フリント・ディル(flint dille)
2017/5/22 23:16:35
忘れてしまう前に出来るだけ早くサーティンマグナス・リアウェイクンに関して書き留めているところだ。他の諸君も書き留めていくことをお勧めしておくよ。我々の話に筋道が通っていけば素晴らしいことだ。

我々が到着したのは金曜の夜、午後7時頃だったか。「パトロン」のポータルは既に光り輝いていたし、バーテンダーやエンライテンドとレジスタンスのカクテルを用意していたが、彼が構わぬならその配合を明かしてもらおう。スチームパンクのテクトゥルフでは炎が焚かれていたし、サーティンマグナス・リアウェイクンが重大事件となることは明らかだった。ビル・キルデイがゼーンと私を連れ立ってアーキタイプ・キャンプ周辺を散策したが、その際には人の姿もなかった。がらんとした建造物の土台が最も関心を寄せるものだったよ。帝国の逆襲におけるエンドアのシーンがこの近くで撮影されたということも教えてもらった。確かに理にかなっている。キャンプ・ナヴァッロはエンドアに見紛うね。

金曜の早朝、私はキャンプ・ナヴァッロのオーナーであるダン氏とお逢いしたよ。素晴らしい人物だった。アノマラスゾーンの形成を己が身で体験していっているようだった。彼に連れられてナヴァッロ川の河口に位置するフレッチャーキャビンへと向かった。フレッチャーがこの地に辿り着いたのは1851年のことであり、ナイアンティック号がサンフランシスコへ辿り着いて2年後のことだった。どうやらフレッチャーは南太平洋からナヴァッロまで航海してきたようだね。ニュージーランドからだったのだろうか。おおよそのことはわかっているが、フレッチャーが何故この地に落ち着いたのかは定かでない。フェイスブックへ動画をアップロードしたよ。流木で組み上げられた実に興味深い構造物だった。ダン氏の言ったとおり、そこにはレッドウッド、海岸線、山々という「カリフォルニア最高のもの」があったのだ。

この野営地には数々の謎があると気づいたのは後になってのことだった。それは我々の想像していたよりずっと年代を遡るものだと指し示していたよ。メンドシーノ郡のレッドウッド奥地に位置するキャンプ・ナヴァッロは、到着したそのときから私にはアノマラスゾーンに思えていたよ。

涼しく心地よい朝だった。HAZDATAの記章を身に着けた数多くの人々によって通信設備が守られていて、驚いたものさ。最近になってブラント社へ移譲されたとはわかっているが、そもそもブラント社がどういった民間企業なのかほとんどわかってはいない。わかっていることといえば、アフリカ南部地域の何処かに所在していることとエキゾチックメタルを専門に扱っているということくらいだろうか。エキゾチックメタルとは私がイングレス:アラインメントと関わりがあると見ているものだね。

その機材を撮影しても彼らが特に気にする素振りもなかったが、その任務の機密性や用いる技術の実験的性質には少々驚かされはした。テクトゥルフ・モジュールとはどのようなものであったのか、現時点で確信は得られていないが、技術的な観点から説明する者が現れることだろう。彼らは名をマイクとクリスといったが、二人は姓を隠しているのかどうかわからぬので、言及はすまい。

早々に我々は啓示得始めることとなった。アンカーチェーンや船舶の形をしたレッドウッドの雑木林を目にしたことは興味深い。そして、我々はレッドウッドのフェニックス彫刻を目にすることとなった。ニュージーランドから訪れた二人の興味深くも神秘的なマオリ・アーティストらによって彫られたものだった。彼らはイベントのことを何も知らなかったし、少なくともそう言っていたが、私はアノマラスゾーンに彼らが現れたことを偶然と片付けるつもりはないね。二人がアノマリーの起きる週には「フクロウ」を彫刻すると言ったときには驚いたものさ。

どうやら高さ7フィート直径7フィートの巨大な幹が切り落とされたのだが、ニュージーランド人らはそこに隠れていたフクロウの姿を「見た」のだ。彼らはその幹を彫ったところ、およそ8インチほどの深さのところで鋸が金属にあたった。そこを掘ってみると、頭ほどの高さのところにマスケット銃の弾が8発みつかったというのだ。それはその樹が8インチの太さを生長していたことを意味する。私にはそれが何年に相当することなのかはわからないが、300から400年程だと言う者もいた。それはキャンプ・ナヴァッロの発見が16世紀のいつかまで遡るという非常に興味深いことであり、フレッチャーがこの地を訪れた1851年よりも遥か以前のことだったのだ。

その意義はアンドリュー・クルッグやジョン・ハンケ、あるいは到着したシャポーも認識するものであった。しかしながら、JZPによって発見されることとなった何週間も前に遠く離れた場所でリモート・パーティシペーション・エクスペディションのために作成された地図は1589年に起きたコキスタンドールとアナズテカとの戦いにおける船の配置と完全に一致したものだった。この奇異な類似性に関しては他の人々の分析に任せよう。

正午になると参加受付が開始され、キャンプ・ナヴァッロの主要区画の南手に位置する野営地ではテクトゥルフの建造が始まった。午後はイベントの準備で過ぎ去っていったよ。遠くからは鋸の刃音やハンマーの響き、そして音楽が聞こえていた。落ち着いた頃にまた執筆するとしよう。

flint dille
2017/05/22 23:16:35
I am going to write up my notes on 13MAGNUS:REAWAKENS as quickly as I can without editing, before I forget things. I suggest that others do the same. It will be most interesting to see where our stories align and diverge.

We arrived around 7PM on Friday night. The 'Patron' portal was already glowing and mixologist was already concocting Enlightened and Resistance cocktails -- the contents of which I will let him disclose if he so chooses. A fire burned in a steampunk Tecthulhu and it was evident already that 13MAGNUS: Reawakening was going to be a momentous event. Bill Kilday took Zane and I on a walk around the Archetype Camps which, at the time were empty. We found a vacant building foundation most interesting. We also learned that the Endor sequences in Empire Strikes Back were shot nearby. It makes sense. Camp Navarro looked like Endor.

Early on Friday morning, I met Dan who owns Camp Navarro. Great guy. He appears to be doing his own exercise in worldbuilding at the anomalous site. He drove us out to Fletcher's Cabin at the mouth of the Navarro River. It seems that Fletcher arrived in 1851, two years after the Niantic arrived in San Francisco. Apparently, he sailed from the South Seas (New Zealand?) to Navarro. It is not clear to me why he settled there, though it is probably known. I have uploaded the video on my Facebook page. Very interesting structures there built of driftwood. As Dan pointed out, the drive there was a 'greatest hits of California' -- redwoods, coastline and mountains.

It would be later that day that we discovered that the camp held a number of secrets of it's own and there is reason to believe that it is much older than we thought it was. Camp Navarro, located deep in the redwoods of Mendocino County seemed like an anomalous zone from the first moment I arrived there.

The morning was cool and crisp. I was surprised to find a number of people with Hazdata badges securing the communications system. I know the company was taken over by the Brandt corporation recently, but I know little of the root corporation (only what is already known and that is that it is located somewhere in Southern Africa and they specialize in Exotic Metals -- the connection to Ingress: Alignment is not lost on me).

They did not seem to be bothered when I took photographs of their equipment, and this surprised me a little bit given the extremely sensitive nature of their mission and experimental nature of their technology. I don't fully understand, to this moment exactly what a Tecthulhu module is, but I am assuming that somebody more technical will explain it. Their names were Mike and Chris. I do not know if their last names are masked or not, so I will not mention them.

Early on we began having revelations. The discovery of an Anchor Chain and a copse of Redwoods in the shape of a ship was interesting. After that, we discovered a redwood Phoenix sculpture that had been carved by two engaging and mysterious Maori artist from New Zealand. They knew nothing -- or at least claimed to know nothing -- of the events, though I do not think that their presence in an anomalous zone was accidental. The mind-blowing moment came when they described carving an 'owl sculpture' in the week leading to the anomaly.

Apparently, there was a massive tree trunk that stood about 7 feet high and 7 feeT in diameter that was to be removed, but the New Zealanders 'saw' an owl hidden in there. As they were carving it out, their saws struck metal about 8 inches in. When they dug in, they found 8 musket balls at about head height. That means that the tree had grown around them for eight inches. I don't know how many years that represents, but some say it was three or four hundred. This is particularly interesting because that sets back the timeline of the discovery of camp novarro to somewhere in the 16th Century -- long before 1851 when Fletcher arrived.

The significance of this was not lost on Andrew Krug, John Hanke or P.A. Chapeau when he arrived. However, it was JZP who discovered that the map created offsite weeks earlier for the RPE perfectly matched the location of the ship in the 1589 Conquistador/Anazeteka battle.
This uncanny similarity is for others to analyze.

At noon, registration began and the Tecthulhu building began at the camps to the south of the main area of Camp Navarro. The rest of the afternoon drifted away with preparations for the events. We could hear sawing, hammering and music in the distance.
Will write more when I can.