マグナス:脅威と機会(2)

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/05/11 08:28
私の入手していたサーティンマグナス・リアウェイクンの脅威と機会に関する評価書の二枚目を開示しよう。一枚目は既に数日前開示しているよ。

堅い結束力を示すエージェント集団はそのイベントでテクトゥルフ・モジュールを有効化させようとしています。これらのテクトゥルフ・モジュールは未発達状態にあるテクトゥルフであるとの判断にもとづくものであり、ナイアンティックはその「アートプロジェクト」を積極的に後押ししています。テクトゥルフ・モジュールのいずれかが実際に「活性化」するのかは判りません。アノマラスゾーンにおけるアノマリーにおける単一のテクトゥルフですら、その及ぼす影響は壊滅的もしくは啓示的なものなのです。

これはロールプレイング・ゲームに偽装した「リモート・パーティシペーション・イベント」に違いないと我々は考えています。「リモート・パーティシペーション」とは、スタイン・ライトマンの構築したゲームや双方向的なシステムによる模擬参加が森羅万象に実際の変化を及ぼし得るとの理論に由来した用語です。無論、スタイン・ライトマンの研究は既に確立されている「リモート・ビューイング」の成果にもとづいたものです。ライトマンの理論では、エックスエム・アノマラスゾーンではリモート・パーティシペーションの効果を増大させることができるとされており、それがナヴァッロ地方というわけです。ナイアンティックはリモート・パーティシペーションの影響を隠蔽しつつ、このイベントで「ゲーム」として推進しているのです。

ナイアンティックはエクソジェナス干渉の兆候を示し得る変異型スキャナーに向けたテスト要員の対象者リスト作成に利用している可能性もあります。

加えて言えば、リチャード・ローブ、ハンクことヘンリー・ホランド・ジョンソンといった著名なナイアンティック調査員にして元研究者やコダマスマイルズなる陰謀を追うエージェントも参加する予定ですが、彼らの目的は明らかとなっていません。

その野営地では小規模なアノマリーが発声し得ます。テクトゥルフの稼働はそういった事象を誘引し得るものですが、現時点で詳細は明らかとなっていません。

我々も秘密裏に諜報員を配置する予定ですし、ナイアンティックからも従業員が現地入りしますが、ナイアンティックのひた隠しにする策略に関連してのことかはわかっていません。参加者の中にはナイアンティックの公表を鵜呑みにした人々もいるかもしれません。

この件については引き続き調査していきます。ご依頼のあったとおり、新たなメンバーへ向けたソースブックをアナリストらが進めており、こちらも鋭意制作中です。

#InvestigateIngress

magnus-tno-2.jpg

MAGNUS: THREATS AND OPPORTUNITIES - 2
May 10, 2017 · by PAC · in Intelligence and Other Media

Here is the second page of the 13MAGNUS Reawakens event Threats and Opportunities document I was able to get my hands on. I first posted Page 1 of this document a few days ago...

Transcript:

Over a dozen tightly knit Agent Groups are attempting to activate Tecthulhu modules at the event. The overwhelming belief is that these modules represent significantly stunted Tecthulhus -- and Niantic is actively encouraging these so-called 'art projects.' We are unable to estimate whether any of these Tecthulhus could 'fully activate.' Even a single Tecthulhu at an Anomalous Event, in a known Anomalous Zone, could be either catastrophic or epiphanic depending on its impact.

We believe there might be a 'Remote Participation Event' disguised as a Role Playing Game. The terminology of 'Remote Participation' comes from a theory developed by Stein Lightman that those participating in a simulated awareness exercise (such as a game or interactive narrative system) could potentially alter the universe state in tangible ways. His research, of course, builds upon well established 'Remote Viewing' experiments. Lightman's theory suggests that a Remote Participation's effects could be magnified with Anomalous XM zones -- which the Navarro area is. Niantic continues to push the 'game' angle of this event while masking potential Remote Participation impacts.
prqypzxlrqvlxvpxyfqxlrqyfqu
yprxypxuyfxyprbcfbylbclqcpzcw

We believe that Niantic could be using this event to develop a target list of potential testers for a variant Scanner that, reports indicate, may show signs of Exogenous interference.

In addition, a number of prominent Niantic Investigators and former Researchers will be present, including H. Richard Loeb, Henry (Hank) Holland Johnson and the Conspiracy Investigator and Agent known as KodamaSmiles. Their agendas are unknown.

We suspect that a small XM Anomaly could occur at the campground. Certainly, Tecthulhu activity could cause such an event. No further details are known at this time.

We will have operatives present, under cover. Some Niantic employees will also be present at the event -- it is unknown how many are there with specific objectives related to Niantic's hidden agenda. It is possible that some may be unwitting participants who believe Niantic's messaging surrounding this event.
4tyncet3lonh8ygooa77

We will keep going with this. And as to your request, our analysts have been developing a Sourcebook to help onboard new team-members. That remains an active work in progress as well.

-PAC

#InvestigateIngress

H. Richard Loeb
2017/05/11 08:28
Here is the second page of the 13MAGNUS Reawakens event Threats and Opportunities document I was able to get my hands on. I first posted Page 1 of this document a few days ago...